スポンサーリンク

#041 運命が分かればいいのに

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク

#041 運命が分かればいいのに

 

 

 

カフェに着いたラビは
私の向かいの席に座った。
  
  
  
 
 
ラビ:なんで、ひまりさんといたの?

〇〇:たまたま、カフェの前通ったみたいだよ。

ラビ:そうなんだ。
さっきは、ごめんね。
配慮が足りなかった。
 
 
 
真剣に落ち着いて話すラビの姿が
意外で、不意打ちをつかれた感じがした。
 
 
 
 
〇〇:ううん。
ランさん、大丈夫なの?

ラビ:うん。さっきの件は断ったよ。
僕も勘違いさせていた事が色々あったんだ…。

〇〇:そう…。

ラビ:〇〇にも勘違いしてほしくないから、
言っておくけど、ランを好きだった事はないよ。

〇〇:そうなんだ…。

ラビ:仲良くはあった。色々と事情があって。

〇〇:事情?

ラビ:うん…。
 
  
  
 
  
少し気になったけど、
あんまり深く聞いてはいけないような
雰囲気だったので、そのままにした。
 
  
  
ラビ:もしかしたら、周りも僕達は
特別仲が良いって、思われていたかもしれないな〜。

〇〇:うん。

ラビ:でも、本当に最近は全然好きな人とか、
そんな人はいなかったから、信じてほしい。
〇〇だけだよ?

〇〇:うん。

ラビ:ありがとう。
早く〇〇も僕を受け入れてよ?

〇〇:そうだね…。
でも、ラビとは付き合えないかもな。
私、結構嫉妬深いから(笑)
ランさんみたいに、
私以外の女の子の専用カップがあるような
彼氏嫌だな。

ラビ:捨ててきたよ。
もうしない。

〇〇:そうなんだ。
でも、ラビは友達多いから、
なんとなく、嫌だな(笑)

ラビ:それでも、好きだよ。
 
  
  
 
 
 
 
諦めてくれそうにない、
真剣な眼差しに
戸惑ってしまう。。。
 
  
  
  
 
ラビ:カップ買いに行こう?

〇〇:え?なんか嫌だな…

ラビ:なんで?

〇〇:お客さん用でいいよ。

ラビ:もしかして、少し嫉妬してる?

〇〇:さっきまではしてたけど…。
これは違う感情だと思う…。
なんか、、、嫌。
 
  
  
 
  
なんだか、ここで私専用のカップを
買いに行っても、
ランさんの代替品か、ランさんのような事に
なりそうな嫌な予感がした。。。
 
  
  
 
  
  
  
ラビ:そう…。じゃあ、俺の家に帰ろうか?

〇〇:…。今日はこのまま、自分の家に帰るね。

ラビ:じゃあ、僕も行く。

〇〇:今日はさ、お互い一緒にいない方が
いいよ。
私にも色々考える時間ちょうだい?

ラビ:嫌だ。今一緒にいられなかったら、
〇〇が離れていっちゃいそうだよ?

〇〇:それでも、今日は一緒にいたくない。
  
 
  
  
ラビは凄く傷ついた表情をしていた。
  
  
 
そんな姿を見ると、胸がキューっと
締め付けられそうになった。
 
  
  
  
〇〇:ごめんね?でも、今日はもう帰るね。

ラビ:送っていくよ。

〇〇:大丈夫だよ。ありがとう。
明日も仕事でしょ?
私も明日から通訳で一緒だから、
宜しくね。

ラビ:…。元彼なんでしょ?
聞いたよ。

〇〇:うん。
でも今回はそういうのは関係なしに
ちゃんと、仕事するから。

ラビ:僕が嫌だな。
不安だよ。一緒にいてよ。
ずっと。
 
  
  
 
 
冷静に言ってはいるが、
言っていることが、
駄々っ子のようで、
段々と呆れてきてしまう。
 
  
  
 
 
〇〇:なにも心配いらないから。
仕事に集中して?私も、そうするから。

ラビ:うん。ずっと一緒にいて?

〇〇:いられないよ。
私はラビの何でもないから…。

ラビ:僕の彼女になって?

〇〇:ならないよ。
こんな時に言われても…。
もう、行くね。
 
 
そう言い、席を立った。
  
 
  
 
ラビは私の手を無理矢理繋ぎ、
一緒にカフェを後にした。
 

  
 
  
 
こんなところで手を繋ぐのは
危険だと思い、振り解こうとするが、
力が及ばない。
  
  
  
  
そのままタクシーに一緒に
乗り、私の家へ向かった。
 
 
  
  
 
家の前まで着くと、
ラビは降りずに話し始めた。
 
 
 
ラビ:今日はごめんね。
ちゃんと考えてね?
好きだよ。
 
  
  
悲しそうな、表情で言われた。
 

ギューと握っている手に
力が無意識に入ってるのを見て、
凄く降りたいのを我慢して
今の言葉を言っているんだろうな、と察した。
 
  
  
  
〇〇:うん。
お見送りありがとう。
またね(^^)
 
 
  
  
ラビとずっと目を合わせながら、
タクシーが去るのを見送った。
 
 
  
  
家に帰宅するとヒナがいた。
 
 
  
  
 
ヒナ:おかえり〜

〇〇:ただいま〜

ヒナ:なんか、疲れてない?(笑)
  

  
 
 
  
  
  
 
ヒナに今日あったことを話した。
 
  
  
  
 
 
  
ヒナ:その噂は結構聞いてたな〜。
ランとラビが付き合ってるって。
だから、ラビが〇〇に
凄くアプローチしてるの見て
???って思ってた。

〇〇:そうなんだ。
有名な噂なんだね。

ヒナ:ん〜、でもあんまり
2人でいる姿は目撃されてないから、
デマって情報もあるよ?
ジョイと3人でよく遊んでるって
噂もあって。。。
まぁ、噂だからさ、
本人と自分の気持ちに向き合いなね☆

〇〇:うん。ありがとう。

ヒナ:ところで、ルカ君は順調?

〇〇:(笑)
うん、よく頑張ってるよ(^^)

ヒナ:わ〜、次日本語話すの楽しみにしとこ〜!
……でね、1つお願いがあるんだけど、
いいかな?
 
〇〇:うん。どうしたの?

ヒナ:もしさ、キラから
私とルカ君が連絡とってるかとか
聞かれたら、とってないってハッキリ言ってあげて
くれるかな?

〇〇:うん?本当にとってないよね?
わかった!

ヒナ:ありがとう!
なんかさ、〇〇の先生の相手が
ルカ君って分かったら
結構不安そうな表情してたからさ。
聞かれたらでいいから。
ごめんね!変なお願いで🙏

〇〇:全然だよ!
キラ愛されてるな〜(笑)
前までジュンスさんに浮気してたのに(笑)

ヒナ:ジュンスさんはね、憧れなのよ✨

〇〇:なんか、分かるわ。

ヒナ:でしょ(笑)?
 
 
  
  
  
何でも話せる友達が
近くにいて、本当に良かったと
心から思った。

  
  
そして、私もヒナみたいに
誰かを大切に想いたいとも思った。
 
 
  
 
 
  
けれど、その対象は
まだ誰なのかがハッキリしない
自分に焦った。
  
  
 
  
運命の人が分かればいいのに。
 
 
  
 
そしたら、苦労しないのに。
 
  
 
その人だけ見れればいいのに。
 
 
  
 
今は誘惑が多すぎるよ。
  
 
  
神様、少しだけヒントをください。
  
  
  
もう、傷つかない私の運命の人はだれですか?
 
  
  
  
もう、出会えてますか?
  
  
  
  
そう思いながら眠りについた。
  
  
 
 
  
そんな日の夢が
大奥の逆バージョンみたいなもので、
夢見が悪いな〜と思いながら、
事務所へ出社した。

つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!