#010 消えそうなラビ アルマとその後 スカイからの警告

ヒナとライブ会場へ向かう

招待口へ行き
チケットを出して、名前を書き
パスをもらった。
これで楽屋へいけるみたいだ

会場へ来る前にヒナはキラに
差し入れを買ってきてほしいと
頼まれていたものを購入した。
それを届けに楽屋へ向かう

私もついていった。

楽屋に向かう途中、廊下にいたラビが
こちらに気づき、近づいてきた。
そして、私の腕を掴んできた

〇〇:なに!?
ラビ:何で電話でないの?何でいなくなるの?

そう言ったラビは昨日の怖さは全く感じないほど、
酷く弱々しかった。

戸惑いながら私は口を開いた
〇〇:だって、あんな酷い事をされたら怖いじゃん…
ラビ:ごめんね。
〇〇:(無言)
ラビ:もう嫌いになった?
〇〇:…分からない
ラビ:お願い。嫌いにならないで
そう言って俯くラビを見てられず

〇〇:ねぇ、どうしたの?
変だよ?嫌いにならないから、
元気だしてよ
ラビ:本当に?離れていかない?
〇〇:?うん。だから元気だして!
ほら!これからライブでしょ!
ラビ:じゃあ、ライブ終わったら会える?
〇〇:みんなと会うつもりだったよ!
ラビ:その後2人で会える?
〇〇:え?それは怖いな(笑)
ラビ:お願い。そうじゃないと頑張れないよ
そう言うラビは
今にも消えちゃいそうな雰囲気で、
胸がしめつけられた。
〇〇:どうして、そんなになるまで
落ち込むのよ〜。
ラビ:〇〇も離れていきそうで、怖い
〇〇:??離れるも何も来日したばっかじゃん!
ほら!しっかりして!
軽く腰をたたいた

ラビはまだ、しょぼくれながら
ラビ:今夜2人で話せるなら、頑張る
〇〇:まだ言う?
分かったよ。だから、頑張ってね?
ラビ:うん…約束して…
〇〇:はい。
小指を差し出して、親指を重ね合い
指切りをした
ラビ:絶対だよ?今夜ね。
じゃあ、準備してくるね

そう言って去っていた
少し元気になったようだった

雰囲気を察して遠くでみていた
ヒナが近づいてきた
ヒナ:大丈夫そうだったね?昨日みたいじゃなくて
〇〇:うん。全然違った。なんか弱々しかった。
ヒナ:まぁ…分からなくもない。
〇〇:???
ヒナ:〇〇は鈍感すぎるよ。
まぁ、楽屋行ってこれ届けよう

楽屋に届けに行くと
スタッフや知り合いやらで
ごちゃごちゃしていた。

アルマと目が合い、微笑まれた。
顔が熱くなる

ヒナはキラに差し入れを、渡しに行った

アルマ:来たんだね
〇〇:うん////
アルマ:今日の僕はイケメンすぎて、
輝きすぎて見えなくなっちゃうかもしれないなー!
〇〇:はいはい、そうですか〜(笑)
アルマ:ライブは僕から目が離せないよ!キラン
〇〇:またまた〜(笑)

いつものアルマとの会話だったので
安心した。

楽屋を後にし
席へ向かった

ライブが始まると
本当に全員素敵で、さっきまで
話していた人達とは思えないくらい
かっこよかった。

ライブが終わり
ヒナと一緒に暫く時間を潰してから
メンバーの泊まっている
ホテルに向かった

メンバーはみんな1室に集まって
ワチャワチャしていた

キラ:今日はライブ来てくれてありがとう!
ヒナ:かっこよかったよ!ダンス凄かった!
〇〇:本当に!
キラ:ありがとう!今日は大成功だったよ!
何事もなく無事に終われたし!

スカイ:〇〇〜!ファンサしたのわかった?
〇〇:ごめん。いつかな?全然分からなかった!
スカイ:まじかぁ〜。
それより、連絡返してよ!
〇〇:あぁ、ごめん。忘れてた!
スカイ:酷いな!まぁ後でお仕置きだけど(笑)
〇〇:なにそれ(笑)
スカイ:全部知ってるからね。これは警告だよ。
〇〇:何を?
スカイ:はぁ〜。もう、いいよ。後でね(^^)

ラビ:〇〇!部屋行こう?
そう言うラビは犬みたいにシッポを降ってるように見えた
〇〇:え?早くない?
まだみんなと話したいよ
ラビ:え〜!ヤ・ク・ソ・ク!したじゃん!
〇〇:う〜ん
(約束したけど、まだいたいな〜)

アルマ:どうしたの?

アルマは心配そうに私をみた

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク