スポンサーリンク

#034 韓国旅行編〜最終回〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク

#034 韓国旅行編〜最終回〜

 

 

3人がガヤガヤと帰ってきた。
 
 
 
〇〇:おかえり〜!ご飯できてるよ!

ラビ:わ〜!今日もありがとう!
君たちも僕の奥さんの手料理
食べていきなよ!

スカイ:もう食べたことありますけど。
 
 
スカイは少しムスッとした口調で椅子に座った。
  
 
  
ジョイ:どれも、美味しそうだね〜!
本当にいい奥さんになりそうだ!

〇〇:ありがとう(^^)

ラビ:さぁさぁ、食べたまえ

ジョイ:こいつは、ウザいけど?(笑)
 
 
そうして、みんなでご飯を食べ始めた。
 
 
そして、各自ダラダラしたり、
携帯をいじったりと、
無言の時間を過ごしたりした。
  
 
  
なんだか、ここに溶け込んでる自分が
少し不思議だった。
 
 
 
(少し前まで失恋で落ち込んでいたのに…。) 
そんな事をボーっと思いながら
片付けをしていた。
   
  
 
ジョイ:どうしたの?片付け手伝うよ?

〇〇:わ!ビックリした!

ジョイ:ごめん(笑)体調悪い?

〇〇:ううん、違うの。
ボーっとしてただけ(笑)
ありがとう。ジョイもゆっくりしてて(^^)

ジョイ:本当?大丈夫?
今日さ、この後僕の家移動できそう?
疲れているなら、このままラビの家で大丈夫だよ?

〇〇:疲れてないよ!荷物もあるし、
明日そのままタクシーで空港行こうかなって
思って。

スカイ:え!?もう帰るの!?

〇〇:うん。

スカイ:聞いてないよ!何で言わないの!?
送るの調整できたのに〜。

〇〇:みんなここ最近、忙しそうだったから。
これ以上迷惑かけられないよ。

ラビ・ジョイ:そんなの関係ないよ!

〇〇:ごめんね。。言わなくて。

スカイ:アルマヒョンは知ってるの?

〇〇:言ってない。
すぐ、こっちに引っ越しする予定だから
大丈夫かなって思ってた。

ジョイ:決めてくれたんだね。ありがとう。

ラビ:それは、嬉しい!
けど、、、言ってよ〜。

スカイ:本当だよ!アルマヒョンに伝えるね!

〇〇:あ、ついでにラビのゲーム部屋凄いよ!
って伝えて。

スカイ:?なにそれ? 分かった〜

ジョイ:なにそれ?(笑)ちょっと見てくる。

ラビ:ヒョンに言わないで。
毎日来たら困るから。

スカイ:は〜い
 
 
 
 
 

そうして、色々とリビングで3人から
説教され、時間が過ぎた。
 
 
 

〇〇:ごめんなさい。
タイミング完全にミスりました。
そして、こちらに住むことに決めました。
これからも、宜しくお願いします。
  
  
  
ソファーに3人を座らせて、
その前で私は土下座をした。
  
  
 
ジョイ:そこまでしなくても。。。
なんか、日本のドラマ見てるみたい(笑)

スカイ:〇〇は本当に
僕のスケジュールを考えないな〜

ラビ:いつこっちに住むの?

〇〇:多分、1週間もたたないうちに来るよ。
ヒナとその辺はスケジュール合わせてる〜。
 
  
  
  
  
 
ピンポーン
 
  
  
 
 
 
スカイ:絶対、アルマヒョンだ(笑)

〇〇:あ、じゃあ玄関あけてくるね
 
 
 
  
  
 
 
 
 
ガチャ
 
 
  
  
  
 
 
 
 
A(女):ちょっとー!
最近ノリ悪いんじゃない!?

B(女):ほんとだよー!お酒もってきたよー!

C(女):あれ?部屋間違えた?
  
 
  
凄い勢いで、酔っている女子達から
話しかけられた。
  
  
 
A:あれ?本当だー。間違えたかな?
すみません〜

B:いや、合ってるよ?おーい!ラビ?
 
 
 
バタバタバタ
  
  
 
ラビが勢いよくこちらに来た。
 
ラビ:何しにきたの!?

C:最近連絡とれないし、どうしてるのかな?
ってなって、みんなで来たんだけど、
お邪魔だったかな?

ラビ:うん、今メンバーもいるし
部屋狭くなるからあげれないよ? 
僕は元気だよ!

B:メンバーもいるの?ジョイも?

ラビ:うん

B:ジョイも最近、連絡とれないよね〜。
元気?

A:ま、いいじゃん☆元気なら!
さぁ、お酒飲もうー♪
  
  
 
そう言い、ラビの部屋へ入って行った。
  
 
  
ラビ:ちょっと〜!帰ってよ〜。
〇〇ごめんね。あの子達、アイドルグループの子達で
同じマンションに住んでるんだよね。

〇〇:そうなんだね。
大分できあがってるね(笑)🍷

ラビ:ね〜(笑)
 
 
 
話をしていたら、
リビングにいる女子達と会話しながら、
足早にスカイとジョイがこちらへ向かって来た。
  
  
  
2人は私の荷物も持っていた。
 
 
 
ジョイ:酔っ払いが来たから、
〇〇もうちに帰ろうか(笑)

スカイ:僕も帰るね!先輩方またねー!
 
 
そう言って、スカイとジョイは私を押すように
玄関へ出た。
 
 
 
そして、ジョイの車に乗り、
ジョイの家へ向かった。
 
  
 
ジョイ:なんで、お前もくるんだ(笑)?

スカイ:いいじゃないですかぁ〜

ジョイ:2人でいたかったんだけど(笑)?

スカイ:僕だって、〇〇と2人でいたいですよ!

〇〇:てか、お酒くさっっ

スカイ:さっき一気させられたぁ〜。
  
  
  
 
ジョイの家につくと、
案の定、スカイの買ったものチェックが入った。
 
 
 
スカイ:これとか必要?

〇〇:もう勘弁してください😭

ジョイ:ほら、もう、ゆっくりして寝よう?
 
 
そう言い、ジョイは話を変えてくれた。
 
 

 
スカイ:はぁ〜。
 
 

ため息を深く吐き、
スカイはベッドへ入っていった。
 
 
 
〇〇:え?もう寝たの!?

ジョイ:多分さっき一気に飲まされてたからだと思う。

〇〇:そんなに飲んでたんだ。

ジョイ:かなり飲まされてたよ〜
 
 
 
そういいながら、ジョイは私が座っていた
ソファーの横に座った。
 
 

そして、私の体の向きを
自分の方に向かせるように、
クルッとさせた。
 

私とジョイはソファーの上で向き合った。
 
 
 
〇〇:ん?なに?

ジョイ:やっと2人で話せるね。

〇〇:うん、そうだね。

ジョイ:これは僕が買ったやつじゃないね?
 
 
そう言い、アルマからのエタニティリングを
触った。
 
 
 
〇〇:アルマからもらったの

ジョイ:僕も指輪あげたいな

〇〇:ジョイからは沢山、
本当に沢山もらっちゃったよ。

ジョイ:少しでも韓国に来るキッカケに
なってくれた?

〇〇:かなり(笑)

ジョイ:よかった(^^)

ジョイは、私の手を握った。

ジョイ:大切にしたいんだ。

〇〇:何を?

ジョイ:目の前のお姫様を

〇〇:またまた〜(笑)

ジョイ:本当だよ。今まで正直、
本当に好きになった人は
いなかったんじゃないかって思う。

〇〇:そうなの?

ジョイ:うん、何かずっと寂しかったんだ。

〇〇:寂しい?

ジョイ:うん、誰と付き合ってても
寂しさがあったんだ。だけど、〇〇と連絡とるようになってから、それが無くなったんだ。
いや、もしかしたら、あの日静電気に
あたってからかもしれない。

〇〇:そんなことあったね(笑)
随分、あの時とは印象が変わったな〜

ジョイ:そう?

〇〇:うん、何か、もっとチャラそうな
感じだった!

ジョイ:それは酷いな〜(笑)
でも変わったのかもね。
  
  
  
ジョイは握っていた手を、
ジョイの唇にもっていき、
手の甲にキスをした。
  
  
 
〇〇://////
 
  
  
そして目が合い、私達は見つめ合った。
  
  
ジョイはいつも微笑んでいるように見えるが、
よく見ると瞳は怯えているようにみえた。
 
  
 
私は空いている手で、ジョイの頭を
無意識に撫でていた。
 
 
  
〇〇:私の前でよかったら、
無理に笑わなくていいよ?

ジョイ:どうして?

〇〇:なんとなく、無理してそうで。

ジョイ:…。そうゆうところなのかもね。。。
無理はしてないよ。
ただこの顔が慣れちゃったんだ。

〇〇:そう…。
 
 

ゆっくりとジョイが近づき、私を抱きしめた。
 
 
 
ジョイ:今日は隣で寝てくれる?

〇〇:…うん。
  
  
 
そうして私達はソファーで横になり、
そのまま眠った。
 
 

ジョイはずっと私を抱きしめていた。
 
 

とても安心したように。
 
 
 
  
 
 
  
  
 
ブーブー(携帯の着信)

  
   
   
 
 
 
 
  
 
 
 
〇〇:『……はい…』

アルマ:『お?まだ寝てるの?』

〇〇:『…うん。今何時?』

アルマ:『6時だけど?
飛行機7時出発じゃなかった?』

〇〇:『やばい!』

アルマ:『ジョイの家の前で車待機してるから』

〇〇:『え?たすかる!
ありがとう!すぐ行くね!』
  
 
  
ジョイもウトウトと目を覚ましたので、
そのままスカイを起こすことをお願いして、
急いで外に出た。
  
  
 
ジュンスマネージャーの運転するバンから
アルマは手を降っていた。
 
 
 
アルマ:おはよう!

〇〇:おはよう!本当に助かった!
お願いします!
ジュンスさんもすみません!

ジュンス:いいえ〜。
この後、またメンバー達を拾って行くので
気にしないで下さい。

アルマ:少しでも会えてよかった。

〇〇:うん、伝えるのが遅くなってごめんね。
昨日メンバーに凄く怒られた。反省してます。
すぐ戻ってくるから。

アルマ:うん。待ってるね。
 
 
 
それからすぐ、アルマは私の肩で寝てしまった。
 
 
 
ジュンス:アルマはずっと練習と仕事してたんですよ。

〇〇:え!?一晩中ですか!?

ジュンス:はい。。。
まぁ少しは寝てたと思いますけど。

〇〇:ジュンスさんもですか?
そんな中すみません。

ジュンス:いえ、僕は良く休んでるので
大丈夫です。ありがとうございます。
 
 
 
眠っているアルマをみて、
なんだか申し訳ない気持ちと、
会えて嬉しい気持ちが複雑に混じった。
 
 
 
静寂の中に聞こえるアルマの寝息と、
肩の重みが、どれだけ疲れているかを
物語っていた。
 
 
そして、空港に付き、
アルマを起こさないように
静かに降ろしてもらった。
 
 
そうして、私は韓国を後にした。
 
 
 
つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク