#022 やっっっと2人きりになれたんだから

まさかと思いながら
インターホンに出た

〇〇:はい
男の人:ワインお届けに来ました。

と、インターホンのカメラに向かって
ワインを見せてきた。
帽子から少し見える笑った口元が
明らかにスカイだった。

急いでオートロックを開けて、玄関に行き、
扉を開け、エレベーターが着くのを待った。

エレベーターが開き、こちらにステップを踏みながら男の人は向かってくる

〇〇:(笑)どーしたの!?
スカイ:お待たせ♪
〇〇:え!?だから、どーしたの!?
スカイ:〇〇の家はここ?
〇〇:そうだけど…。
スカイ:入れてよ♪
〇〇:もちろん、いいけど。なんでいるの?
帰国しなかったっけ?

玄関に招き入れた瞬間、
抱き寄せられ、
熱く長いキスをされた。

そのまま洋服に手をかけてきたので、
その手を掴んで止めた。

〇〇:ん゛〜、、、ちょっと!話し聞いてる?
どーしてなの?
スカイ:後で話してあげるから、
今はやっっっと2人きりになれたんだから、
楽しもう?

そう言い、壁に押し寄せられ、
またキスをした。

下の方の身体を押し付けられたので、
また止めようと思ったが、手首を押さえつけられ、
力では全然敵わなかった。

片手で両手を押さえつけられ、
いきなり片脚を持ち上げられた。

〇〇:ちょっと、、、いやっ!

スカートがめくれ上がって
そのまま、下の熱い場所を軽くイジられ

すぐにスカイのものが入れられた。

〇〇:ァッ…やめて…ん…

スカイ:つかまって

腕をスカイの首に抱きつけられた。

その瞬間、激しく動かれ
2人ともイッた。

スカイ:いきなり、ごめんね?

そういいながら、私の乱れた髪を
耳にかけながら顔を除いて、
キスをしてきた。

〇〇:……
スカイ:部屋案内してくれる?
話はそれからするね。許して?
〇〇:もう、こうゆうことしないでね…。
スカイ:嫌だけど?明日の夜の便で帰らなくちゃいけないから、それまで一緒だよ(^^)
〇〇:…。とりあえず、部屋案内するね。

一通り部屋を案内して、リビングに移動した。

〇〇:それで?どうしたの?

飲み物を差し出しながら
再度質問した。

スカイ:前々から計画してたんだよね。
だからスケジュールもマネージャーに相談して、
あけてもらった。ヒョン達には内緒にしてたんだ〜。絶対同じ事されて、こんな風に2人きりになれないでしょ。
結構大変だったんだよ?

笑顔でスカイは言った。

〇〇:そうだったんだね。私には言ってくれたら良かったのに。そしたら、色々準備したのに。

スカイ:ヒョン達にバレそうだからね(笑)
何処まで仲良いか実際こっちくるまで、分からなかったし?
予想以上に仲良くしててムカつくけど。

〇〇:ははは〜(;・∀・)
空港までメンバー送ったの?
スカイ:そうだよ。ヒョン達は一緒に飛行機乗らない事に凄くビックリしてた(笑)
〇〇:だろうね(笑)私もビックリしたよ。
スカイ:サプラーイズ(^^)
これからどうする?
〇〇:どうしたい?行きたい場所とかある?
スカイ:特にないけど、〇〇は予定なかった?
〇〇:うん、なかったよ。
スカイ:じゃあ、まったりしよ〜。日本のドラマとか映画教えてよ。
〇〇:いいよ〜!じゃあ、まずドラマ観ようか!

ソファに座り、静かに鑑賞していた。
途中、スカイは手を繋いできて、話しはじめた。

スカイ:やっと2人きりになれて嬉しい。
〇〇:…。回答に困るよ。
スカイ:あのさ、いい加減、ヒョン達と連絡とったりするのやめてよ。
〇〇:なんで?
スカイ:嫌だから。
〇〇:それは出来ないよ。ごめんね。
スカイ:僕は何番目?
〇〇:え?何?
スカイ:何番目に好きなの?
〇〇:順番とかないよ?
スカイ:じゃあ、1番にしてよ
〇〇:だから、順番とかじゃないでしょ。
スカイ:好きになってよ。元彼なんて、スグに忘れさせてあげるよ。

スカイの顔が近づいてきて、
そのままキスをされる。

〇〇:そうゆう事してると、好きになるの?
スカイ:好きになって?
〇〇:…嫌いにならないの?私のこと。
スカイ:え?なんで?
〇〇:だって…。
スカイ:みんなとやってるから?
〇〇:みんなとじゃないけど…。
スカイ:嫌いになれたら、楽だよね。
〇〇:辛い?
スカイ:辛いよ?苦笑
ヒョン達も好きだし、〇〇も譲れないし。
〇〇:ごめんね。
スカイ:謝らないで。断られてるみたいだから。

そう言い、再びキスをした。

スカイ:このまま、いい?
〇〇:駄目だよ。ちゃんと考えてからにしよ?
スカイ:無理だよ。
ヒョン達の消毒しなくちゃ。
目を離すと、すぐ誰かに抱かれてさ。
警告したのに、すぐ流される。

さっきよりも激しくキスをされ、
ソファーに押し倒された。

スカイ:お仕置きしなくちゃね

スカイはすぐ上半身を脱いで、
私に襲いかかってきた

抵抗しようとするが、
軽くあしらわれてしまう。

あっという間に服が乱れた。

全身を消毒するように、
ねっとりと舐め回される。

〇〇:ぃやぁ…///

全身が敏感になった頃、
スカイのものが入ってきた。

スカイ:好きだよ。
だけど、お仕置きしなくちゃ

スカイは激しく動いてきたかと
思ったら、首に手をかけてきた。

スカイ:僕だけのものにしたいのに

そう言い、手を強く締めてきた

〇〇:ぅう゛…

そのままもっと激しく動いてきた。

〇〇:ぁ…やめてぇ…
スカイ:だぁめ、やめないよ…。

そして、もっと深く奥に突かれ、
また2人でイッた…。

〇〇:ケホケホ(咳込み)
スカイ:ごめんね?
〇〇:…

スカイは心配しながら、
背中を擦った。

衝撃に動揺を隠せない私をよそに、
スカイは私の服をきちんと着せた。

スカイ:びっくりさせちゃった?
〇〇:…
スカイ:もう、ヒョン達と仲良くしないでね?
〇〇:…嫌だ。スカイなんて嫌いだよ…
スカイ:そんな事言わないで?
大好きだよ。もう、あんな事はしないよ。
優しくするよ。

そして、そのままドラマの続きを見始めた。

プルルル
電話が鳴り、画面を見るとアルマからだった

スカイも携帯を覗いてきて、
そのまま私の携帯の電源を切った。

〇〇:ちょっと!怒
スカイ:せめて、2日間はヒョン達と仲良くしないでよ

スカイを見ると、少し涙ぐんでいた

〇〇:え?泣くの…?
(こっちだって泣きたいよ)
スカイ:冷たくなっちゃったね…。
どうすれば、良かったの?
ごめんね。感情が抑えられなくて。。。

そう言って俯くスカイは、スカイじゃないみたいだった。

私は深くため息をして、スカイを覗き込んで言った。

〇〇:私の方こそ、ごめんね。
こんなにしたのは、私がハッキリしないからだよね。ちゃんと考えてるから。
スカイも好きなんだよ?だけど、みんなも同じくらい好きなの。最低でしょ?
だからね、嫌いになってもいいんだよ?
スカイ:だから、嫌いになれたら、こんな風にならないよ…
〇〇:そうだよね。。。
スカイ:怒ってない?怖くない?
〇〇:怒ってるし、怖いよ?
スカイ:…
〇〇:でも、せっかく2日間時間作ってくれたんだから、楽しもう?
スカイ:一緒にいてくれる?
〇〇:うん。

スカイは安心したように、
私を抱きしめた。

さっきよりも、大分力が抜けた抱きしめ方だった。

それから、再びドラマの続きを観た。

〇〇:そろそろ夕飯の時間だね。
何食べたい?
スカイ:〇〇が作ってくれるの食べたい
〇〇:分かった。作るね。何でもいい?
スカイ:うん!

夕飯を作り、一緒に食べた。
スカイは嬉しそうに食べてくれた。

〇〇:お風呂先にどうぞ。
スカイ:一緒に入ろ?
〇〇:嫌だけど。
スカイ:(笑)良かった。いつもの〇〇だ。

そう言って、スカイはお風呂へ行き、
交代で私も入った。

〇〇:スカイはベッド使いな?
シーツちゃんと変えたから綺麗だよ。
これお気に入りのシーツなんだ!気持ちいいよ!
スカイ:一緒に寝よう?
〇〇:私はソファーで寝るよ。
スカイ:一緒に寝ようよ?

そう言い、ベッドへ寝転んで
私の腕を引っ張った。

〇〇:…じゃあ、一緒に寝るけど、
みんなに連絡させて?多分心配してるよ。
スカイの事も。
スカイ:……分かった。
一緒に電話しよう。

携帯の電源を入れると、凄い量の着信とラインがきていた。

〇〇:まずは、さっき途中で切っちゃったアルマから折り返さないと!
スカイ:ヒョンどんな反応するかな(笑)
〇〇:もう、分かってるでしょ。

そして、電話をかけた。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク