スポンサーリンク

#032 韓国旅行編6

スポンサーリンク

スカイと会うといつも
スカイのペースになる。
 
 
今現在もスカイの腕の中で
私はその欲に溺れていき、
そのまま甘えたくなる。
 
 

それを全部受け止めてくれる
この人は何なのだろうか。
 
 
スカイの事が好きなのか、、、?
 
 
そう感じるほど、この空間は
居心地がよく、全部で好きだと伝えてくれる。
 

贅沢だ。
 
 
そんな事を思いながら
腕枕をしてくれるスカイの顔を見ると

優しくニコッとしながらスカイは
 
 

スカイ:好きになった?
 
 
と冗談っぽく言う。

〇〇:うん…

スカイ:嬉しいな〜。でもヒョン達も好きなんでしょ?

〇〇:……

スカイ:いいよ。別に。

スカイはまた私の目をジッと見て、
微笑む。

そして、長いキスをする。

それの繰り返しで、
雲のような夜が空けた。

朝は珍しくスカイが先に目を覚ましていた。

〇〇:…珍しい、朝起きれるじゃん

スカイ:うん、最近調子がいいと起きれるようになってきた!

〇〇:モーニングコールのお役目も終了かな?

スカイ:それは、いつまでもお願い(^^)

〇〇:笑

スカイ:今日はさ、行きつけのジム行くんだけど
一緒に行こうよ!

〇〇:ジム?え〜…

スカイ:ほら、…ね?
そう言い、私の脇腹を掴んでニヤけた。

〇〇:ちょっと!怒

スカイ:www

〇〇:わかったよ〜

そして、スカイお手製のドリンクを
飲まされ、ジムへ向かった。

ジムのトレーナーに教わりながら、
色々な機械で運動したり、
ヨガストレッチをした。

スカイは時々こちらを見て
爆笑しながら、運動していた。

運動してるスカイは
汗だくで真剣でかっこよくみえた。

スカイに見惚れていると、
視界が暗くなった。

目を後ろから誰かに塞がれた。

耳元で

???:あんまりスカイのカッコいい姿みないで

と言われた。

〇〇:アルマ?

アルマ:せいかーい(^^)

〇〇:よくここ分かったね!

アルマ:スカイに連絡したんだよ!どこいるんだ?って。

〇〇:そうなんだ!

アルマ:〇〇にも連絡いれたんだけど?

〇〇:あ!ごめん!あんまり携帯みてなかった!

アルマ:そんなに、スカイといるの楽しかった?

隣に座って、アルマは少し嫉妬しているように聞いてきた。

〇〇:え?

アルマ:僕はどうしたら、楽しませてあげれる?

そう言い、アルマは近づいてきた。

〇〇:アルマ?

そして耳元で、

アルマ:布団がふっとんだ〜

〇〇:プッッッwww

アルマ:良かった〜!笑ってくれた!

〇〇:それ、調べたの?w

アルマ:うん!

それから、くだらないギャグを日本語と韓国語で
教え合ったりしていた。

スカイ:アルマヒョン、運動しないんですか?

アルマ:〇〇迎えにきただけだから!

スカイ:これから何処か行くんですか?

アルマ:レストラン予約したんだよ

〇〇:え!?そうなの?

スカイ:僕も行きます

アルマ:お前は仕事でしょ。

〇〇:そうなの?

スカイ:予定ずらします

アルマ:またか?やめなさい。

〇〇:うん、仕事頑張ってね。

スカイ:…

スカイは私の腕を引っ張り、
自分に寄せて、キスをした。

アルマ:スカイ!

アルマは慌てて私達を引き離した。

スカイ:後で荷物ヒョンの家に届けます。

〇〇:時間大丈夫なら、今から取りに行くよ!

スカイ:嫌だ。後で行く。

〇〇:…わかった。

そうして、スカイは仕事へ向かった。

私達もジムを後にし、
アルマの運転する車に乗り
レストランへ向かった。

素敵なレストランに着き、
食事を堪能した。

食事が終わる頃、
アルマは小さな箱をテーブルに置いた。

そのアルマをみると顔が真っ赤だった。

〇〇:これは?

アルマ:プレゼント

〇〇:どうして?

アルマ:いつもゲーム付き合ってくれるお礼。

〇〇:いいのに。私もやりたくてやってるから。

アルマ:僕もプレゼントしたくて。。。

〇〇:沢山もらってるよ?

アルマは早く受け取ってほしいという雰囲気で
見つめている。

〇〇:ありがとう。開けていい?

アルマ:うん

箱を開けると、
素敵なピンクゴールドの
エタニティリングが入っていた。

〇〇:綺麗〜。ありがとう!

さっそく、指輪にはめてアルマに見せた。

アルマはまた真っ赤にしながら、

アルマ:気に入ったかな?似合うよ!

〇〇:うん!ありがとう!
なんか、プロポーズされてるみたい(笑)

アルマは目をキョロキョロさせながら
瞬きをして

アルマ:プロポーズはもっと素敵にするよ!

と言った。

そんなアルマを見ていると、
自分まで恥ずかしくなったけど、
それ以上にアルマが可愛くて、愛おしく感じた。

アルマ:それと、鈴木さんの事なんだけど、
ただの練習生で相談や練習を
一緒にしてるだけなんだ。

〇〇:うん

アルマ:鈴木さんはアイドルデビューに向けて真剣で、僕もその相談に真剣になって考えてあげたいと思ってるんだ。

〇〇:うん

アルマ:だから、女性として見てるわけではなくて、先輩として相談にのったり、練習してるだけだよ。

〇〇:うん、どうしたの?急に。

アルマ:ジョイに言われたんだ。鈴木さんの事きちんと説明したほうがいいって。
確かに考えたら、そうかもなと思って。
何にも気にしてなかったけど、ごめんね。

〇〇:そうだったんだ。うん、説明ありがとう。

そうして、私達はレストランを後にして、
アルマの家へ向かった。

アルマの家へ着くと、
私達は早速ゲームの世界へ没頭した。

隣り合わせに座り、
アルマは時々ゲームではなく、
こっちを見つめているので、

〇〇:ちゃんと集中して!

と、言った。

アルマ:ちゃんと、ゲームはやってるよ。
ただ、嬉しくて。

アルマは指輪をはめている指をなぞり、
私の手をとり、恋人繋ぎをした。

〇〇:ちょっと!動かせないよ!

アルマの方を睨みつけるように見ると、
そのままキスをされた。

〇〇:!?

さっきまでのアルマとは違う雰囲気に
戸惑った。

アルマは長いキスの後、指にもキスをし、
また長いキスをした。

そして、首筋にもキスをしていき、
私は座ったまま全身にキスをされた。

とても柔らかく、甘いその感触に
私はどうにかなってしまいそうになった。

それを触ると、とろけるように
吸い寄せられる。

ピンポーン

インターホンが部屋に鳴り響く。

アルマも私も一旦我に返り、
お互い顔が赤くなった。

アルマ:…スカイだね。荷物受け取らなくちゃね。

そして、スカイを招き入れた。

荷物を抱えて入ってきた
スカイは私の顔をみて、
ため息を付きながら、
荷物を降ろした。

〇〇:ありがとう。

荷物を受け取った手を取り、

スカイ:これ、何?

アルマからもらったリングを指していた。

〇〇:プレゼント

スカイ:アルマヒョンから?

〇〇:うん

スカイは返事を聞くと同時に
取った手を自分の方へ引き寄せ、
私を抱きしめた。

その腕は力強く、そのまま、
長いキスをされた。

アルマ:おい!

アルマは反対から私を抱き寄せ、
スカイを静止しようとした。

スカイは聞かずに、

そして言った。

スカイ:ヒョンは純粋だと思ってたのに、
よくこの状況に耐えられてますね。
それとも遊びだから?
僕は真剣だから、〇〇をもて遊ばないで下さい。

アルマ:そんなつもりはないよ!こっちだって真剣なんだよ!

スカイ:〇〇?どっちがいい?
こんなリングが良かったら買ってあげるよ?

〇〇:そんな言い方…

アルマ:遊びなんかじゃないよ?

〇〇:うん…

前後抱きしめられながらの
状況に、逃場がない。
 
 
2人に抱き抱えられ、
ベッドルームへ移動し、
強く求められた。
 
 

2人共、私と2人きりのときには見せない、
その強さに逆らえない。
 
 

だか、違う甘さの2人に、
ただ為す術もなく、
甘美に浸るだけだった。

そして、そのまま
アルマとスカイの腕の中で眠りについた。

〜翌朝〜

良い匂いがして目を覚ました。
 
 
アルマが美味しそうな
朝食を用意してくれていた。
 
 

アルマ:昨日はその…。ごめんね。。
大切にしたいのに。

そう言い、私の髪を撫でた。

〇〇:ううん。分かってるよ。
 
 
アルマと一緒に朝食を食べ終えた後、
まだ起きないスカイを起こしに行った。
 
 

〇〇:スカイ?起きて?

スカイは眠そうに目を少しずつ開けながら、
私にキスをした。

スカイ:美味しい

〇〇:アルマが朝食作ってくれたよ

スカイ:〇〇の手料理が食べたい

〇〇:今度ね

スカイをリビングまで促し、
準備の催促していると、
ラビからラインが入った

ラビ:『やっと今日は僕の家だね!
今日事務所でみんなで会議だから、アルマヒョンの車に荷物積んで一緒に来てね!』
 
 

ラビからの連絡を説明し、
それぞれ支度を済ませ、
事務所へ向かった。
 
 

事務所の駐車場に着くと、
ラビが待っていた。

ラビ:〇〇〜!待ってたよ〜!
あれ?スカイもいるの?

スカイ:いますよ〜。
荷物ヒョンの車に移動しますね。

〇〇:ありがとう。
 
 
荷物の移動を終え、
事務所の応接間で待っていていいと言われたが、
街をブラブラしたいので、断り、
市街地見学をした。
 
 
途中、香水を作れるところがあり、
メンバーそれぞれのイメージの香りを
調香し、凄く小さくて可愛いビンに入れてもらった。
 
 
〇〇:(香りの好みあるだろうけど…。)
(いつも貰ってばかりだから、、、)
 
 

プレゼントをあげることを考えると
何故か凄く嬉しくなった。
 
 
みんなも、こんな気持ちなのだろうか?
 
 
そんな事を考えていると、ラビから
何処にいるかと連絡が入り、
迎えに来てもらった。

つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク