スポンサーリンク

#033 韓国旅行編7

スポンサーリンク

ラビに迎えにきてもらい、
車に乗り込んだ。

助手席へ乗るように促されたので、
乗ると、手を繋いで、ラビは運転しはじめた。

そして、そのままラビの家へ向かった。

ラビ:何してたの?

〇〇:その辺ブラブラだよ〜

ラビ:楽しかった?

〇〇:うん!あ、ねぇ、みんなに香水作ってみたよ!

ラビ:なにそれ!楽しみだな〜(^^)

ラビの家に着くと、ダイニングテーブルに、
かすみ草が綺麗に飾られていた。

〇〇:わぁ!素敵に飾ったんだね!

ラビ:うん!

〇〇:ラビすごーい!

ラビ:ありがとう(^^)

それから、ラビに手を引っ張られて
向かった部屋に入ると、
凄く豪華なゲーム部屋が作られていた。

〇〇:え!?なにこれ!プロみたい!

ラビは鼻高くして、パソコンの説明や
インテリアでこだわった照明を教えてくれた。

〇〇:ありがとう(^^)ゲームやってみていい?

ラビ:うん!僕もやる!

そうして、私達はシューティングゲームを
楽しんだ。

ゲームを楽しんだ後、ラビは

ラビ:このマンション内に公園があるから、
散歩しよう♪

と、誘った。

〇〇:いいね!

そして、公園へ向かうと、とてもマンション内とは思えないほど、自然豊かで散歩に最適な公園だった。

自然に手を繋ぎながら、散歩をしてあるく。

そして、ラビの方を見ると、
横目でこちらを見てくる視線にドキッとした。

最近はポヤポヤにこにこと笑っているラビを
見ていたせいか、真顔をみると、少し大人な印象がした。

そして、少し冷たく見え、前の恐怖心が
蘇るような感じがした。

ラビ:どうしたの?寒いの?

ラビが何かを感じとったのか、
手を私の頬に添えようとした。

ビクッッ

少し身構えた私は、思わず大げさな反応を
してしまった。

〇〇:う、ううん!寒くないよ!
大丈夫!ありがとう!

少しラビから離れようとしたら、
勢いよく繋いでいた手をひっぱられ、
ラビの腕の中に包まれた。

ラビ:まだ、怖い?

〇〇:…少しね

ラビ:ごめんね。

私の表情を確認しながら、
頭を撫でるその手は、
凄く温かかった。

〇〇:もう大丈夫だよ。

ラビ:本当に?

〇〇:うん!ありがとう。
あ!そうだ!マートも入ってるんだよね?
何か買っていこうよ(^^)ご飯作るよ!

ラビ:え!?本当に!?やったー!

ラビは今まで見たこともないくらい、
喜んでいた。

マートへ行くと、
嬉しそうにカートを引きながら
着いてくるラビ。

そんな姿をみると、先程の恐怖心はなくなり、
愛おしい感情が湧き起こる。

不思議な人。
そんな風に思った。

家へ戻り、
料理を作り始めた。

だが、、、、

ラビが後ろから私を抱きしめるようにして、
料理を作ってるところを見ているので、
なかなか進まない(• ▽ •;)

〇〇:…ねぇ、ちょっと向こうに行ってゆっくりしてなよ

ラビ:⊂(・﹏・⊂)ミタイナ〜

〇〇:…じゃあ、せめて、この腕を離して、、、

ラビ:……わかったよ〜

そう言って、ラビはふてくされたように、
ダイニングのソファーに横になった。

料理が出来たので、
運んで行くと、
ラビがシッポを振りながら
こちらに寄ってきた。

そして、美味しそうと目を輝かせながら
テーブルへ座った。

そして、食べ始めると、
本当に嬉しそうに食べてくれた。

ラビ:もう、最高だよ(^^)

〇〇:そんなに喜んでくれて嬉しいよ(笑)

ラビ:手料理って貴重なんだよ!

〇〇:そう?

ラビ:うん!

そして、綺麗に全部食べきってくれた。

片付けをして、
またゲーム部屋でゲームをし始めた。

〇〇:この部屋本当に最高だわ〜。

ラビ:〇〇の為に用意したんだよ。

〇〇:うん、ありがとう。

ラビ:住みたくなった?

〇〇:え?(笑)

ラビ:住んでもいいんだよ。
いつでも待ってるから…。

〇〇:うん…。

目が合い、ラビの顔が近づく。
それを私は受け入れた。

長いキスの後、ラビに促されるように
ベッドルームに行き、
ベッドへゆっくりと押し倒されながら、
キスをした。

ベッドへ横になった時に、
香った匂いが、ラビへ作った香水と
似た香りで、少し嬉しくなった。

ラビ:怖くない?

〇〇:…うん…

それから、求め合いながら
抱き合った。

ラビ:…好きだよ

〇〇:うん

ラビ:離れないでね

〇〇:…うん

ラビに抱かれると、
凄く愛おしく感じる。

そして、この人を
放っておけなくなる感情にさせる。

強く抱きしめられると、
同時に、
弱い言葉を聞くからだろうか。

何度も抱き合っているうちに、
ラビは私の指を甘噛しながら、
寝てしまった。

その顔を見ながら、
髪を撫でる。

そうすると、
ギューっと抱きしめてくる。

その空間がとても
ロマンチックで、
愛されているんだなと
思わされた。

そのまま、私も眠りに着いた。

〜朝〜

朝食を作り終えると、
ラビが丁度起きてきた。

ラビ:朝も作ってくれたの!
ありがとう〜。

ラビはギューっと私を抱き、
席について、ご飯を食べ始めた。

そして、仕事の準備をし始めた。

ラビ:一緒に行く?

〇〇:どっちがいいかな?

ラビ:どっちでもいいよ〜

〇〇:じゃあ、家で待ってるね!
ゲームして(笑)

ラビ:(笑)わかった。
なるべく早く帰るね。

〇〇:うん、無理しないでね。

ラビ:うん。

そう言って、ラビはまたキスをした。

それは、長いキスで、とても濃厚だった。

〇〇:…もぅ、朝だよ…

ラビ:うん、なんか嬉しくて。

〇〇:なにがぁ〜?(笑)

ラビ:いいのぉ〜(笑)

そう言い、口を塞ぐようにまたキスをし、
壁へ押しあてられた。

そして、ラビは私の弱いところを
触り始める。

〇〇:ちょっと、もう行く時間になるよ!

ラビ:だいじょうぶ、すぐだから。ね?

そして、またキスで口を塞ぎながら、
ラビに抱かれた。

そうして、ラビは満足そうに仕事へ向かった。

それから、私は部屋の掃除をしたり、
ゲームをしたりしながらラビの帰宅を待った。

ラビは仕事へ行ってからも
随時いつも通り、何をしているか
報告をしてくるので、
大体の帰宅時間が分かったので
それに合わせて、また料理を作っておいた。

どうやら、ジョイとスカイも一緒に
来るみたいだったので、人数分作っておいた。

そうしているうちに、
メンバーが帰ってきた。

ラビ:ただいま〜!
スカイ:〇〇〜!
ジョイ:お邪魔しまーす。

つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク