スポンサーリンク

#038 再会

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク

#038 再会

 

 

 

マネージャーのジュンスさんとの
打ち合わせの為に
事務所の会議室へ着いた。
 
 
 

コンコン
ガチャ
 
 

ジュンスさんが扉を開けて入って来た。
 
 
 

ジュンス:お久しぶりです。
お元気でしたか?
今日は事務所まで来ていただき、
有難うございます。

〇〇:お久しぶりです。
はい、元気です。
いえ、お気になさらないでください。
 
 
 
ジュンスさんは向かいの席に座り、
書類を渡しながら話し始めた。
 
 
 
ジュンス:少し内容は伝えてはいましたが、
今度、日本のアーティストの方と
コラボすることになっていて、
それの通訳をお願いしたいと思っていまして。
こちらが、スケジュールなんですが、
大丈夫そうでしょうか?
 
 
 

書類をみると、、、
  
  
  
  
コラボアーティストに固まってしまった、、、
  
  
  
 
  
  
  

 
コラボアーティスト:『ひまり』
  
  
  
  
  
  
  
  
 
ジュンス:……あの、大丈夫ですか?

〇〇:あ…はい…。

ジュンス:スケジュールが少しハードでしょうか?

〇〇:いえ、スケジュールは大丈夫です。
ただ…

ジュンス:何か問題ありましたか?

〇〇:アーティストが…。
その〜、言いにくいのですが、、、
元彼なんです。

ジュンス:なんと!!!!!

〇〇:別れてから、一度も会ってないですし、
お互い気まずいと思うので、
この話はお受けできません。
お力になれなくて、すみません。

ジュンス:いえいえ。では、引き続き今までの
翻訳のお仕事をお願い致します。
それと、すみません。
これから、ひまりさんが顔合わせの為に、
こちらに来る予定なんですよ(^_^;)
なので、急いで退勤しましょう!

〇〇:え!?はい!
  
  
  
  
  
コンコン
  
  
  
 
 
  
事務所スタッフ:ひまりさんが
お見えになりました。
  
  
  
  
ジュンスさんと目を合わせ、
ジュンスさんはすみませんと
ジェスチャーをした。
  
  
  
  
ガチャ
  
  
 
    
  
ひまりが入ってきた。
  

 
私にすぐ気付き、ビックリした顔をしていた。
 
   
 
   
 
 
 
ジュンス:ひ、ひまりさん!
今日はお越しいただき、有難うございます。
スケジュールの説明をするので、
どうぞこちらへ!
 
 
 
ジュンスさんは自分の隣にひまりを来るように
案内をした。
 
 
 
ジュンス:前の会議が長引いてしまって、
すみません。
今、スタッフ退出いたしますので。
〇〇さん、今日は有難うございました。
 
 
 

ジュンスさんは私を会議室から
出やすいようにしてくれた。
 
 
 
〇〇:はい、有難うございました。
 
 
 
私はそそくさと、その場を去ろうとした。
 
 
 
ひまり:〇〇、なんでここにいるんだ?

〇〇:あ、お久しぶりです。
今、ここで働かせてもらってます。

ひまり:そうなんだ。もしかして、
通訳の人って〇〇?

〇〇:違います。では、失礼します。

ひまり:ちょっと、待って。
 
 
 
ひまりが、足早に去ろうとする
私の腕をつかんだ。
 
 
 

ひまり:ジュンスさん、通訳の方ってもう決まってますか?

ジュンス:いえ、まだです…。

ひまり:じゃあ、こいつにやってもらっていいですか?

〇〇:!?

ジュンス:!?

ジュンス:あの〜……、お二人は知り合いなんでしょうか?

ひまり:はい。少し色々ありましたが、
慣れてる人がいると安心感あるので、お願いします。

ジュンス:そうですか……。
…〇〇さん?どうですか?

ひまり:〇〇、忙しい?それとも嫌?
俺はお願いしたいんだけど。

〇〇:ひまりさんが気まずくなければ、
お受けします。。。

ひまり:じゃあ、お願いします。

ジュンス:…わかりました。
 
 
 
そして、ひまりと私は隣同士に座り、
ジュンスさんと打ち合わせをした。

—–打合せ終了—–
 
 
 
 
ジュンス:それでは、有難うございました。
これから宜しくお願いします。
外までお送りします。

ひまり:こちらこそです。
送りは大丈夫です。有難うございます。
〇〇、これから暇?
少し話そう?

〇〇:少しだったら、大丈夫だよ。
 
 
 
私達は事務所を後にし、
近くのカフェへ入った。
 
 
 
 
ひまり:久しぶり。
どうしてたかは、聞かないよ。
ただ、何で韓国にいるのか知りたいと思って。

〇〇:知り合いの紹介で、
今の仕事紹介してもらってて、
韓国に来たの。

ひまり:そうなんだ。
世の中狭いな。

〇〇:本当に。

ひまり:今日は有難う。
海外アーティストと初めてコラボするから、
緊張してたんだ。
知り合いいると、心強い。

〇〇:私なんかで良ければ。
 
  
  
  
  
冷静に答えた。
 
 
先程の打ち合わせから、
 
 
 
 
泣きそうな感情と、
嬉しい感情と、
責めたい感情と、
少しだけ見返したい感情が、
心の中で、随分うるさい。
 
 
 
だけど、それを悟られたくなくて、
冷静を装った。
 
  
  
  
  
ブーブー
  
  
 
  
私の携帯が鳴った。
  
 
 
 
ひまり:とりなよ。

〇〇:うん。

〇〇:『スカイ、どうしたの?』

スカイ:『今事務所の作業室で作業してたんだけど、
ジュンスさんが凄く疲れてるの発見して、
事情を聞いたから連絡した。今どこ?』

〇〇:『近くのカフェにいるよ』

スカイ:『1人?ひまりさんもいるの?』

〇〇:『いるよ』

スカイ:『今からそっちいくから。
ひまりさんに説明しておいて。』

〇〇:『わかった。』
 
 
 
そして、電話が切れた。
  
  
  
  
〇〇:今からコラボするLunaのスカイって方が
こっちに来るって。

ひまり:そんな仲良いの?

〇〇:うん。

ひまり:へぇ〜。
韓国の美味しい店教えて?

〇〇:分かった。ラインで地図共有するね。
あ、、、、ライン削除してたんだ。

ひまり:はい。
 
 

携帯を差し出された。
 
 

〇〇:……ありがとう。
 
 
 
 
登録し終わったところにスカイがカフェへ
入ってきた。
 
 
 
スカイ:〇〇!

〇〇:スカイ!今日事務所にいたんだね。

スカイ:うん。
はじめまして。
今度コラボさせていただく、
Lunaのスカイです。

ひまり:ひまりです。
宜しくお願い致します。

スカイ:宜しくお願い致します。
  
 
  
スカイは私の隣に座り、
普段と変わらない感じで話し始めた。
 
 
 

スカイ:今日はこの後何かあるの?

〇〇:美容室行ってから、
アルマと会う予定だよ。

スカイ:アルマヒョン?僕も行こうかな。

〇〇:アルマに聞いて〜。

スカイ:分かった〜。
明日さ、スケジュール急にオフになったから、
どっか行こうよ!

〇〇:大丈夫なの?

スカイ:うん!

ひまり:お二人は付き合ってるんですか?

スカイ:そうなりたいですね。

ひまり:そうですか。へぇ〜。
 
 
 
スカイの言葉にも驚くし、
ひまりの態度も気になってしまう、
この空気感に耐えられなく、
話題を反らした。
 
 
 

〇〇:そういえば!
スカイさ、美味しいお店知ってる?
ひまりさんに教えてあげてよ!

スカイ:いいですよ〜。

ひまり:有難うございます。

スカイ:食べ物何が好きですか?

ひまり:韓国料理だと、トッポギが好きです。

スカイ:そうなんですね。当たり外れあるんで、
美味しいお店共有しますね!
連絡先交換しましょう!

ひまり:〇〇、送っといて。

〇〇:うん。
スカイ送ったよ。

スカイ:ありがとう。共有しました!

〇〇:そろそろ、次の予定があるので、
失礼していいかな?

スカイ:僕も事務所戻ろ〜。
ひまりさん、今後宜しくお願い致します。

ひまり:宜しくお願い致します。

〇〇:私も改めて、宜しくお願い致します。

スカイ:お会計やるから、2人で外出てて。

〇〇:ありがとう。
 
 
 

そして、カフェを出て、
外でみんなとバイバイをした。
 
  
  
  
 
  
  
足早に歩き、タクシーに乗った。
 
 

そして、深呼吸をして、
外の景色をボーッと眺めた。
 
 
 

広いと思っている世界が
狭く感じた。
 
 
 

そして、
ひまりとの日々を思い出した。
 
 
 

続くと思っていた幸せだった日々。。。
 
 

もう、私にはそれはないけど。。。
 
 
 
  
  
 
また、会えた。
  
 
  
 
  
  
  
ボーッとしながら、
家に着いた。
 
 
 

リビングに入ると、
ヒナがいた。
 
 
 

ヒナ:…あれ?今日美容院だって
言ってなかったっけ?

〇〇:……あ、そうだった。。
もう、いいや。キャンセルしよう。
はぁ〜…。

ヒナ:どうした?
 
 

ヒナに事情を説明した。
 
 
 
 
 
ヒナ:お疲れ様だわ〜。
仕事引き受けるの?
そんなんで大丈夫なの?

〇〇:うん。もう、ヒナに話したから、
私の中で整理ついた。

ヒナ:そう?
辛かったら、私が空いてる日だったら、
変わるからね。
無理しないでね。

〇〇:うん、ありがとう。

 
 
 
そして、元気がなく、美容院に行けなかった
私を気遣って、ヒナはヘアアレンジしてくれた。
 
 
 

器用なヒナはとても可愛い髪型にしてくれ、
服も選んでくれ、メイクも直してくれた。
 
 
 

〇〇:ヒナやっぱ凄いわ〜。
鏡見るの苦じゃない!

ヒナ:私も楽しい〜☆
〇〇、可愛いぞ〜!
これから、アルマと会うんでしょ?
まーた、ゲーム三昧か?(笑)
楽しんで来なね!

〇〇:うん、ありがとう!
 
  
 
そして、アルマの家へ向かった。
 
つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!