スポンサーリンク

#040 かませ犬

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク

#040 かませ犬

 

 

 

少し家で何もしないで、
休みたい気持ちもあるが……
 
 
 
ラビからの着信が多くて
少し気になったので
家へ向かった。
 
 
 

連絡をし、家のオートロックを
解除してもらいマンション内に入った。
  
  
  
  
 
 
女性:あれ〜?〇〇ちゃん?
 
 
 
エレベーターに乗ろうとしたところを、
後ろから話しかけられた。
 
 
 
振り向くと、
先日、美容室にいた女性アイドルだった。
 
  
  
  
  
女性アイドル:ラビのところに行くの?
 
〇〇:あ、…はい。
  
  
一瞬、返答に困ってしまった。
  
  
  
  
女性アイドル:…そうなんだ〜。
私も一緒に行こうかな!

〇〇:え?

女性アイドル:駄目かな?

〇〇:私は何とも…。
ラビに連絡して聞いてみますね!

女性アイドル:すぐつくし大丈夫だよ!
 
  
  
  
そう言い合っているうちに、
ラビの住んでいる階まで来てしまった。。。
  
 
  
 
 
 
  
  
  
  
女性アイドルはラビの玄関のインターホンを押した。
 
 
  
  

  
 
 
 
ガチャ
  
  
  
   
  
  
  
ラビ:…なんで一緒にいるの?

女性アイドル:そこで一緒になったから、
一緒にきたの。

ラビ:ランと約束今日してないよね?

ラン:うん。でも一緒に遊びたいな〜って思って!

ラビ:……そっか。とりあえず、入ろうか。

ラン:ありがとう!
 
  
  
  
そして、リビングへ移動した。
  
  
 
  
移動すると同時に、
ランさんはキッチンに行き、
飲み物の準備をしているようだった。
 
 
 

ラン:〇〇さんのカップはお客さん用のこれ?

ラビ:うん。何でも良いよ。

ラン:は〜い。
 
 
  
なんとなく、この空気感に
居づらいな〜と感じた。
 
 
 
〇〇:(……私、いないほうが
いいんじゃないだろうか…((´ . .̫ . `))
 
  
  
そんな事を考えていると、
  
  
   
  
 
ラビ:〇〇のカップ買いに行かなきゃね!!! 
 
  
と、こちらに飲み物を持って
2人がきた。
 
 
 
〇〇:……ははは(• ▽ •)

ラン:〇〇さんはさ、みんなと親しい仲なの?
この前はアルマとスカイといたよね?

〇〇:仲は良いと思っています。

ラン:そうなんだ!
誰かと付き合ってたりするの?

〇〇:いえ……。

ラビ:僕と付き合ってほしいとは言ってあるよ

〇〇:!!!

ラン:!!!

ラン:……そうなんだ。。。
〇〇さんは、どうするつもりなのかな?

ラビ:それは僕と〇〇の問題だから

ラン:……

ラビ:てか、こんな風に〇〇困らせるなら、
もう帰ってよ。

ラン:……私だって…
ラビと付き合ってほしいと思ってるもん。。。

〇〇:!!!
 
  
 
 
 
  
ますます、居づらくなってきた。。。
 
 
 
ランさんはだんだんと
目に涙がたまってきていた。
 
 
 

 
〇〇:……私は、今日は帰るね。
2人で色々と話し合って下さい。
 
 
ラビ:え!?待ってよ?
なんで〇〇が帰るの!?

〇〇:いやいや、ちゃんとランさんの話聞こうよ。

ラビ:僕の話もちゃんと聞いてよ。

〇〇:(ため息)

ラン:〇〇さんは、ラビと付き合う気ないの?

〇〇:……

ラン:そうやって、ラビの気持ち弄ばないでよ!!!

〇〇:!!!
…弄んでないです……
ただ、分からなくて。。。
ごめんなさい。
じゃあ、私はお邪魔します!
 

  
  
 
  
そう言い捨て、
足早にラビの家を出た。
 
 
 
ラビに手を強く掴まれたけれど、
思いっきり振りほどいて、外へ出てきた。
  
  
  
  
(私だって、分かってる。)

 
返事を出さない自分が1番ズルいこと。
 
  
  
 
  
図星をつかれて、どうしようもない感情が
湧き上がってきた。。。
 
 
 
  
  
  
とりあえず、気持ちを落ち着かせる為に
お気に入りのカフェへ向かった。
 
 
  
  
 
  
2人は今頃どうなっているのだろうか。。。
  
 
  
 
  
 
 
  
  
もし、お互いが良い方向に話し合えれば、
付き合うのだろうか。
 
  
  
  
 
 
  
そしたら、私はとんだカマセ役じゃん。
  
  
  
 
 
  
そう思ったら、どんどん惨めになってくるので、
考えるのをやめた。
 
  
  
  
  
  
だけど、、、、 
  
 
  
 
 
  
  

  
  
お気に入りのカフェに着いて、
大好きなラテを頼んでも、
全然落ち着かなかった。。。
 
  
  
 
 
〇〇:(考えるのやめたハズなのに…)
  
  
 
 
   
スマホを取り出し、
ラビから連絡きてるか
確認してしまう。
 
  
  
 
 
 
きていなかった。。。
 
  
   
  
  
  
こんなに気にするなんて。。。
 
  
  
   
  
  
 
  
携帯をボーッと見つめていると
着信が入った。
 
  
  
 
 
 
〇〇:『もしもし?』
 
ひまり:『そんな思いつめた顔して、
何してんの?』
 
  
 
 
  
辺りを見渡すと、外にひまりが
こちらを見ながら電話をしていた。
 
  
  
 
  

 
  
……何だか分からない気持ちが、
ブワァァアアっと湧いてきて
涙が流れた。

 
 
  
  
ひまりが慌ててお店に
入ってきた。
 
 
 
 
 
ひまり:どうしたの?
  
 
  
優しい口調で隣りに座った。
 
  
  
〇〇:何でもない…

ひまり:そう…
 
  
  
  
  
  
  
   
  
 
それから、随分と長く沈黙が続いた。
   
  
  
  
  
   
  
  
 
ひまり:ねぇ、どっか行かない?

〇〇:何処に?
 
ひまり:ん〜そうだな。。。
お酒飲む?

〇〇:そうだね。
オススメのお店あるよ。行こうか。
  
  
 
 
そんな事を話していると、
着信が鳴った。
 
  
 
 
ひまり:出なよ
 
 
 
画面を見ると
ラビからだった。
 
 
 
〇〇:うん。
『もしもし』

ラビ:『今どこにいるの?
ランとちゃんと話し合ったよ』

〇〇:『…そうなんだ。
それで?』

ラビ:『ちゃんと断ったよ。
どこいるの?』

〇〇:『カフェにいるよ。』

ラビ:『いつもの?待ってて。行くから。』

〇〇:『これから、知り合いと飲みに行くんだけど。』

ひまり:いやいや〜、いいよ。
また今度で。

ラビ:『男?』

〇〇:『ひまりさんだよ』

ラビ:『!!!。そこで待ってて。今、行くから』
 
 
 

そうして、電話が切れた。
 
  
  
切れた電話の画面を見つめていた。
 
  
  
 
 
 
 
 
ひまり:その人の事好きなのか?

〇〇:分からないの。
今は嫉妬はしてるみたい。私が。

ひまり:ふ〜ん

〇〇:…元彼にこんな話ししても…か…

ひまり:いや、別にいいよ。

〇〇:ははっ。ありがとう。

ひまり:まぁ、まんまり考え込まずに。
頑張れよ。
じゃ、俺は行くね。
 
 
 
 
そう言い、頭をポンってして、
去っていった。
 
  
  
  
  
〇〇:(本当に、いつまでも優しいな…)

  
 
 
 
 
少し心が落ち着き、
負の感情が消えた。

 
そして、少ししてから
ラビがカフェに入ってきた。
  
  
  
つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!