スポンサーリンク

#055 ◆最終回◆

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク

#055 ◆最終回◆

 

 

 

あれから、ヒナからいつ韓国へ来るのかと
催促の連絡が頻繁に来る。
 
 
仕事のキリが良くなってきたので、
1週間後にいくことに決めた。
 
 
 
プルルルルル
 
 
 
弟からの連絡が珍しくきた。
 
 
〇〇:何?どうしたの?

弟:………ねぇちゃんさぁ、、、
何かヤバイ人達とつるんでない?

〇〇:え?(笑)どうゆうこと?

弟:何回かさ、変な兄ちゃんがインターホン押すんだよ。。。ハット深く被って怪しい奴だから、ずっと無視してたんだけどさ。。。
何年か前にも何回か来て、暫く来なかったんだけど、ここ最近また来るようになったんだよ……。

〇〇:……え?どんな感じの人?

弟:帽子被ってるから良く分からないけど、雰囲気がチャラそうなんだって!でさ、この前はスーツのインテリヤクザみたいなのと一緒でさぁ〜…。。。
本当に怖いんだけど、知り合いなの?
何か毎回手紙入ってるから、捨ててるんだけど。

〇〇:ぇええ!?ちょっと!早く教えてよ!

弟:だって、ねぇちゃんの知り合いだったら
実家にいる事分かってるでしょ?
そもそも、ここに来る事が変だから、
何かヤバイ奴かと思って〜〜。
で、誰なの?
一応、この前の手紙は残ってるよ〜

〇〇:……ちょっと、そっち行くね
 
 
 
そう言い、弟に引き渡した昔の部屋へ
足を運んだ。
 
 
恐らく来たのは、スカイだと思う。
インテリヤクザ?はジュンスさん?
だとしたら仕事の連絡の時に
教えてくれそうだけどな…。
 
 
そうして、旧私の家に着き、
インターホンの録画を確認した。
 
 
 
 
 
 

やっぱり、スカイだった。
そして、隣はジュンスさんだった。

 
 
 
 
 
不思議に思い、手紙を確認した。
 
 
 
そこには短く、
 
 
”元気にしてますか?と、
アルマヒョンが大変だから
手伝ってほしい。 byスカイ”

とだけ韓国語で書いてあった。
 
 
 
 
 

(アルマ?)
 
 
 

ますます謎が深まり、
とりあえずジュンスさんへ連絡した。
 
 
 

ジュンス:こうやって連絡が来るまで
黙っておこうと思っていました。

〇〇:???  アルマがどうしたんですか?

ジュンス:…実は最近、精神的に凄く辛いみたいで、
常に寝たきりな状態が続いています。。。

〇〇:少し痩せたなとは思いましたが、
映像見る限り、普通な感じに見えますけど?

ジュンス:仕事中は頑張っていますが、
いつ緊張の糸が切れるか分かりません。。。
 
〇〇:………そんなに悪いんですか?

ジュンス:…………はい。深く寝れた時は常に〇〇さんの
名前を言い続けたりしています……。

〇〇:………。

ジュンス:でも、アルマが乗り越えなくちゃいけない事だと思います。
だから、〇〇さんは自分の道を進んで下さい。

〇〇:………。
いえ、行きます。
すぐ、仕事を終わらせて向かいます!
 
 
 
それから、私は何をやったのか、
 
仕事をちゃんと終わらせたのか
分からないくらいに、
 
地に足がついていない感覚のまま、
韓国へ着いた。
 
 
どうやって来たのか、
何を準備してきたのかも
覚えていないくらいだった。
 
 
 
ジュンスさんはその日の内に来た
私にビックリしていた。
 
 

そして、空港まで迎えにきてくれて、
向かった先は病院だった。。。
 
 
 
〇〇:………入院するほど、悪いんですか?

ジュンス:…念の為、一応です。

〇〇:………
 
 
ジュンスさんに案内され、
病室へ入ると、アルマが寝ていた。
 
 
映像で見ていたアルマよりも
痩せたアルマがそこにはいた。

〇〇:……ご飯はちゃんと食べれているんですか?

ジュンス:あまり……。

 
 
(ごめんね。酷い事しちゃったね。)
 
 
(ちゃんと、言えばよかったよね。)
 
 
(もう、寂しくさせないからね。)
 

アルマの頭をそっと撫でようとした瞬間 
 
 
 
 
 
 
 
!!!ガシャン!!!!!!!!!!!!!!
 
 
 
 
 
 
後ろで花瓶の割れる音がした。
 
 
 

振り返ると、鈴木さんが花瓶を落としたまま、
私を見ていた。
 
 
 
そして、そのまま凄い勢いで
こちらへ近づいてきた。

 
 
 
鈴木:今更何ですか!?!?!?!?!?

〇〇:……すみません…

ジュンス:鈴木さんこそ、まだここへ来るつもりですか?
 
鈴木:…ッッッ
 
 
 
 
 
 
アルマ:……〇〇?
 
 
 
 
 

懐かしくもあり、
力のないその声の方を向いた。
 
 
 

アルマ:………僕は幻覚を見るくらい、可笑しくなっちゃったの?
 
 
真面目に怖怖とジュンスさんに聞くアルマを
見て、思わず足がアルマへと向かい手を取る。
 
 
 
〇〇:ごめんね。現実だよ。
私、会いたくて来ちゃった。
 
 
 
そう言いながら、泣いてしまった。
泣く資格なんてないのに………。
 
 
 
それをアルマは優しく拭う。
 
 
 
アルマ:知り合った頃みたいだね。
 
 
アルマは力なく微笑んだ。
 
 
〇〇:うん。
私、あの日からアルマに助けてもらっていたのに。。。
それを自分の成長と勘違いして、
アルマに何も出来ないままいなくなっちゃって、
ごめんね。。。

アルマ:助けたことなんてないし、
そんな事ないよ?

〇〇:ううん。沢山助けてもらったよ。
それでね、1人で勝手に消えて思ったんだ。
綺麗な景色をみたら、
アルマに見せたいって思ったし、
ゲームを始めようとすると、
アルマと一緒じゃなきゃつまらなくて
すぐ辞めちゃうし、
料理もついアルマと一緒に作ろうって
考えちゃっててさ、、、。
常にアルマと一緒だったんだなって。
だからね、最近会いたくてたまらなかった。
自分の気持ちに気づくのが、
遅すぎてごめんなさい。
 
 
 
 

私は姿勢を正し、お辞儀をした後、
アルマの手を再び強く握り、
続けて話し始めた。
 
 
 
 
〇〇:私、アルマの事が好きです。
こっちに……アルマの側に戻ってきていいかな?
 
 
 
泣きたくないのに、涙が止まらなく出てくる。
 
 
 
アルマ:もちろんだよ。

 
 
そう言い、アルマは身体を私の方へ寄せて来て、
キスをした。
 
 
 
長く優しいキス。
 
 
 
 
 
アルマと目が合い、その目は力強く感じた。
 
 
 
 
ジュンスさんと鈴木さんはいつの間にか
いなくなっていた…… 
 
 
 
 
 
〜数ヶ月後〜
 
 
ガチャ
(玄関の開く音)
 
 
 
アルマ:マイハニー!ただいま!

〇〇:あ、おかえり〜!

スカイ:お腹すいたぁ〜〜〜
 
 
〇〇:今日はね、この前アルマが釣ってきた
タイを昆布締めにして、酒蒸しにしてみたよ〜✨
 
スカイ:お〜!美味しそう!

アルマ:本当だね〜!って、いつまでお前は
家にいるんだ!?

スカイ:ずっとですよ〜

アルマ:や〜、それは困るよ〜。
 
 
と、言いつつ、スカイの食器等を準備する。
 
 
スカイ:アルマヒョン、早くヒョン達と仲直りして
下さいね〜。やりにくいよ〜。

アルマ:それは彼奴等が話してくれなきゃ無理だよ〜
 
 
 
あれから、アルマは順調に回復し、
普通に戻り、通常運転になった。
 
 
 

その回復力は凄く、ジュンスさんに感謝されたが、
恐らく鈴木さんから逃れられたのが、
大きな原因だろう。
 
 

鈴木さんは流出事件後、
事務所から契約を切られ、
アルマのストーカーになっていたらしい。
 
 
 
だが、自殺未遂をした鈴木さんの事を
無下に出来なく、アルマはそのまま
深い闇に飲み込まれそうになっていた。
 
 
戻ってきたあの日、ジュンスさんが厳しく
鈴木さんを叱ったらしい。
 
 
そして、私も後日鈴木さんと会い、
謝罪と話し合いをした。
 
 
それから、ストーカー行為もなくなり、
今現在の日々が続いている。
 
 
ただ、付き合う事をメンバーに話した日から
ラビとジョイとは険悪になってしまったみたいだ。
けれど、それほど気にするような事ではないとアルマは言う。
 
そして、スカイは何故か私とアルマが暮らしている家に
毎日いる。
 
 
 
 ੈ✩‧₊˚ ੈ✩‧₊˚ ੈ✩‧₊˚ ੈ✩‧₊˚ ੈ✩‧₊˚ ੈ✩‧₊˚ ੈ✩‧₊˚ ੈ✩‧₊˚ ੈ
✩‧₊˚* *  ੈ✩‧₊˚*  ੈ✩‧₊˚*
 ੈ✩‧₊˚*  ੈ✩‧₊˚*  ੈ
✩‧₊˚ ੈ✩‧₊˚*  ੈ
✩‧₊˚*
 ੈ✩‧₊˚*
 ੈ✩‧₊˚* 
 
 
 
アルマの肩に寄りかかりながら、
ゲームをする空間が何よりも幸せな時間。
 
 
ゲームに夢中になっている横顔が、
ふと私に気付き、軽くポッポをする。
 
そして、またゲームをし始めるが、
彼の耳が赤い。
 
それを笑うと、延々と愚痴愚痴言ってくる。
 
 
 

この愛しい空間を、何と呼べばいいのだろうか。
 
 

あの日、私を気にかけてくれて、ありがとう。
 
好きになってくれて、ありがとう。
 
  
運命の人は優しくいつも隣にいました。
 
 
 
おわり
¨Thank you•.¸¸☆*・゚

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!