#015 面目一新

ジョイ:あ、〇〇ちゃん。
みんなビックサンダーまた乗るってよ。行く?

〇〇:う〜ん、少しゆっくりしてからいくから、ジョイ行ってきて〜
ジョイ:お?大丈夫?どっか座る?
〇〇:うん。その辺座ってるから、ビックサンダー終わったら連絡して〜
ジョイ:ok.伝えとくね〜。一緒にゆっくりしよっ。
〇〇:あ〜、うん。(…ちょっと色々考えたかったんだけどな)

ジョイ:何か飲み物いる?買ってくるよ。
〇〇:あ、じゃあコーラお願い
ジョイ:分かった!

そうして、暫く1人で考えた。
(本当に自分何がしたいんだ?)
(好きな人って誰なんだろ?)
(流されすぎだよね…)

冷たい感触が頬に触れた
〇〇:冷たっ!
ジョイ:(笑)はい、コーラ
〇〇:ありがとう。
ジョイ:何か悩み?聞こうか?
〇〇:いえ、大した事じゃないんで(^^)
ジョイ:そっか。そういえば、この前はいきなりキスマークつけちゃってごめんね。
〇〇:ほんとだよ(怒)
ジョイ:ごめん。なんか無性につけたくなっちゃって。
〇〇:なにそれ(笑)
ジョイ:なんでだろうね。。。

暫くの沈黙の後、
ジョイはゆっくりと近づいてきて
私は身構ると同時に、
ジョイからゆっくり離れる。

それを見てジョイは
吹き出した。

ジョイ:ははは(笑)
そんなに警戒しなくても(笑)

そう言って一気に近づいて、
頭を優しくポンポンとしてきた。

〇〇:……
ジョイ:それよりさ、これ見て?

そう言って、今まで撮ったメンバーとの
面白い写真や動画を沢山みせてくれた。

〇〇:はぁ〜笑った〜(^^)
ジョイ:よかったよ。笑顔になって(^^)
〇〇:うん、ありがとう!
ジョイ:ねぇ、あれ乗ろう?
そう言ってコーヒーカップを指した

〇〇:うん。いいね!

乗ったらジョイが勢いよく
回すから、なんだか悩みを忘れて楽しかったな。

乗り終えて、みんなと合流する為に向かう。

移動する最中も何回も頭をポンポンしたり
ほっぺをプニプニしてきて、
その度にジョイの方を向いて

〇〇:もう子供扱いしないでよ〜
ジョイ:だってなんか、やりたくなっちゃうんだよ
〜(笑)

と言い合い、出会った頃とは
全然違う印象になっていた。

〇〇:(ジョイ変な人かと思ってたけど、良い人だな〜。)

そして、みんなと合流した。

アルマ:〇〇!ちょっと2人で周らない?
〇〇:そうだね!今日あんまり話せてないからね。
アルマ:あの船乗ろうよ!
〇〇:いいね!

そして、アルマとマークトウェイン号に乗ることになった。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク