スポンサーリンク

#037 嫉妬

スポンサーリンク
スポンサーリンク

#037 嫉妬

 

 

カフェに着くと、見覚えのある顔の人と
ジョイがこちらに気付き、手を振っていた。
 
  
 
ジョイ:〇〇!こっちだよ。

〇〇:ジョイ!今日はありがとうね。
はじめまして。〇〇です。宜しくお願いします。

と、見覚えのある顔の人に挨拶をした。

???:はじめまして。ルカです。
てか、日本語教えてくれる人って女の子なの!?
大丈夫!?
何か変なイザコザとかに巻き込まないでよね〜

ジョイ:大丈夫だよ。事務所の翻訳とかの仕事も
することになってるから。

〇〇:あ、私で不安とかだったら
全然変えてくれても構わないので…

ルカ:いやいや、大丈夫です。
いきなりすみません。。。

〇〇:スンセ(男性アイドルグループ)の方ですよね?

ルカ:あ、そうです。知ってるんですね?

ジョイ:どうして分かったの?

ジョイは私がルカを知っている事に、
凄く驚いていた。
  
  
  
  
  
実はヒナがスンセのファンで
時々話を聞いたりしていて、覚えていた。
 
 
 
〇〇:友達がファンなんです。

ルカ:そうなんだ!

〇〇:ワン(スンセの曲)とかよく聴きます。

ジョイ:え?

ルカ:うわ〜、ありがとう〜。友達に感謝!

〇〇:…ルカさんは何故、
日本語を学ぼうと?

ルカ:ん?日本で僕、人気だからです(笑)

〇〇:あ〜!そうなんですね(^^)
じゃあ、日本語話してくれたら、
きっと喜ばれますね!
頑張りましょうᕙ( • ‿ • )ᕗ

ルカ:はい!先生!
 
 
 
それから、私が用意していた
日本語の教材を渡し、
色々と説明した。
 
 
 
そして、スケジュールをある程度組んで
ルカとサヨナラをした。
  
  
  
ジョイとカフェで2人になり、
ジョイはお疲れ様!と言って
アフタヌーンティーセットを頼んでくれた。
 
 
  
〇〇:わぁ〜、可愛いセットだぁ!
ありがとう✨

ジョイ:いいえ(^^)
ルカも〇〇の話しを聞いて
満足そうに帰ったね!
今後も宜しくね。
宿題忘れても、大目に見てあげてね(笑)

〇〇:それは、どうかな(笑)

ジョイ:先生〜(。•́︿•̀。)

〇〇:その呼び方、恥ずかしいからヤメて(笑)

ジョイ:しかし、スンセの事よく知ってたね?
僕達の曲は、前に全然分からないって
言ってたのに。

〇〇:うん。

ジョイ:友達がファンって言ってたけど…、
ヒナちゃん?

〇〇:そうだよ。

ジョイ:そうなんだ。
はぁ〜。なんか軽く嫉妬しちゃうな〜。

〇〇:どうして?

ジョイ:だって、曲とか知ってたし、
ルカの事も知ってたでしょ?

〇〇:うん。

ジョイ:僕、初めて会った時に、
スタッフか誰かだと思われてそうだったもん!

〇〇:いやいや、それはジョイの方でしょ!

ジョイ:そうだったっけ(笑)

〇〇:フン(ب_ب)
 
 
少し不機嫌そうに、ケーキを頬張った。
 
 
その頬をジョイがつついてくる。
 
 
 
〇〇:ちょっと、食べづらいよ(モグモグ)

ジョイ:いいじゃん(^^)
この後、うちに来るでしょ?
荷物あるし。

〇〇:うん。荷物持って帰るね。
 
 
 
そして、ジョイの家へ向かった。
  
  
  
〜ジョイの家〜
  
 
   
ジョイ:お酒飲む?

〇〇:ジョイは?

ジョイ:僕、少し飲もうかなって思って。

〇〇:じゃあ、私もいただきます。
 
  
  
 
  
〇〇、ジョイ:かんぱ〜い

〇〇:…ねぇ、なんでさっきから、
lunaの曲流してるの?(笑)

ジョイ:覚えてもらうため(笑)

〇〇:もう、覚えてるよ!

ジョイ:じゃあ、もっと覚えて!
スンセの曲に上書きして(笑)

〇〇:なにそれ〜(笑)

ジョイ:あ゛ー!ルカ紹介するんじゃなかったぁああー!!!
 
 
急に大声を出して、ジョイが叫んだ。
 
 
 
〇〇:急にどうした!?

ジョイ:ん?なんかお酒飲んだら色々と
出た(笑)

〇〇:そっか(笑)

ジョイ:………ねぇ?
 
 
 
ジョイは私の近くに寄り、
私の髪を耳にかけるように撫でながら、言った。
 
 
 

ジョイ:今日、泊まっていけば?

〇〇:いえ、大丈夫です。

ジョイ:なんで?

〇〇:危険な雰囲気なので!

ジョイ:駄目なの?

〇〇:うん。

ジョイ:ラビやスカイやアルマヒョンはいいのに?
僕は嫌い?

〇〇:嫌いじゃないよ。
……てか、何で知ってるの?

ジョイ:見てたら、分かるよ。

〇〇:…。

ジョイ:……。
それでも、〇〇が好きだよ?
泊まってこう?ね?

〇〇:……ただ、お酒も入って、
やりたくなっただけじゃないの?

ジョイ:違うよ!
今日の事でも、ルカにこんなに
嫉妬しちゃうくらい、好きだよ。

〇〇:…。じゃあ、ちゃんと好きって伝えてよ。
今日じゃない、違うときに。

ジョイ:そうしたら、好きになってくれるの?

〇〇:考えるよ。

ジョイ:そうやって、みんなにも
期待もたせるんだね?

〇〇:…。

ジョイ:いいよ。別に。
嫌でも、好きにさせてあげる。
〇〇の好きな僕になるから。
だから、安心して好きになってね!

〇〇:私の好きなんて、私にも分からないよ…。

ジョイ:じゃあ、ゆっくり見つけていこう?
一緒に。。。
 
 
そう言い、ジョイはそっと、
私の唇に唇を重ねた。
 
 
それが段々激しくなり、
息が荒くなってしまう。
 
 
 
〇〇:んっ、…はぁ〜、…ちょっと、、、///
 
 
ジョイは唇を離し、
 
 
ジョイ:少し強引な方が好きなのかな?

〇〇:やめてよ。。。

ジョイ:……今日はここまでね。
さぁ、続き飲もう。
  
  
  
そして、私達はまたお酒を飲み始めた。
  
  
  
  
 
ジョイは今までの雰囲気を変えるかのように、
バラエティ番組を見始めた。
  
  
  
  
  
先程の雰囲気の余韻を
私はまだ感じでいたが、
ジョイはあっけらかんと笑っていた。
  
  
  
  
  
そして、次第に自分もジョイの笑顔につられて、
笑っていた。
  
  
  
  
  
  
  
ジョイ:さて…今日はこのまま泊まろう?
何もしないから。
この前みたいに、隣りにいてよ。
 
 
 
そう言うジョイは、
凄く真剣だった。
 
 
〇〇:…わかったよ。
  
  
  
  
  
そして、私達はベッドに横になり
話をした。
 
 
ジョイはウトウトしながら、言う。
 
 
 
ジョイ:今度、僕の地元に行こう?

〇〇:うん。案内してね。

ジョイ:うん。
よくね、悩んだりすると帰って、
夜景の橋をボーっとみるんだ。

〇〇:そうなんだ。

ジョイ:うん。だから、〇〇にも見せたい。
〇〇が辛かったり悩んだりしたら、
そこの夜景を見れば、きっと安らぐよ。

〇〇:うん。たのしみにしてるね。
 
 
 
私がそう言うと、スーっと安心したように
眠りについた。
 
 
そして、私も目を閉じた。
 
 
  
  
  
  
  
  
  
ブーブー(着信)
  
  
 
 
  
  
  
携帯の着信で目が覚めると、
アルマからだった。
 
 
 
〇〇:『どうしたの?』

アルマ:『今日の夜空いてる?』

〇〇:『あいてるよ』

アルマ:『じゃあ、僕の家来れるかな?』

〇〇:『分かった〜。』

アルマ:『じゃあ、またね』

〇〇:『はーい』

 
 
 
そして、ジョイと暫くゆっくりした朝を過ごし、
お互い仕事へ向かう準備をして、バイバイした。

 
つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




error: Content is protected !!