#008 ジョイからのキスマークとSなラビ

〜泊まるホテルに到着〜

ここで、一旦雑誌の取材や撮影などを
やるらしい。

それから、ライブリハへ出るみたいだ。

私とヒナは来日前にキラからお誘いをうけて、
全てのスケジュールに同行させてもらうことになっていた。

アルマに挨拶をしようと思い、あたりを探す

ある1室の扉が少し空いていて
そこからアルマの声が聞こえた。

入ろうとした瞬間に、女性と2人で話している事に気づき、扉の前で入るのを躊躇した

そして2人から見えないようにそっと中を覗いた

〇〇:(アルマ女性苦手だっていってたけど、そうは見えないな)

何を話しているかは聞こえなかったけど、
なんだか良い感じに見えた。

〇〇:(なんだか、少しショック?
なんだろう、この気持ち)

ジョイ:何してるの?
耳元でささやかれた

〇〇:!!!!

目が合うと視線を個室に向けた

ジョイ:あ〜、アルマヒョンとあれは日本の練習生の子だね
〇〇:そうなんですね
ジョイ:気になるの?
〇〇:まぁ、少し

さっきのバンの中でのこともあり、
少し照れてしまう。

ジョイ:アルマヒョンはモテるよ
〇〇:そうなんですね
ジョイ:好きなの?
〇〇:いえ、わかりません
ジョイ:なにそれ(笑)
〇〇:今は特に恋愛とかは考えれなくて
ジョイ:そうなんだ。ねぇ、敬語やめよ?
みんなと一緒でいいよ。挨拶したし。
〇〇:わかった
ジョイ:ねぇ、〇〇ちゃん?

そういって、ゆっくり近づいてきて
壁ドンの体制になった

〇〇:ななな、なんですか!?急に…

ジョイが、すうら笑いをしながら
顔を近づけてくる

思わず目をつむり、息をとめる

首筋に息を吹きかけられた

〇〇:!?

その後、チクッと傷みがはしった
…明らかにキスマークをつけられた気がする

咄嗟に首筋を抑えた。
全身が恥ずかしさと怒りと混乱で熱くなる

〇〇:(どうしよう…)

ラビ:何してるの?
真顔でジョイと私をみている

そして、ゆっくりと私に近づき
首筋を抑えている手をはずす

ラビ:何?これ?
ジョイ:ふふふ
ジョイは不敵に笑っている

ラビはもっていたコーラを首筋にかけてきた

〇〇:なにするの!?信じられない!

ラビ:あ〜あ、ビショビショになっちゃったね。
着替えなくちゃ。部屋に一旦行こう

そうして、私の腕をつかんで歩き出した

ラビ:ジョイ床の掃除お願いね
ジョイの方を見ずに言った

ガチャ

ラビの部屋に腕を掴んだまま引っ張られ
中に入れられる

そして、そのまま
ベッドへ投げ出され
ラビが馬乗りになって
見下ろしてきた

ラビ:何してたの?
相変わらず、真顔で怖い

〇〇:急にジョイがキスマークつけてきて
ラビ:そんなのありえるの?
〇〇:本当だよ!
ラビ:とりあえず、服濡れたから脱がなくちゃ
〇〇:分かった。ちょっと向こうで着替えたいんだけど、何か着替え貸してくれない?
ラビ:脱いで
そういって、ラビが無理矢理、着ていた
ワンピースを脱がせてきた
〇〇:ちょっと!やめて!
凄い力で、振り払えない

ピンポーン
スカイ:ヒョン!取材はじまりますよー!
ピンポーン
ピンポーン

〇〇:スカイ!
(たすかった!)
油断した瞬間、
ワンピースを脱がされ
キャミソールの上からブラのホックを外され
一気に脱がされた

〇〇:ちょっと!///みないで

必死に胸を隠して、身体を丸める

顔をラビの方に向けさせられ
深いキスをさせられた

〇〇:!?/////

ジッと見られる

ラビ:待ってて。
と言い、
ラビはワンピースと私の荷物を持ち、
自分の替えのシャツを出し、置いた

ラビ:ここから出ないでね
相変わらず無表情で怖い

〇〇:はい…
(荷物持っていかれたら携帯もない…)
(どうしよう)

ラビは部屋を出ていった

外からはスカイが何か騒いでいたけど、
次第に声は遠くに行ってしまった

〇〇:(取材とか終わったら、ライブリハだよね?何時間ここにいるの?ヒナに連絡とれない。。。心配させちゃうよ。どうしよう。。。)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク