スポンサーリンク

#023 スカイとの夜

スポンサーリンク




スポンサーリンク

#023 スカイとの夜

 

 
 
プルルル
 
 
アルマはすぐに
電話に出た。
 
 
アルマ:…やっぱり。

電話の向こう側で、呆れたように言った。
 
 
スカイ:ヒョン!元気ですか?

アルマ:元気ですか?じゃないだろ!
〇〇に迷惑かけるんじゃないよ!

スカイ:かけてませんよ!

アルマ:〇〇は知ってたの?

〇〇:知らなかったよ。
だからビックリした(笑)
無事、保護してるから安心して(笑)

スカイ:何、その言い方!

アルマ:ありがとう〜。
そういえば、こっちへ来るんだって?

〇〇:まだ確定じゃないけど、
近いうちに1回韓国行って、
色々考えようと思うんだ。
この前言おうとしたのが、この事なんだ。

アルマ:いいね!案内するよ!

スカイ:僕も案内する予定ですよ?

〇〇:よろしくね!
 
 
すると、ラビとジョイが
アルマの後ろを通り過ぎようとして、
スマホに映った。
 
 

スカイ:ヒョ〜ン

大きな声でスカイは叫んだ。
 
 
ラビとジョイは驚いたように、
アルマのスマホを覗いてきた。
 
 
 
ラビ、ジョイ:やっぱりね〜
 
 
スカイ:明日帰りますね!

ラビ:もうこうゆう事はしちゃ、駄目だよ?

ジョイ:みんな心配したけど、
マネージャーに話し通してあるって聞いて、
少しは安心してたよ。

ラビ:〇〇は大丈夫?
スカイよろしくね?

〇〇:うん。

ラビ:ありがとう。
早く会いたいし、連絡沢山しようね?

ジョイ:僕も早く会いたいな〜

〇〇:うん。ありがとう。

スカイ:じゃあ、これから〇〇と
楽しく過ごします!
バイバ〜イ
 
 

そう言い、スカイは一方的に電話を切った。
 
 
切れる際、向こう側がかなり騒がしかった。
 
 
 
〇〇:え?大丈夫だったかな?

スカイ:みんなと連絡できたし、
大丈夫だよ(^^)
それよりさ、明日何する?

〇〇:そうだな〜、何したい?

スカイ:う〜ん、まったりしたい!

〇〇:好きだな〜(笑)

スカイ:あんまりゆっくりできる
機会ないからね。

〇〇:そうだよね。う〜ん。
じゃあ、公園でゆっくりするのはどう?
お弁当作るよ!

スカイ:それ、いいね!行こう!
楽しみ♪

〇〇:じゃあ、寝ようか?

スカイ:うん!
 
 
 
2人でベッドに横になり、
寝る体制になった。
 
 

スカイは私を抱きしめながら、言った。
 

スカイ:ねぇ、今も辛い?

〇〇:ん?何が?

スカイ:元彼と別れたの

〇〇:まぁね。
でもスカイ達と出会えたから、
思っていたより思い詰めてないかな。
ありがとう。

スカイ:よかった。
きっと、これからもっと幸せになれるよ。

〇〇:そうだといいな〜

スカイ:大丈夫だよ。

そう言い、私の頬にキスをした。
 
 

〇〇:くすぐったい〜(笑)

スカイ:可愛いよね。本当に。

〇〇:やめてよ////

スカイ:なんでこんなに、可愛いの?

〇〇:やめてってば////

スカイ:はぁ〜、本当に可愛い。

そう言いながら、何度も頬に
キスをしてくる。
 
 
〇〇:もぅっ////

スカイ:大好き。

そして唇にキスをした。
 
 

薄暗い中で目が合い、
胸がドキドキしてるのを感じた。
 
 
それを悟られないように、
冷静に話す。
 
 

〇〇:ところで、スカイは
私の何処が好きなの?

スカイ:ん?全部だよ?

〇〇:なにそれ(笑)

スカイ:クラブでつまらなそうにしてる姿も、
困っている顔も、楽しそうに笑ってる時も、
泣きそうになってるのも全部、可愛い。

〇〇:外見が好きなの?

スカイ:意思弱いし、話そらすし、
ハッキリしないし、ムカつくけど、
よく周りみてるし、優しいし、
全部包んでくれるような、
話し方と雰囲気が可愛い。

〇〇:……もう、いいです////

スカイ:こうやって、照れる時も可愛い。
 
 
 
私の顔を覗き込むようにして
見るので、
思わず顔を両手で隠した。
 
 
 
〇〇:もう、やめてよ////
 
 
 
スカイは私の両手を取りながら、
その手を私の頭の横らへんに
恋人繋ぎをしながら置いた。
 
 
そして、また唇に何度もキスをした。
 
 
そのまま、身体中にキスをした。
 
 
 
スカイ:僕にもしてくれる?
 
 
そう願うスカイは、いつもみたいに
断れなくなるほど、とても美しく見えた。
 
 
〇〇:…うん。

スカイ:ほんと、可愛い。
大好きだよ。愛してる。
 
 
 

スカイは私が眠りにつくまで、
何度も照れくさい言葉を言ってきた。
 
 
 
 

〜朝〜
 
 
 

私は久々によく眠りについたのか、
スッキリと目覚められた。
 
 
 
スカイはグッスリ寝ていたので、
ベッドにそのままにして、
お弁当を作りに行った。
 
 
 

そして、
お弁当と朝食を作り終え、
スカイを起こしに行った。
 
 
 

〇〇:おはよう

スカイ:ん゛〜おはよ〜

〇〇:ご飯できたよ〜、おきて〜

スカイ:ん゛〜ありがとう〜
 
 
スカイはなかなか目覚めなく、
何度も眠りに付きそうになるので、
コーヒーを持ってきた。
 
 
〇〇:はい

スカイ:ん゛〜ありが……
ニガッッ!!!

〇〇:起きた?早くご飯食べて、
公園行こうよ?

スカイ:そうだね〜!行こう〜!
 
 
 
そして、朝食を食べ
準備をしていた。
 
 
すると、携帯のチェックをしていた
スカイが言った。
 
 
スカイ:あ、なんか日本のマスターさんが
会いたいって。
少し会っていいかな?

〇〇:え?スカイがこっちにいる事
知ってるの?

スカイ:マネージャーに聞いたみたい

〇〇:大丈夫なの?

スカイ:この人は信頼できるから大丈夫だよ!

〇〇:うん、何時頃行くの?

スカイ:できれば、空港行く前がいいみたい!
公園の後に行こうかな!

〇〇:分かった。

スカイ:〇〇も一緒に行こう?紹介するよ!

〇〇:え?大丈夫なの?

スカイ:うん!大丈夫だよ!

〇〇:マスターさんって、ファンだよね?
いいの?

スカイ:この人は大丈夫!

〇〇:(少し不安だけど…)
うん。分かった。
 
 
 
そして、準備を終え、
私達は公園へ向かった。
 
つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!