スポンサーリンク

#017 3人とお揃い

スポンサーリンク




スポンサーリンク

#017 3人とお揃い

 

お土産屋さんに向かう
道中、
 

左手にはスカイ、右手にはアルマ
と手を繋ぎ、
後ろから両肩にかけてもたれかかるように
抱きついてくるラビ。

と、逆ハーレムみたいな格好で
歩いた。
 
 

〇〇:あの〜…歩きにくいかな…

スカイ:ですって、ラビヒョン

ラビ:え?俺?

アルマ:明らかにお前じゃないか?

〇〇:…両手も塞がってると辛いかな(T_T)

スカイ:ですって、アルマヒョン

アルマ:おい!お前が離せよ!

〇〇:……もう、いいです(T_T)
 
 

そして、少し高級なアクセサリーが
売っているお店の前に来たところで、
 
 
ラビ:〇〇、ここ見てみよう

そう言い、後ろからハグのまま
体をお店の方向に向けさせられた。
 
 
〇〇:わわっ!いきなり、動かさないで!
 

バランスを崩しそうになりながら
入店すると、

可愛いブレスレットが目についた。
 
 

ラビ:これが良いの?

〇〇:あ、可愛いと思って目についたんだ

ラビ:これだったら、シンプルだし、
お揃いでつけてても違和感ないね。
これにしよ〜!

〇〇:え!?他のもみなくていいの?

ラビ:俺もこれ良いと思ったよ?

スカイ:うん、いいと思う。

アルマ:そうだね!すみません、
これ4つお願いします。

ラビ:は?

スカイ:みんなでお揃いにしましょう!

ラビ:嫌だ

アルマ:いいじゃないか!ね、〇〇!

〇〇:…
 
 
店員:こちら、ラッピング致しますか?

アルマ:つけていきます。

店員:かしこまりました。
お会計はあちらでお願いします。

〇〇:はい、分かりました。

ラビ:いいよ、俺に買わせてよ。
言っておくけど、
ヒョンとスカイのは払わないよ!

スカイ:え〜、ラビヒョンケチ〜

アルマ:ここはヒョンが全部払うよ!

ラビ:〇〇と自分のはこっちで払います。

アルマ:やー!ヒョンが払うって
言ってるじゃないかー!

〇〇:(笑)なんか可笑しいww

〇〇:ここはさ、お礼と言うか、
今日疲れてるのに
遊んでくれた感謝の気持ちも込めて、
私が払うよ!
 
 
そう言って、全然納得しない全員を
なだめながら、お会計をした。
 
 

早速ブレスレットを付けようとすると、
ラビにとられて、付けてくれた。
 
 

〇〇:ありがとう

ラビ:こっちこそ。ありがとう。

〇〇:やっぱり可愛いし、つけると上品。

ラビ:似合うよ

スカイ:本当に似合うね!
気に入っただけあるよ!

アルマ:綺麗だね
 

褒められてるのはブレスレットと思っても、
何だか恥ずかしくなったので、
話題を反らした。
 

〇〇:スペースマウンテン乗りに行こう!

また先程と同じ体制になり、
歩きにくいまま移動した。
 
 

スペースマウンテンで並んでる途中も、
スカイとアルマからは
手を繋いだまま
腰に手を回された。
 
 
ラビは
抱いている腕を強くしてきたり
耳に息を吹きかけてきたりとするので、
何だか身体が熱くなってきた。
 

なので、少しみんなから
距離をとるように、
待機列を移動しようとした。
 
 

スカイ:離れないで

〇〇:ちょっと、近くて暑いから。

スカイ:いいじゃん!

〇〇:よくないわ!

ラビ:今更照れる事ないよ?

〇〇:やめてよ…!

アルマ:そうだよ。

〇〇:アルマまで、冗談言わないでよ。
 
 

店員:4名様ですか?

〇〇:はい!(ナイスタイミング!)

店員:2名様ずつ別れて準備してくださ〜い
 
 

みんなからそそくさと離れて、
ゲートへ適当に行こうとすると、
ラビに無理矢理手を引っ張られた。
 
 

スカイ:ヒョン!僕が約束してました!
隣は僕です!

アルマ:ここは公平にジャンケンしよう!
 
 

ジャンケンの結果、ラビの隣になった。
アルマ、スカイは前に乗っている。
 
 

コースターが始まる前から
2人がこっちに顔をずっと向けている。
 
コースターが始まって、
真っ暗の中に光が差すと
2人の顔と目が合うので、
思わず爆笑した。
 
 

ラビも最初は機嫌悪そうだったが、
その姿に、滅茶苦茶爆笑していた。

そうして、私達は爆笑しすぎて
ボロボロになりながら
スペースマウンテンを後にした。
 
 
 
 
そろそろ帰宅集合の時間なので、
待ち合わせ場所に向かった。
 
 

 
〇〇:本当にまだ笑えるwww

スカイ:笑いすぎでしょwww

〇〇:だって、暗闇の中なのに、
真顔とか変顔とかしてるんだもんww w

アルマ:面白かったなら、よかったよー!
ところで、今日〇〇は直でホテル来るんだよね?
PCは持ってきてあるって言ってたけど、
着替とかあるの?

〇〇:いや、着替は持ってきてないよ〜。

アルマ:買っていったら?
ここに洋服売ってるみたいだよ〜

〇〇:え!?なんで!?いいよ!帰るよ!

スカイ:なになに?

ラビ:アルマヒョンと遊ぶの?この後?

〇〇:ゲーム一緒にやるんだよー♪

ラビ:ふ〜ん。俺も行こう。

スカイ:僕も!

アルマ:部屋入れないよ!
真剣勝負なんだから、邪魔しないで!

〇〇:確かに、ゲームの邪魔はされたくない。

ラビ:邪魔しないよ?

スカイ:うんうん。じゃあ、お菓子買ってこ〜
 
 
そうして、それぞれお土産やさんで、
色々調達をした。
 
 

そして、集合場所に着いた。
 
 

 
ヒナは荷物の多さと、
私達のボロボロ具合に
ビックリしていた。
 
 

しばらく経緯を話して、
日本での世話役の方が
待っていてくれた、
帰りの車に乗りこんだ。
 
 
つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!