スポンサーリンク

#028 韓国旅行編2

スポンサーリンク

ホテルの部屋に付き
暫く無言が続いた
 
 

ラビはずっと椅子にかけたまま
ボーっと下を向いている。
 
 

そんなラビを見ていると、
さっき自分が言ったことに
罪悪感を感じた。
 
 
〇〇:…ラビごめんね?

ラビ:…
 
 
このまま、ラビを突き離すのも可能だし、
また曖昧な関係に戻るのも可能だ。
 
 
そう思えば思うほど、自分のバカさ加減に
嫌気がさした。
 

そして、小さく溜息をついた。
 
 
それにラビがビクッと反応した。
 
 
〇〇:?
 
 
ラビがこちらを見ている。
 
 
まるで、子犬のように。
 
 
私達は目が合ったまま、
時が止まったように動かなかった。
 
 
しばらくの沈黙の後、
ラビがゆっくりとこちらに近づいてきた。
 
 
そして、私の手を握った。
 

ラビ:やっぱり〇〇がいない人生は考えられない…

〇〇:え?

ラビ:どうすれば、好きになってもらえるの?

〇〇:…私にも分からないよ…

ラビ:好きでいていい?

〇〇:…(突き離す事が出来ないよ…)
 

ラビは私を優しく抱き寄せた。
 

〇〇:…(駄目なのに…)

ラビ:いいんだよね?

〇〇:…ずっと傷つくかもしれないよ?

ラビ:それでも好きだから。
離れたくない。

〇〇:離れる日がくるかもしれないよ

ラビ:そうしなければいいよね。
 
 
そう言い、ラビは私を見た。
 
 
〇〇:…

ラビ:とりあえず、〇〇を寂しくさせない。
 

そして、また私を抱きしめた。
 
 
私は抱きしめ返すか分からないまま、
手を困らせた。
 

ラビはまた私を見て、
次はニッと笑った。
 

それから、重い空気を取り払うように、
普段通りの口調で、耳元で
 
 
ラビ:お風呂はいろっか?
 

すっかりラビのペースになっている事に
気づき、逃げるようにお風呂へ向かった。
 
 
ボーっとしながら、お風呂を終え
部屋に戻った。
 

部屋にはラビが好きな音楽が流れていた。

ラビが近づき、私の匂いを嗅いだ。
 

ラビ:ヒョンの匂い消えたね

〇〇:…

ラビ:何したい?ゲーム?

〇〇:ゲームできるの?

ラビ:できるよ?

〇〇:でも、いいよ。ラビは何したい?

ラビ:じゃあ、映画観よう!

〇〇:そうだね!
 

そして、お互い集中して映画を観た。

夜も遅くなり、アクビが出た。

ラビ:寝ようか。

〇〇:うん。

ラビ:お風呂入るから、先に寝ててね。

〇〇:わかった。
 
 
ラビがお風呂に行き、
私はベッドに横になりながら、
誰が好きなのかを考えていた。
 

考えていたら、自分がますます
分からなくなり、嫌になるので、
そのまま寝ることにした。

 
眠りにつく時に
 

〜♪

〜♪
 

愛してる〜♪
どーしても離れたくないんだ〜♪

鼻歌を歌いながらラビが近づいて来るのを感じた。
私はこのまま、寝てるフリをした。
 
 
♪もう君を困らせたりしないよ♪
♪僕が決めた事だ♪
♪どーなっても、好きだよ♪
 
 
歌いながら、寝ている私の隣に
座り、頬を撫でる。
 

♪素直な君が好きなのか♪
♪嘘がつけない君が好きなのか♪
♪嘘がわかるから好きなのか♪
 
 
そして、唇を奪われた。

どうしていいか分からないまま、
寝たフリを続けた。
 
 
ラビは勢いよく隣に寝て、
私を抱きしめた。
 
 
ラビ:起きてるでしょ?話そう?
 
 
仕方なく、目を開ける。
目の前のラビは何故かスッキリした顔をしていた。

ラビ:〇〇とヒナちゃんの出合いとか聞かせてよ。

〇〇:ん?いいよ。
 
 
ラビにヒナと仲良くなった経緯を話した後に
ラビの友達の話や、お互いの昔話で盛り上がった。
 

そうしてるうちに、お互い眠りについた。

目が覚めると
ラビを起こすにはまだ早い時間だったので、
時間つぶしに動画をみたりしていた。
 
 
そしたら、ジョイから
ラインが来た。
 

ジョイ:『今日、夕方頃ひまだったらココにこれるかな?地図』

〇〇:『okスタンプ』

それから、ラビを起こした。

ラビは仕事の準備をして、
名残惜しそうに、私を抱きしめた。
 

ラビ:仕事行きたくないけど、行かなかったら嫌われそうな気がするから行ってくるね。

〇〇:うん、いってらっしゃい。

ラビ:昨日は沢山〇〇の事知れた気がする。

〇〇:うん、私もラビを知れたよ。

ラビ:また、すぐ連絡するね。

〇〇:うん。

ラビ:今日は、何するの?

〇〇:少しフラフラしたら夕方からジョイと会うよ

ラビ:行かせたくないけど、気をつけて行ってくるんだよ

〇〇:うん。

ラビ:じゃあ、行ってくるね。

〇〇:うん、行ってらっしゃい!

ラビ:すぐ連絡するね。

〇〇:うん。

ラビ:何処フラフラするの?

〇〇:その辺だよ?
てか、はよ行け!!!
 

ラビを玄関まで押して行き、仕事へ行かせた。
 
 

そして、ホテル周辺をフラフラしながら
夕方になり、ジョイから送られてきた
場所まで移動した。
 
つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク