#019 3人と…

アルマの部屋にお邪魔すると
ラビ、スカイも無理矢理部屋に入ってきた。

アルマ:おいーっ!来てもいいけど、絶対ゲームの邪魔はしないでね!
スカイ:はーい。しないですよ〜。
シャワー借りますね。
ラビ:〇〇はシャワー浴びないの?
パジャマはヒョンに買ってもらってたよね?
〇〇:うん。みんなが入った後入るよ。
とりあえず、ゲームの準備するね!

そう言ってパソコンを取り出し
色々準備した。

アルマ:わぁ〜!こんな環境でゲームしてるんだね!
〇〇:うん!このコントローラーが自分的に1番フィットするんだ!
アルマ:いいね!1回フィールド出てみる?
〇〇:うん!

それから、何時間過ぎただろうか。
1回行ったら止まらなくなり、ゲームに集中していた。

ラビ:いい加減シャワー行ってくれば?
〇〇:ひゃぁっ!!!

後ろから抱きしめて、
耳元でいきなり言われたので
変な声が出てしまった。

〇〇:あ、もうこんな時間だったんだ!アルマ先にシャワー行ってきなよ!
アルマ:うん。でも〇〇疲れたでしょ?
ごめんね、1回のつもりが楽しくて。
先に行ってきな。
〇〇:そう?ありがとう。じゃあ、すぐ行ってきちゃうね!

そして、シャワーを浴びて部屋に戻った。

〇〇:アルマお先にありがとう。お待たせ。
アルマ:じゃあ、僕もすぐ入ってきちゃうね。
スカイ:はい、水〜。髪乾かしてあげようか?
〇〇:大丈夫。自分でやるよ

スカイは聞いてないのか、
椅子に強引に座らせて髪を乾かしてくれた。

ラビ:もう、ゲーム終わったの?
〇〇:もう少し行こうかな
ラビ:え〜。ツマラナイな〜。
〇〇:自分の部屋で寝たら?疲れたでしょ?
ラビ:じゃあ、一緒に帰ろう?
〇〇:え?私はアルマとゲームしたいから
ラビ:じゃあ、待ってるよ!
〇〇:ラビの部屋には行かないよ!
スカイ:ヒョン、僕を忘れないで下さい
ラビ:じゃあ、今日はここでみんなで寝よう
〇〇、スカイ:…

アルマがシャワーから出てくると、またゲームをして盛り上がった。

スカイ:〇〇!そこはこうじゃない?
〇〇:スカイもゲームできるの?うまいね!
スカイ:僕もゲーム好きだよ。
〇〇:そうだったんだ!
アルマ:一緒にやろうよ!
スカイ:〇〇と一緒にやりますね。
アルマ:なんでだよ!みんなで一緒にやろうよ!
〇〇:そうだよ(笑)
スカイ:わかりましたよ(笑)

アルマ:そろそろ終わりにしようか。
〇〇:そうだね!ありがとう!アイテムかなり増えた。
アルマ:どういたしまして!楽しかった。
〇〇:うん

スカイ:少しパーティしましょ!お菓子と飲み物買ってきましたから!

そして、少し話しをして暫くたった頃

〇〇:じゃあ、そろそろヒナの部屋行くね
ラビ:ここにいなよ。
スカイ:そうだよ!
アルマ:嫌じゃなかったら、泊まっていきなよ
〇〇:みんなと話してると楽しいんだけど、流石に夜遅いし、またこうゆう機会あると嬉しいな。

ラビに腕を掴まれ引き寄せられた。
ラビ:楽しいならいいじゃん
スカイは後ろから抱きついてきて
スカイ:まだ楽しもう?
アルマは手を繋いで
アルマ:僕は一緒にいたいな

と、また逆ハーレム状態になった。

〇〇:ちょっと、恥ずかしいんですが…
スカイ:照れたフリはもう通用しないよ?
ラビ:大人しく待ってたよ
アルマ:いいんだね?

ゆっくりとベットに寄せられて
そのまま倒された。

3人共さっきとは違う、色気に酔いそうになった。

アルマ:これ痛くない?
ラビにつけられた傷をみては、優しくキスをしてくれた。
ラビ:本当に好きだよ。
何度も目を見て言うから、恥ずかしくなった。
スカイ:ヒョン達と共有もいいけど、二人きりになりたい
苦しくなるくらい、強く抱きしめられた。

そして、優しくて強引で、甘い時間が流れた。

朝起きると、アルマが先に起きていた。
コーヒーを差し出してくれて、
髪を撫でて、また優しくキスをしてきた。

アルマ:大丈夫?
〇〇:うん。
アルマ:何か食べる?
〇〇:大丈夫。アルマは?食べた?
アルマ:これから撮影だから、〇〇が食べないなら、その後に食べようかな
〇〇:そっか。今日忙しいんだよね。頑張ってね!
アルマ:うん。ありがとう。
〇〇:明日帰国だね。気をつけてね。
アルマ:うん。今日も仕事終わったらここおいでよ。
連絡するから
スカイ:ヒョン〜。ズルいですよ。
ラビ:俺も今日終わったら会いたい
〇〇:今日はヒナとキラとジョイで出掛ける予定なんだ!
アルマ:そうなの!?いつの間にそんなスケジュールが!
〇〇:昨日、ヒナから連絡あってさ
スカイ:ジョイヒョンは油断できないな〜
ラビ:それが終わってからでもいいよ

〇〇:みんな、お願い休んで下さい🙏

アルマ:一緒にいれるのが癒しだよ。疲れてなかったら連絡して
〇〇:…分かった。
スカイ:そろそろ行かなきゃですね
ラビ:あんまり、ジョイに気を許さないでね。
額にキスをして、頭を撫でられた。

なんだか、信じられないくらい甘ったるくて
悪い雰囲気に地に足がついてないような感覚になる。

そのまま、みんなとお別れをしてひなの部屋に行った。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク