#012 ラビとの夜

〇〇:ラビお待たせ!
ラビ:今日は戻ってきたね
〇〇:?
ラビ:行こう。
手を繋げられ、部屋に向かった

ガチャ
昨日ぶりのラビの部屋へついた
部屋のテーブルに向かい合わせになって座る

ラビ:昨日は、ごめんなさい
〇〇:突然何?びっくり。
ラビ:謝ってなかったから。ジョイにキスマークつけられてるのみて、感情がコントロールできなくなった
〇〇:ううん。謝ってくれて良かった。
ラビ:昨日電話に出てくれなくて、凄く辛かった

そう言って、こちらに来て
私のモモに頭を、埋めてきた

ライブ前にみた消えちゃいそうなラビで、
思わず頭を撫でてしまう

〇〇:ごめんね。でも、電話多くない?
ラビ:出てほしかったから
〇〇:ごめん。出れなくて。
ラビ:もう、そうゆう事しないで
〇〇:分かったよ。
ラビ:信じていい?
〇〇:いいよ
ラビ:〇〇好きだよ
〇〇:ありがとう。
でもね、今は恋愛したくない。
ラビ:なんで?
〇〇:怖いから
ラビ:ずるいね
そう言ってラビはこちらを見た

ラビ:アルマヒョンにもそう言って
たぶらかしたの?
〇〇:え?

ラビは昨日の怖いラビになっていた

ラビ:いけない子だね、〇〇は
ラビに持ち上げられる

〇〇:え!?ちょっと!
そのままベッドへ投げ出されて、
馬乗りになってきた

〇〇:さっき謝ったばっかじゃん!
ラビ:〇〇がいけないんだよ。俺だけでいいんだよ

そう言ってキスをしてきた
舌を強引に入れてきて、口の中じゅう
舐めは回される

〇〇:ぅうっ苦しい。ハァ〜…/////
ラビ:エッロッッ

首筋を舐められ
ジョイがつけたキスマークにきた途端
ガリッッ

〇〇:っっっいたぁ!
思いっきり噛まれた

そのまま服を強引に脱がされ
胸を強引に揉む

〇〇:待って!まって!!!
必死に抵抗するが、完全に無視される

胸を責められ、声が漏れてしまう。
〇〇:ハァッ!…
片方で胸を吸われ、またガリッと噛まれた
〇〇:い゛っったぁ…

それを何度も繰り返された
痛さと快感で何も考えられなくなった頃

ラビが下へ向かう
必死に足を閉じるが
強引に開かれ
太腿を噛んできた
〇〇:いたっっ

すぐに下のところをイジられ
悶えてしまう
〇〇:あっ…
ラビ:ねぇ、可愛い顔を見せて
そう言って手を早める
〇〇:いやっ…ァッ…いくっ

ラビ:ねぇ、舐めて?
そう言ってラビは自分のを口に近づけてきた。
咥えて舐める
ラビ:凄い…。キモチイイ。
ラビ:入れたい
アソコにラビのものが入った瞬間
激しく動いてきた

〇〇:ッッッハァッ!激しッッッ
そのままのスピードで色んな体位になり
2人でイッた。

イッたダルさと、痛さで暫く動けない。

しかし、大きいものがまた入ってきて、
動かされる。

〇〇:ハァ…ハァ…もう、無理
ラビ:無理、とまらない…

何回もそれが、繰り返された
思考が、うまく働かなくなり
そのまま気絶した

ピシャ

何かが顔にかけられた
と同時に目が覚める

体中が痛い。
ボーっとする。

ラビ:〇〇?大丈夫?
優しいラビがそこにいた

抱っこされお風呂へ向かい
体中を洗われた

噛まれた所が染みて痛い。
思わず泣いてしまう。

ラビ:ごめんね?痛いね
〇〇:うん…

力が出なくてそのまま、ラビに任せた

暫く横になっていると、
痛みも引き、体も楽になってきた。

ラビ:今日みんなで遊びにいくんでしょ?ヒナちゃんと計画してくれたやつ。そろそろ時間だよ
〇〇:うん…。準備する。
ラビ:怒ってる?
〇〇:なんで?怒ってないよ
ラビ:良かった。〇〇大好きだよ
〇〇:うん…。考えるね。ちゃんと。
ラビは準備してる私を後ろから
強く抱きしめた

準備が終わり
待ち合わせのバンに乗り込んだ
ラビはずっと手を繋いで離さないでいた

〇〇:(本当のラビが分からない…)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする