スポンサーリンク

#045 過去と変化したい心

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク

045 過去と変化したい心

 

 

 

ラビ:どこに行く?

〇〇:とりあえず、家に帰ってアルマからの
連絡まってようかな。

ラビ:わかった。
 
 
 
家に着き、車から降りた。
 
 
 
〇〇:送ってくれてありがとう。

ラビ:気にしないで。
お疲れ様。じゃあ、僕も家に帰るね。
またね!

〇〇:うん、またね!
 
 
 
てっきり、家に上がるのかな?って
思っていた私はラビの行動に驚いた。
 
 
 
最近、ラビは私との距離をおいているように
感じる。
 
 
 
それは、それでいいのだが、
何だかモヤッとした。
 
 
 
玄関に入ると大きな鏡がある。
それに映った自分の姿にギョっとした。
 
 
 
ここ最近、仕事で忙しかったからなのか、
あまりに男性が近くにいる生活が普通になって
気を抜いていたのか……。。。
 
 
 
なんだか、凄くダサくてモサい自分がいた。
 
 
 
鏡に映る自分と向き合っていると、
ヒナが声をかけてきた。
 
 
 
ヒナ:〇〇!?なにしてるの(笑)?

〇〇:あ、ヒナ。…なんか、私モサくない?

ヒナ:……そうしてたんじゃなくて?

〇〇:いや?

ヒナ:そうなんだ?てっきり男ウケ良いから
そうしてるのかと思ってたわ〜!

〇〇:えぇ〜、全然考えてなかった…。

ヒナ:そっかぁ。ねぇ、なんで気になったの?
もしかして、好きな人……。
え……まさか!ひまりいるから気にしてるの?

〇〇:いや…

ヒナ:ちょっと!何やってるの!?
あの人はもう過去の人でしょ?
今回も仕事だから、そうゆう事ないような
感じだから引き受けたんだよね!?
また戻るの?
韓国まで来たのに!?

〇〇:そうだよ?
ひまりは本当に何もないよ。
ちょっと、落ち着いて。
そうじゃないから。

ヒナ:ごめん。先走ったわ。
で、なんで急に気になりだしたの?

〇〇:たまたま鏡見て、思っただけ。
何ていうか…多分、最近事務所で仕事だから
かわいい女の子目にする機会もあって、
目が麻痺してるんだと思う。

ヒナ:あ〜、アイドルとかか。
その子達と自分を比べたら駄目だわ(笑)

〇〇:だよね(笑)
 
 
 
ブーブー(着信バイブ音)
 
 
 
 
 
ヒナは電話でな〜と言いながら、
頑張れよ〜みたいな感じで
手を振りながら自室へ戻っていった。
 
 
 
 
 
 
 
 

〇〇:『アルマ、鈴木さんとの話し終わったの?』

アルマ:『うん、終わった。おまたせ。
何処にいるの?』

〇〇:『家に帰ってるよ』

アルマ:『ラビは?』

〇〇:『自分の家に帰った』

アルマ:『お?そうなんだ?
じゃあ、迎えに行くね?』

〇〇:『分かった』
 
 
 
 
暫く待っていると、
アルマが車で迎えに来てくれ、
それに乗り込んで、アルマの家へ向かった。

 
車内はいつも何かと煩いアルマが
静かだった。
 
 
家につき、ソファーで暫く気まずい雰囲気が流れた。
 
 
アルマ:あのさ…

〇〇:うん?

アルマ:これは言う事じゃないかもしれないけど、
鈴木さんにさっき告白されたんだ。
一応言っておくね。

〇〇:うん。

アルマ:ビックリしたよね。本当に。
まさか鈴木さんが僕に好意をもってるなんて。
いや〜、本当にビックリだったよ。

〇〇:分かってたけどね。

アルマ:え!?本当に!?

〇〇:うん。アルマくらいだよ。
気付かなかったの。

アルマ:え!?

〇〇:それで?どうしたの?

アルマ:もちろん、断ったよ。
ありえないって。

〇〇:鈴木さんは?それで何だって?

アルマ:諦めませんって言ってたわ〜。

〇〇:アルマはどうするの?

アルマ:だから、ないって。
僕は〇〇が好きなんだよ?

〇〇:私が好きにならなかったら?

アルマ:それはその時に考える。
今は〇〇が近くにいてくれるだけでいい。
それ以上求めてくれたら、いつでも。
待ってるよ。

〇〇:うん…。
あのさ、鈴木さんはアルマから見てどんな人なの?

アルマ:彼女は可能性が凄くあるよ。
元々のビジュアルはもちろんだけど、
ダンスと歌はここ最近かなり伸びてるよ。
だから、僕なんかを見ないで、
もっと違う事に集中するべきだと思う。
彼女の本気をみてみたいよ。

〇〇:凄い子なんだね。

アルマ:そう思うよ。
 
 
 
なんだか自分から聞いておいて、
凄く落ち込んだ。
 
 
そして、そんな自分がもっと嫌になった。
 
 
  
アルマ:〇〇は特別。
僕だけを見ていてほしいって思ってるよ?

〇〇:ハハっ。ありがとう。

アルマ:…
 
 
 

(じーっとこっちをみている)
 
 
 
 
〇〇:何?

アルマ:嫉妬した?
 
 
 
アルマは少し口角をあげて、
ニヤッとし、頭を撫でてきた。
 
 

〇〇:う〜ん、嫉妬なのかな…?
ここに来る前に鏡を見て少し絶望してたから、
ビジュアルって言葉に敏感になったのかも…。

アルマ:(笑)
まぁ、ビジュアルは大切だよね!
〇〇だって気を使ってるじゃん。
美容室行ったり!

〇〇:まぁ…そうだけど。。。

アルマ:それよりさ、久しぶりにゲームしよう!

〇〇:そうだね。やろう〜!
 
 
 

それから、アルマとゲームをして
時間が過ぎた。
 
 
 
 

 
 
 
 
アルマ:ねぇ?
 
 
 
ゲーム画面に夢中になる私の肩を叩き、
耳元で呟いた。
 
 
横を振り返ると、
 
 
アルマとそのままキスを交わした。
 
 
〇〇:!?
 
 
 
一旦唇は離され、
 
 
アルマはこう言う
 
 
 
アルマ:〇〇はそのままで充分だよ?
だから、頑張らないで。
そして、これからも僕は
〇〇しかみてないよ。
それだけは信じてて。
 
 
 
そして、またキスをする。

 
 
 
私は本当にこのままでいいの?
 
 
このままだと、
 
 
みんなに

おいていかれる。
 
 
 
 
 
きっとそう。
 
 
 
 
幸せだと思って気を抜くと
 
 
 
それは突然なくなる。
 
 
 
 

だから、信じたくない。
 
 
 

アルマからの言葉が本心だったとしても、
信じたら、きっとなくなってしまう。
 
 
 
 
無い事が当たり前のようにしないと、
無くなった時に自分が耐えられないから。
 
 
 

アルマ:〇〇?大丈夫?
 
〇〇:ん?どうしたの?

アルマ:……何か飲み物持ってくるね。
 
 
 
アルマはそれ以上はせず、
キッチンの方へ消えて行った。
 
 
  
〇〇:(なんか、今日のアルマ少し変だな。
鈴木さんの事があったからかな?)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
飲み物を持ってアルマが戻ってきた。
 
 
アルマ:明日さ、打ち合わせだけだから
終わったら買い物いかない?

〇〇:うん。何か欲しいものあるの?

アルマ:うん。〇〇とお揃いの物なにかほしいな。
二人だけの。

〇〇:どうしたの?突然。
 
アルマ:ん?そう?前から思ってたんだ〜。

〇〇:そうなの?うん、行こうか。
 
 
 
 
それから、私達はゆっくりと
ゲームをして時間を過ごし、
眠りについた。
 
 
 
寝ている間、何度も目を醒ます。
 
アルマが頭を撫でたり、キスをするから。
 
 
寝ぼけながら見るアルマは何だか
悲しそうだった。
 
 
 
 
アルマを抱き寄せ、また眠りについた。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
〜翌朝〜事務所打ち合わせ〜
 
 
 
ひまり:明日の合同撮影は〇〇来なくて
大丈夫だから

〇〇:え!?どうして??

ひまり:ジュンスさんにも話し通してあるから

〇〇:だから、どうして!?

ひまり:…ゆうこさんこっちくるんだ。
急に来ることになって、伝えるの直前になった。
 
〇〇:……ッッッ!

ひまり:ごめん。。。
 
〇〇:謝ることじゃないよ。
私は大丈夫。じゃあ、明日は行かないね。
ちょっと、外にでて落ち着いてくるね。
 
 
 
パシッッッ
 

 
ひまりが手首を握って、私のはやる足を止めた。
 
 

ひまり:〇〇はゆうこさん嫌?
 
〇〇:……は?
嫌なのは向こうなんでしょう?
ひまりがゆうこさんをとったんじゃん。
……なんで、今こんな話?
仕事集中したいから、頭冷やしてくる!
 
 
 
 
 
バルコニーのような場所へ出て
動揺を落ち着かせた。
 
 
 
 
 

ゆうこさん。
 
 
 
私とひまりが別れる原因になった人物。
 
 
 
 
 
ただのメイクさん。
そう思っていた。
 
 
 
蓋をあけると、
日本の芸能界で人脈が凄くあり、
気に入られると、その人は芸能界で
華を咲かせられる。
 
 
逆に嫌われると、芸能界では
生きていく事が出来ない。
 
 
 
 
ひまりはマイナーの頃から、
ゆうこさんに気に入られていた。
 
 
 
 
 
 
 
—過去—

 
ある日、ひまりに言われた。

 
 
 
【ひまり:ゆうこさんが〇〇と別れろって。
  
 〇〇:嫌だ。ひまりはそんな事で私と別れるの?
 
 ひまり:別れたい。
 
 〇〇:……
 
 ひまり:じゃあ、元気でな】
 
 
 
 
 
嫌な記憶。
 
 
それから、ひまりは複数の女性に同じ事を言っていたみたいで、
ネットが荒れた事を後から知った。
  
 
 
自分意外にも彼女がいたのかな?
ゆうこさんって本当はどんな人なの?
色々ひまりに聞きたかった。
 
 
 
だけど、それを聞く事もできなかった。
 
 
 
今、こうして普通に話せているのが、
とても不思議だった。
 
 
 
それなのに…

 
 
 
 
何も変わってなかった。
 
 
 
 
 
 
大きなため息をつき、
気持ちを切り替えようとした。
 
 

 
〇〇:!!!!!!!!
 
 
 
 

後ろから誰かに思いっきり
抱きしめられた。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
スカイ:どうしたの?
 
 
スカイは腕を緩めることなく、
ギュッと抱きしめてくる。
 
 
 
今は少し、ありがたいと思い
その腕は解かなかった。
 

 
スカイ:ねぇ?どうしたの?
 
 
〇〇:ん?ないしょ〜
 
 
スカイ:そっか。突然だけど…
loveで〜す!
 
 
 

そう言って、悪戯に笑うスカイを
見ると何だか救われた気持ちになった。
 
 
スカイの頭をワシャワシャと撫でた。
 
 
  
スカイ:僕は犬?(笑)
でも、〇〇がなれって言ったらなるよ?
それで元気になる?
 
〇〇:ウソつけ(笑)
スカイは犬にならないよ。
元気だよ。ありがとう。

スカイ:あ、ねぇこの後暇?

〇〇:アルマと買い物いくよ。

スカイ:僕も一緒に行こう〜

〇〇:アルマに聞いて?
ねぇ、あと何かアルマ変じゃなかった?今日。

スカイ:…特に何も?

〇〇:そっか。
 
 
 
 
 
スカイと一緒に打ち合わせに戻ろうと、
バルコニーから廊下に戻った。
 
 
 
 
すると、練習生集団とすれ違った。
 
 
 
 
みんなスカイに深い挨拶をして、
すれ違った。
 
 
 
その時に
 
 
 
 
 
 
私だけに聞こえるように
 
 
 
 
 
 
耳元で誰かに囁かれた
 
 
 
 
 
 
 
 
 
???:調子にのるなよ、ブス
 
 
 
 
 
 
 
 
ドスの聞いた声で、一瞬誰か分からなかった。
 
 
 
 
声の方を見ると、
鈴木さんと目があった。
 
 
 
 
(今の声は鈴木さん?)
 
 
 
 

 
 
 
鈴木さんの顔を今一度確かめるように
見てみるが、
いつもの可愛らしい顔で、他の練習生達と
話していた。 
 
 
 
 
 
……何だったんだろ…
 
 
 
 
スカイ:〇〇?行くよ?

〇〇:あ、うん。
 
 
 
そして、仕事に戻り、
先程の自分の気持ちは押し殺して
通常通りに振る舞った。
 
 

退勤時間になり、
アルマは私を急かすように、
車へ乗せて、事務所を出発させた。

 
 
運転しているアルマに問いかけた。
 
 

〇〇:スカイは?
 
アルマ:来たいって言われたけど、
置いてきた(笑)
後でスカイの家に連れて行くね。
僕は……練習があるから…
 
〇〇:???そっか。
頑張ってね。

アルマ:何のお揃いがいいかな〜♪?
 
〇〇:思ったんだけど、アルマにもらった
エタニティリングのブラックダイヤver.とかないかな?

アルマ:おー!いいね!でも〇〇はそのままじゃん。
 
〇〇:これお気に入りだからいいの。
でも、アルマの凄く高いかな(汗)
 
アルマ:気にしないで!
じゃあ、それあるか見に行こう!!!
 
 

 
 
 
お店に着き、
店員さんに品物を出してもらうと、
丁度良い品があったので即決した。
 
 
 
 
アルマ:わぁ、僕に凄く似合う。

〇〇:本当に(笑)(^^)

アルマ:これで、2人だけでお揃いだね!

〇〇:うん。

アルマ:大切にする。

〇〇:うん?

アルマ:じゃあ、行こうか!
 
 
 
 

そして、弾丸だった買い物が終わり、
スカイの家のマンションで下ろしてもらい、
アルマは練習へ向かった。
 
 
 
 
 
スカイに連絡して、
マンション内に入れてもらい、
家へ入ると。

 
 
食べ物とお酒が何かのパーティーのように
お洒落に用意されていた。
 
 
〇〇:何これ?

スカイ:アルマヒョンに置いていかれたから、
色々準備してた(笑)
好きなものを飲み、お食べ〜

〇〇:え…どうしたの?
珍しく、私のお腹に優しいな(笑)

スカイ:ん?最近〇〇頑張ってるから。
ダイエットも頑張ってるでしょ?
今日は頑張らなくていいよ。
 
〇〇:そう?そんなに頑張ってないけど…(笑)

スカイ:いや、頑張ってるよ!

〇〇:じゃあ、いただきます(笑)

スカイ:うん!
 
 
 
スカイと乾杯をし、
飲み食べ始めた。
 
 
  
〇〇:明日撮影なのに、大丈夫なの?

スカイ:気にしないで!はい、乾杯!
 
 

きっと、スカイは何かに気付いてくれているんだろう。
 

 
その優しさに今も甘えている。
 
 

このままじゃ駄目なんだろうな。
 
 
 
強くなりたいな。
 
 
 
変わりたい。
 
 
 
どうしたら、いいのかな。
 
 
 
そう思い、
スカイと目を合わせて、
乾杯をした。
 
 
 

つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!