スポンサーリンク

#051 最後の夜2/3

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク

#051 最後の夜2/3

 

 

 

アルマは部屋に入ってきてから、
いつもの様子とは違かった。
 
 
  
それは、みんなで話していた時にも
感じてはいたが、アルマは無理をして
いつも通りにしていたので、
気にしないようにしていた。

 
 
〇〇:……。
물고기의 반대말은?(魚の反対語は?)

アルマ:불고기(プルコギ)←ギャグです

〇〇:(笑)

アルマ:なんだ急に(笑)

〇〇:いや、なんとなく(笑)

アルマ:や〜、こんな時にそれ言う!?
う〜ん、好き!

と、冗談ぽくアイドルポーズのハートを
してウィンクしてきた。

〇〇:ㅋㅋㅋㅋかわいい〜

アルマ:あたりまえ〜ㅋㅋㅋㅋ
 
 
 
そう言いながら、アルマの頬に涙がつたった。
 
 
 
 
それを私は優しく拭った。
 
 
 
 
アルマの涙は止まらなくなり、
いつもとは違う声色で
つまらせながら話した。
 
 
 
 
アルマ:ッッ…ずっと、、
こうしていたかった…ッッ

〇〇:……そうだね。

アルマ:ごめんなさい、、、。僕が鈴木さんを
もっと、、分かってあげていたら…、、ッッ

〇〇:アルマは何も悪くないよ。
きっと、タイミングが悪かったんだよ。
そして、甘えた私が1番悪い。

アルマ:…そんな事ない。
僕が…僕が、もっとしっかりしなくちゃいけないんだ…ッッ、、

〇〇:アルマ?落ち着いて?
しっかりしなくていいんだよ?
アルマらしく、やっていけば大丈夫だよ。

アルマ:それじゃあ、駄目だよ。
…駄目だったんだよ。

〇〇:……。

アルマ:〇〇を守れない僕はこれから
どうしたらいいの?

〇〇:守ってもらおうと思ってないよ。
アルマが、アルマらしくいてくれればいいよ。

アルマ:それは、どうして?

〇〇:頑張ってるのみんな知ってるから。
凄くストイックなのも、近くの人は気付いてるよ。
だから、アルマはそれ以上頑張らないで。

アルマ:……僕にはメンバーみたいに才能がないから。。。

〇〇:そんな事ない。
むしろ、アルマのありのままを出しても大丈夫なくらない、才能の塊だよ!?

アルマ:凄く褒められてる(笑)

〇〇:だから、自信もって!(笑)
私が褒めるんだよ!?(笑)

アルマ:や〜、ここにも自信家がいるよ!(笑)

〇〇:(笑) 

アルマ:(笑)

 
 
 
アルマの涙が、おさまり急に真顔で話し始めた。

 
 
 
アルマ:ずっと想ってる。
 
 
  
私の片手を両手で包み込みながら、
言った。
  
  
  
〇〇:うん…。

アルマ:僕は正直もう全部辞めて
〇〇と一緒に日本に行きたいけど、
それは違うと思うし、支えてくれてる方達に
失礼だから。。。
まだ許して貰えるなら、またステージに立っていたい。

〇〇:うん。応援してる。

アルマ:〇〇ならどこにいても、見てくれるよね。
そう思ってる。

〇〇:うん。

アルマ:ねぇ、キスしていい?
 
 
 
 
窓から差す月光に照らされてる
顔がすごく綺麗だった。
 
 
  
こんなに美しいと思う顔を
最後に見たくない…。
 
 
 
そう思って、目を閉じ
心に必死に鍵をかけた。
 
 
 
 
いつも通りの優しいキスと、
少し固いアルマの手は、
力強く私を抱いた。
 
 
 
抱き返したら、きっといつも通り。
 
  
 
だから、自分の手はギュッと握ったままにした。
 
 
 
唇から離れるその身体は小さく震えていた。
 
 
 
守れない私はその頭を撫でるのが精一杯だった。
 
 

〇〇:頑張ってる姿見れるの楽しみにしてるね。

アルマ:うん。
 
 
 
 
 
 
 
トントン
トントン
トントン

 
 
ヒナ:すみませ〜ん!
次の人行きますね!
 
 
 
アルマ:じゃあ、またね。
一応、ポケモンは韓国版買ってね。

〇〇:うん(笑)
 
 
 
 
アルマが部屋を出ると、
ラビが入ってきた。
 
 
 
 
ヒナ:変な事しないでよね!
 
 
 
ラビはヒナを無言で見て、
扉を閉めた。
 
 
 
少しだけ身構える私にラビは
口角をあげて、微笑んだ。
 
 
 
 
ラビ:まだ怖い?(笑)

〇〇:う〜ん、どうだろう(笑)

ラビ:そっか。。。

〇〇:久しぶりだね。2人きりで話すの。

ラビ:うん。その時間が
今日までにあって良かった。

〇〇:???

ラビ:前までは好きだったら、
自分のものみたいな見方でいたんだ、正直。
それが正解だと思ってた。
好きだから、頻繁に連絡するのが普通だし、
他の男と話すのが許せないし、
常に一緒にいたかった。
自分の痕を残すのも、愛情だと思ってた。

〇〇:うん…。

ラビ:でも自分の好きを伝えるより、
相手を知る時間も楽しかった。
それでね、〇〇?

〇〇:なに?

ラビ:おいで。
 
 
ラビは私の部屋にある、
二人がけの小さなソファーに座って言った。
 
 
 
私はラビの隣に座った。
 
 
  
ラビ:泣いていいんだよ。

〇〇:……え?

ラビ:一生懸命にいつも頑張ってて、
気を使って、今も1番良い選択を頭をフルに回転しながら、冷静を装って、嘘をついて笑ってる。

〇〇:……

ラビ:ただ、泣いていいんだよ…

 
 
 
その瞬間、私の目からありえないくらいに
涙が溢れた。
 
頭の中は驚いているのに…。
涙は全然止まらない。
 
 
  
ラビ:全部置いていって。
悲しい事。悔しい事。
 
〇〇:ぅっ…ぅ〜
 
 
 
何故かよく分からない感情が爆発して、
変な声で泣いてしまう。
 
 
 
ラビ:そして、いつか絶対に迎えに行くから。
 
〇〇:……

ラビ:今回の事で思ったんだ。
今じゃ周りから祝福されない。
そんな状況で一緒になっても、
〇〇が辛いだけなのかなって。

〇〇:……ぅうっ…

ラビ:だから、そうゆうタイミングまで
待とうかなって。
それまでは、一生懸命目の前の課題を
頑張ってみようかなって。
 
 
 
そう言ったラビは、
すごくキラキラしていた。
 
 
 
〇〇:…頑張ってね。

ラビ:うん。ありがとう。
僕も〇〇を応援してる。

〇〇:うん。ありがとう。
…なんか、ラビ変わったね?

ラビ:変えてくれたのは〇〇だよ。
少し視点を変えたら、
物凄く色んなものが見えた。
自分勝手だったんだなって…。
過去にヒョンや事務所の人達から言われた事も
理解できるようになったんだ。

〇〇:私…ラビの良いところ
無くしちゃったかも。。。
ごめんね。

ラビ:ううん。
〇〇とここまで話せるようになって、
ちゃんと向き合えて嬉しい。
 
 
 
ラビは綺麗なままで
いてほしかった。
感情に素直であってほしかった。
 
 
でも、それは私のエゴであって、
実際に今のラビは凄く魅力的に見えた。
 
 
 
消えちゃいそうで、
見守ってあげなくちゃいけないと
思っていたのに。。。
 
 
こんなにも、頼もしい。
 
 
 
ラビ:少し前までは、〇〇が側にいない日は
色んな感情が湧き出て辛かった。

〇〇:うん。

ラビ:でも、それも今は綺麗な物語になりそうで。
なんかこう……心強い?んだよね。
〇〇の事考えてる時間が。

〇〇:そうなんだ……。

ラビ:〇〇が本当に拒否しない限り、
何処にいても見つけてみせるよ。
そんな僕は、まだ怖い?
 
 
そう言い、真っ直ぐに見つめる
瞳にドキッとした。
  
 
ラビ:離れてもずっと愛してるよ。
これは変らない。
〇〇が嫌でもね。
 
〇〇:……

ラビ:嫌じゃないけど、言えないよね?

〇〇:……ッッッ!

ラビ:最近、観察しすぎたのかな?
〇〇の感情が分かるみたい?笑
 
 
 
ラビは意地悪そうに少し口角をあげて、
ニヤリと目線を合わせながら
顔を近づけてきた。

ラビ:綺麗だよ。
 
〇〇:…////からかわないでよ…

ラビ:本当に。

〇〇:もう…///////

ラビ:僕の夢はこれを毎朝言いたいよ。
早くその時になればいいのに。
 
 
 
また、意地悪そうな顔を近くでして、
短いキスをいきなりした。
 
 
 
ラビ:愛してるよ
 
 
そうして、強く深いキスを
受け入れてしまう。
 
 
 

この瞬間を忘れないでいよう。
 
 

綺麗なままで。。。
 
 
 
ラビは少し寂しい表情をしたが、
強い眼差しで、また言った。
 
 
ラビ:タイミングが来たら必ず迎えに行くから。
 
 
 
微笑み返すのが、精一杯だ。
 

 
待つことなんて、許されない。
 
 
また、誰かが傷つく事になるのだから。
 
 
 
でも…
 
 
〇〇:ありがとう(^^)
 
 
 
 
 
 
 
(幸せになって)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トントントントン
 
 
ジュンス:そろそろ、ホテル移動しますよ〜
 
 
 
ヒナかと思ったらジュンスさんだった。
 
 

ラビと一緒にリビングに行き、
また少しだけ、みんなで話した。
 
 
 
 
キラ:てかさ、ここのマンションノーマークだったら、このまま泊まってよくない?

ヒナ:君が言う?(笑)

ジュンス:まぁ…そうなんですが…、
事務所が用意したホテルに行かないと…。
 
キラ:う〜ん、事務所がダミーで用意したって話にしておくこと出来ないかな?
集まってる記者とかには。
どうせ、ホテル行ってもここに来るよ。
この人達(笑)

ジュンス:そうですね…。
まぁ、みなさん明日に支障ないように
過ごしてくれるなら、良いでしょう。

ジョイ:なんだよ〜。。。
〇〇の隣は僕が予約済だからね。

ラビ:ぬけがけ〜。

ジョイ:お前に言われたくない〜。
 
 
 
そう言い合いながら、ジョイとラビは私の部屋に
入っていった。
 
 
  
ヒナ:相変わらずだな…
 
〇〇:本当に(笑)
 
 
 
いつもなら、心配するけど、
今日はこんな雰囲気も不思議と
笑えた。
 
 
 
ヒナ:あんたは、いつ寝に行くの?
 
 
 
リビングに来てから、私をソファーに座らせ、
ずっと片手で私の腰を抱いて座ってるスカイに
話しかけた。
 
 
スカイ:〇〇と一緒に行くけど?

〇〇:私もそろそろ寝ようかな。
ジュンスさん事務所は大丈夫そうですか?

ジュンス:うん。大丈夫だよ。
良く寝てください。
今日は本当にお疲れ様でした。
 
ヒナ:スカイは先に行ってて。
私も〇〇と話したいから。

スカイ:…分かりました〜
 
 
 

それから、ジュンスさんは明日の朝また来ると言い
事務所が用意したホテルへ向かった。
 
  
キラはヒナの部屋に行き、アルマは客間として
使っていない部屋に行った。
 
 
ヒナ:も〜、〇〇と朝まで語り合いたかったのに〜。キラが変なこと言ってごめんね!

〇〇:ううん。あの場はキラがああやって
言わなきゃ、グダグダな変な空気になってたよ。
ありがとうって伝えておいて。

ヒナ:は〜い。ところで〇〇は大丈夫なの?
私には何でも話してね? 
 
ヒナとお酒を交わしながら、
話しはじめた。
 
 
 
つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!