スポンサーリンク

#018 ジョイからのプレゼント

スポンサーリンク
スポンサーリンク

#018 ジョイからのプレゼント

 

 

バンに乗り込むと
ジョイが既にいた。
 
 
 
ジョイ:おかえり〜。〇〇、少しいい?
渡したいものあるから。
 
〇〇:なに?

そう言い、ジョイの隣に座った。
 
 

ラビとスカイは
椅子に倒れ込むようにして、
寝る準備に入った。
 
 

ジョイは小さい箱を2つ
私に出し差し出した。
 
 
 

ジョイ:はい、これ。

〇〇:ありがとう。開けていい?

ジョイ:うん。こっちはお互い、
1つずつつけない?

〇〇:うん。なんだろう?
こっちから開けるね。
 
 

開けると、
ガラスで出来た
赤と黒のバラのピアスが入っていた。
 
 
それは丁度、夕日に照らされ、
車の窓にも赤色と黒色がキラキラと
映っていて、幻想的だった。
 
 
 
〇〇:綺麗!

ジョイ:よかった〜!気に入ってくれたかな?

〇〇:うん!これ、赤いバラと
黒いバラが片方ずつなんだね!

ジョイ:そうだよ。〇〇はどっちがいい?

〇〇:う〜ん、赤かな!

ジョイ:じゃあ、僕は黒つけるね。
今つけようかな。〇〇僕につけてよ。

〇〇:うん、耳こっちむけて〜
 
 
ジョイにピアスを付け終わると、
こっちにいきなり振り向き、
頬に急にチュッとされた。
 
 
 

〇〇:ちょっと!

ジョイ:ごめん。またやっちゃった。

〇〇:やめてよ。。。
 
 

そう言い、ジョイに目をやると、
付けたピアスが光に当たっていた。
 
 

〇〇:このピアス光に当たると
少し赤に見えるね。
赤黒いんだ!綺麗〜。
 
 
思わず、ジョイとの距離を
つめてしまった。
 
 

ジョイ:嫌そうにみえないんだけど?(笑)
それとも何も感じないの?(笑)

〇〇:あ、違うけど。もうやめてよ〜。
折角、ジョイ良い人だと思ってたのに。。。

ジョイ:だって、、、良い人になりたいけど、
それじゃあ、〇〇の印象に残れないでしょ?
メンバーが恋敵なんだもん。。。

〇〇:…良い人でいてよ。

ジョイ:そうしたいよ?
〇〇が好きになってくれるなら。

〇〇:…なんで、私なの?

ジョイ:初めて見て、いいなって思ってて、
色々行動とか可愛いなって。
今はもっと知りたい。

〇〇:知ったら嫌になるかもよ(笑)
あ、こっちも開けていい?

ジョイ:…話しそらすんだね(笑)?
みんなにもそうしてるの?
開けていいよ。

〇〇:そうだよ?みんな可笑しいんだよ。。。
…開けるね。
 
 

箱を開けると、ガラスの靴のピアスが
入っていた。
 
 
 

〇〇:こっちも可愛い。

ジョイ:ピアスばかりになっちゃったけど、
気に入ってくれたみたいでよかった。

〇〇:うん、ありがとう!

ジョイ:つける?

〇〇:うん、つけてみようかな。

ジョイ:つけてあげる。

 
つけてもらってる最中、耳の後ろに
軽い痛みがはしった。
 
 

〇〇:ねぇ!💢
またキスマークつけたでしょ!

ジョイ:ごめん。。。
静かにしないと、ラビとスカイ起きちゃうよ?
 
 

そう言いながら、
おでこを合わせ、
シーっとやってきた。
 
 

〇〇:ちょっと/////近いよ。。。
 
 
 

離れようとしたけど、
手で頭を抑えられて身動きできない。
 
 
 
ジョイはこの体制のまま、
質問してきた。
 
 

ジョイ:ねぇ、〇〇のタイプ教えて?
どんな人が好きなの?
今気になるのはラビ?
アルマヒョン?スカイ?

〇〇:正直、わからない。
みんな魅力的な人だよ。
でも、元彼とどーしても比べちゃうし、
私、今は多分寂しいだけなんだ。

ジョイ:僕を利用してよ?好きなだけ。
 
 
 
 
ジョイと目が合ったまま、
その真剣な眼差しに、
時が止まったように動けなくなる。
 
 
 
 
 
スカイ:僕で充分だよ。

ラビ:俺だけでいいじゃん。
 
 
 
 

〇〇:!?いつから、起きてたの!?

スカイ:さっき。大きい声聞こえたから

ジョイ:もっと寝ててよかったのに。

スカイ:ヒョンは油断できないですね。
〇〇、こっちおいで。

ジョイ:駄目だよ。
スカイは沢山ディズニーで構ってもらったでしょ。
まだ、話し途中だよ?

スカイ:…ヒョンが譲らないのも、珍しいですね。
今だけ、貸してあげますよ。
もう少し寝たいんで。

〇〇:貸すって!?失礼な!

ジョイ:まぁまぁ(笑)
今だけはスカイ忘れてよ?
 
 

そう言って、顎をくいっとさせて
ジョイの方に顔を向けさせられる。
 
 
 

〇〇:もう、顔近いよ!/////

ジョイ:照れてくれるの嬉しいんだけど?(笑)

〇〇:も〜、からかわないでよ…
 
 

ラビ:俺の存在忘れないでよ。
 
 

後ろを振り返ると、
ラビが真顔でこちらを見ていた。
 
  
 

ジョイ:こんなに〇〇の身体を
傷だらけにする人は、
好きにならないほうがいいよ。
 
 

そう言って、ラビに噛まれた跡を
やさしく撫でた。
 
 
 
〇〇:…

ラビ:〇〇は嫌って言ってないけど?

ジョイ:少しは気持ち考えたら?

ラビ:考えてるけど。
お前こそ困らせる事してんなよ。

ジョイ:してないよ。

ラビ:現に〇〇困ってるじゃん

ジョイ:…ごめんね、〇〇。

〇〇:うん…。もうこの話し終わりにしよう?
怖いよ、2人。
 
 

なんだか、
凄い怖い雰囲気になってしまったので、
恐る恐る2人に言った。
 
 
 
 

ラビ:……少しまた寝るわ。
 
 

そう言って、私の頭を撫でて
後ろの席へ再び、寝に行った。
 
 
 
 
 

ジョイ:ごめんね。

〇〇:ううん…。
私がハッキリしないからだよね。
ごめん。。。

ジョイ:違うよ。
みんな帰国する日が近いから、
焦ってるんだよ。

〇〇:そっか。明後日だもんね。

ジョイ:うん。明日は撮影とか
インタビューでスケジュールいっぱいだからね。
〇〇と沢山いれるのが今日だから。

〇〇:ありがとう。

ジョイ:こっちこそ。

ジョイ:なんだか、しんみりしちゃったね(笑)
楽しまなくちゃ!(笑)

〇〇:うん(^^)
 
 
 

そして、ジョイと
日本と韓国のドラマの話や、
映画の話をして時間が過ぎた。
 
 
 
  
 
 
 
 
 

〜ホテルに到着〜
 
 
 
 

〇〇:ラビ、スカイ起きて?
着いたよ。

ラビ、スカイ:は〜い
 
 

バンから降りると、
ヒナ達のバンも、みんな寝ていたような
雰囲気だった。
 
 
 

アルマ:〇〇〜。ゲームいこう〜(アクビ)

〇〇:疲れてない?大丈夫?

アルマ:沢山寝たから大丈夫だよ〜。
 
 

そして、アルマの部屋へお邪魔した。
 
 
つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク