スポンサーリンク

#036 引っ越し祝い

スポンサーリンク
スポンサーリンク

#036 引っ越し祝い

 

 

 

玄関から招き入れ、リビングに
みんなでゾロゾロと向かいながら、
ヒナは少し怒った口調で言った。
 
 
 

ヒナ:ねぇ!今日は〇〇と女子会だって
伝えたよね!?キラ?
 

責められたキラは慌てて言った。
 
 

キラ:いやいや、僕は言ったよ!ちゃんと!
でも、ジュンスマネージャーが、
これからお世話になるから挨拶したいって!
みんなで行こうって言ったんだよ!

ヒナ:え?
 
 
 

ジュンスマネージャーを見ると、
反省したように下を向いていた。
 
 
 

ヒナ:………。
ジュンスマネージャーが言ったなら、いいよ。
入りなよ。
みんなでお祝いしよう。

ジュンス:すみません…。
大切な女子会にお邪魔してしまい…。
あの…これ…。
 
 
 

先程から持っていた大きな
花束をヒナに渡した。
 
 
 

ヒナ:わぁ!素敵!
もう、いいですよ。
ジュンスさんだったら、許します。
 
 
 

そして、花を大切そうに抱えて、
早速飾りに行った。
 
 
 

ラビ:なんなんだ?あれは。

ジョイ:僕達の誰かだったら、
殺されてそうな勢いだったね(笑)
 
 
 

みんなはキラの方を見ながら、
頑張れよ、というような視線を送っていた。
 
 

スカイはキラの肩に手をのっけて、

スカイ:ヒナはジュンスマネージャーと
知り合いなの?
 
 

と、聞いていた。
 
 

キラ:何回か会ってるみたいだよ。

スカイ:そうなんだ?
〇〇は2回目?

〇〇:ううん。この前空港まで
送ってもらったの。
その節はありがとうございました。

ジュンス:いいえ。気にしないで下さい。

アルマ:予定より早く帰ってきてくれて、
嬉しいよ。あの日、寝ちゃっててごめんね?

〇〇:こちらこそだよ!
送ってもらわなかったら乗り遅れてたよ。
ありがとう。
あれから、ちゃんと寝れてる?

アルマ:うん、大丈夫だよ。
 
 

そう言ってはいるが、うっすらとクマが
見えたので、それを撫でた。
 
 

〇〇:少しクマできてるよ。
本当に大丈夫?ここでよかったら、
今寝る?
 
 

アルマはビックリした顔を少しした後、
微笑んだ。
 
 

アルマ:本当に大丈夫だよ(^^)
〇〇には隠し事はできなそうだな(笑)
やー、困った、こまった(笑)

〇〇:なになに?(笑)隠し事って。
 
 
 

アルマは少し考えた素振りをした後、
私の耳元で、
 
 
アルマ:後でね
 
 
と言った。
 
 
 

その声がいつもより色っぽく聞こえて、
何だか急に恥ずかしくなり、
照れるように下を向いた。
 
 
 

アルマはそんな私を、
除きこみ、
おでこ同士をくっつけてきて、
また囁く声で
 
 

アルマ:これから、もっとずっと一緒にいれるね。
電話じゃなく、隣にいるんだね。
 
 
 

いつもだったら、
アルマが顔を真っ赤にする
場面なのに、私の顔が赤面した。
 
 

それが、ますます恥ずかしくて
顔を手で覆い、アルマから一歩離れた。
 
 
 

アルマ:やぁ〜、可愛いな〜。
今日の〇〇は、もう酔ってるみたいだ。

スカイ:どれどれ?
 
 
 

スカイはアルマを押しのけて、
私の顔の目の前まで近づいてきた。
 
 
 
アルマ:おい!

スカイ:本当だ〜。林檎みたい〜。
太ったのに、またこんなに沢山食べて
飲んでるから、身体が悲鳴あげて
暑いんじゃないの?
 
 
 

スカイは顔を隠していた私の手を剥ぎ取り、
もう片方の手で
赤らんだほっぺを、つねってきた。
 
 
 

〇〇:ちょっと!失礼な!

スカイ:ヒョン達と一緒に『運動』する?
 
 
 

真顔で見下ろしながら言う、
スカイの『運動』が何かを察した私は、
また後ろに、後退りした。
 
 

スカイは掴んでいた私の手を自分の方へ
引き寄せた。
 
 
 
その力は強く、スカイの胸に飛び込みそうに
なったが、ラビが私の手を強引にとり、
自分の胸へ抱き寄せた。
 
  
 
 
そして、お揃いのブレスレットを
重ね合わせながら言った。
 
 
 

ラビ:毎日、いいよ?
 
 

そして、ブレスレットにキスをして、
こっちを見ている。
 
 
 
その視線は、ますます私を赤面させた。
 
 
ゆっくりと、ラビから離れると、
後ろにジョイがいた。
 
  
 
ジョイ:お?僕もいいのかな?
 

私を後から抱きしめ、
耳元で言う。
 
 
 
ジョイ:やっぱり、そのピアス似合ってるよ。
 

そう言い、ピアスをしてる耳を舐めてきた。
 
 

ジョイのそうした姿は、
あれ以来見なかったので、
私の心拍数が凄いことになり、
腰を抜かしそうになった。
 
 

それをジョイがキツく抱きしめて支えている。

前を向けば3人が、近づいてきた。
 
 
 
〇〇:(なに……これ…………) 
 
 
 
挟まれた状況に焦った。
 
 
 
 
 
 
  
 
バシッ、バシッ、ボコッ、バシーン、ペシッ
 
 
 
 

花を飾り終えたヒナが、
私達を通り過ぎながら、
皆の頭を叩いていった。
 
 
 

ヒナ:あんまり、〇〇をからかうんじゃないよ〜。
ほら、向こう行くよ!
 
 
 

そして、キラとジュンスさんがくつろいでいる
方へ向かって行った。
 
 
 

ラビ:……何で俺だけグーパンなんだ?

スカイ:僕も、結構強く叩かれた気がする〜

アルマ:や〜、これはキラ大変だぞ〜

ジョイ:〇〇も叩かれてない?(笑)

〇〇:うん(笑)超軽くね(笑)
 
 
 

そして、私達もヒナについて行き、
みんなで近況を話しあった。
 
 
 

ヒナ:はぇ〜。本当に忙しいね。
〇〇がこっちに来てくれてよかったね。
すぐ会えるから。
 
 

キラ:ヒナもそうでしょ。

ヒナ:あらあらぁ〜(^^)

ジュンス:でも、本当にこの前の
スカイみたいになったら困るからね(^_^;)
ヒナさん、〇〇さん、本当にこっちに
来てくれて、有難うございます。

ヒナ:そんなぁ〜(^^)
でも、〇〇の事蔑ろにしたら、
みんな許さないですから(^^)
 
 

全員にピリッとした空気が走った。
 
 
 
ジョイ:ヒナちゃん、大丈夫だよ。
ちゃんと皆大切にしてるよ。

スカイ:僕も〇〇に大切にしてもらいもんだよ。。

〇〇:え?

ジュンス:…さてさて、それじゃあ、男共は退散しましょう。
挨拶も済んだことですし。

アルマ:そうだね。せっかくの女子会にごめんね。
またすぐ…ね。

ラビ:連絡するね!

スカイ:ちゃんと出てよ。

ジョイ:荷物結局置いていったでしょ(笑)
いつでも、取りにおいで。

〇〇:うん、ごめんね!
はーい、じゃあ、またすぐね(^^)
いいね、すぐ会えるって!
寂しくないね。ありがとう。
これ、みんなのイメージの香水作ったの。
よかったら、受け取って下さい。

ヒナ:もう!〇〇ってば!
 
 

ヒナは私を抱きしめた。
 
 

ジョイ:今、みんな〇〇を
抱きしめたいんだけど?(笑)
 
 

突然のプレゼントに
驚いていたり、ありがとうと言ったりしていた。
 
 
 
そうして、皆を玄関まで送り、
ヒナと朝方まで語り尽くした。
 
 
 

ヒナ:しかし、お酒もご飯も
食べていかなかったね。

〇〇:明日、…もう今日か。
収録とか言ってたもんね。
凄いな〜。見習わなくちゃな。

ヒナ:そういえば、明日ジョイの知り合いの
日本語教える人に会うんでしょ?

〇〇:うん。良い人だったらいいな。

ヒナ:ジョイの紹介なら大丈夫でしょ。

〇〇:そうだね。

ヒナ:さて、そろそろ寝ようか!
これから、本当に宜しくね(^^)

〇〇:うん!宜しくね(^^)
 
 
 

そうして、私達はそれぞれの部屋で
眠りについた。

+:。.。 。.。:+

゚・:.。..。.:・゚

  翌日  
+:。.。 。.。:+

゚・:.。..。.:・゚
 
 
 

ジョイとの約束場所のカフェへ着くと、
そこには、見覚えのある顔の人がいた。

つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




error: Content is protected !!