スポンサーリンク

#039 let loose

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク

#039 let loose

 

 

 

アルマの家に着くと、
スカイも先にいて、
アルマとお酒を軽く飲んでいた。
 
 
 

アルマ:お疲れ様。
今日は大変だったみたいだね。

〇〇:うん。スカイに色々聞いたのかな?

アルマ:うん。少しだけ。
〇〇から後から聞こうかなって
思ってたんだけど、話してくれる?

〇〇:うん。
今回コラボするひまりって方が、
私の元彼なんだ。
それは聞いたかな?

アルマ:うん。それでその仕事
本当に大丈夫そう?

〇〇:うん。

アルマ:精神的にも?

〇〇:うん。
初めはどうしようって思ったけど、もう平気。

アルマ:そっか。〇〇が大丈夫なら、
任せるよ。

〇〇:ありがとう。

アルマ:僕達もひまりさんの事は
元彼とかそういった目線では見ないから、
安心してね。

〇〇:うん。ありがとう。

スカイ:話した感じも、悪い人じゃなかったよ。

アルマ:〇〇が付き合ってたんだから、
悪い人じゃないんじゃないかな。

スカイ:それより、〇〇の髪型と格好どうしたの?
ヒョンと会うから、気合い入れてきたの?

〇〇:違うよ!
これはヒナにやってもらったの。
美容室行く気力がなかったから、
ヒナが気分転換でやってくれたの。

アルマ:違うよの勢いに、少しだけ悲しいけど(笑)
綺麗だよ。いつも可愛いけどね(^_-)-☆

スカイ:絶対アルマヒョン
気付いてなかったでしょ。

〇〇:私もそう思う(笑)

アルマ:や〜、酷いな〜。気づいてたよ!
いつもはナチュラルで可愛いけど、
今日は少しクルッとして結んでいて、
メイクもいつもよりキラキラしていて、
服もいつもより色がある感じがするよ。
 
 
と、早口で言い切ったあと、

アルマ:ところで、
明日どこか行きたい場所はある?

  
 
 
〇〇&スカイ:ㅋㅋㅋ

アルマ:もしあれだったら、
みんなで朝から釣りに行く?僕の船で。

スカイ:いいですねぇ〜。釣りはしないけど、
船でゆっくりしようかな。

〇〇:釣りはじめてやる〜

アルマ:じゃあ、行こう!
少し準備の連絡してくるね!
 
 

そしてアルマは何処かに電話をかけながら
違う部屋へ行った。
  
  
  
  
  
  
残されたスカイと私は
向かい合って座り、
お酒を飲み始めた。
 
 
 
スカイがタコの唐揚げのおつまみを、
私の口に押しあててきた。
 
 

スカイ:これ、ヒョンと一緒に作らされた。
美味しいよ。

〇〇:ん。本当に美味しい。
明日タコも釣れるかな?
そしたら、また作ってよ。

スカイ:…タコって釣るの?

〇〇:……あ、、たしかに…。
 
 
 

スカイはスマホで調べた。
 
 
 

スカイ:わぁ、釣れるっぽいよ。

〇〇:ほんとに〜!じゃあ、頑張ろう!
  
  
 
そう話していると、
アルマが釣りジャケットを
持って部屋に入ってきた。
 
 
 
アルマ:〇〇、これ大きいかな?
 
 

着てみると、大きかったが、
着れないことはなかった。
 
 
 
アルマ:じゃあ、明日はこれ着ていこう!!!

〇〇:………。
(…物凄くダサいけど、アルマ楽しそうだし、
着るか……)
 
 
 

スカイはそんな私を見て、笑いを堪えていた。
 
  
  
  
アルマ:お、これ(たこの唐揚げ)食べた?
美味しいでしょ!

〇〇:うん、凄く美味しい!
 
 
 
そうして、私達はまた飲み食いして、
寝る支度を始めた。
 
  
 
 
 
 
アルマ:じゃあ、お前は向こうの部屋ね。
 
 
 
スカイにそう言って、
私の手を繋ぎ寝室へ向かった。
 
 
 

スカイ:いやいや、みんなで寝ましょうよ。

アルマ:明日は早いんだから
しっかり寝なくちゃ!

スカイ:じゃあ、〇〇は僕と寝ます。
よく寝れるので。

アルマ:それは駄目だよ〜。

スカイ:じゃあ、一緒に寝ます。

アルマ:…わかったよ。。。
  
  
  
そして、3人でベッドに横になった。
  
   
 
  
  
  
アルマ   スカイ    〇〇
  
  
  
   
  
  
アルマ:おい、なんでお前が真ん中なんだ?

スカイ:www(笑)
 
  
  
  
一悶着あったが、結局私を真ん中にして、
話しながらいつの間にか眠りについた。
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
  
−−−−翌日−−−−
  
 
  
まだ暗い道中をアルマの運転する車で、
海に着いた。

おじさんが、こちらに向かって手を振っていた。
 
 
 

アルマ:船長!突然連絡してお願い聞いてもらい、
ありがとうございます。
今日は宜しくお願いします。

おじさん:いいよ!気にしないで!
 
 
 

おじさんは船をアルマの代わりに
管理もしてくれていて、
船も運転してくれる方だった。
 
  
船が出発し、釣りスポットまで来ると、
アルマと船長さんに、
竿の扱い方をレクチャーしてもらい、
釣りをはじめた。
 
 
 
段々と周りが明るくなってくる景色が
凄く綺麗で、感動した。
 
 
 
そして、釣りジャケットのポケットに
何個もカイロが入れられていて、
寒くなかった。
さりげない優しさが身に沁みた。
 
 
 

そんな風に思っていたら、
竿がピクピクし始めた!!
 
 
  

慎重にリールを巻き、アルマも近くにきて、
リールを巻く瞬間や、弱める瞬間を教えてくれた。
 
 
 

そして初めて魚を釣り上げた🐟!!!!!
 
 
 

めちゃめちゃ重い感じがしたのに、
釣れたのはアジだった。
 
 
 

それでも、凄い達成感があり、
久しぶりにはしゃいだ。
  
 
   
 
〇〇:凄い✨みてみて〜✨
私が釣ったよ〜😆

アルマ:本当に凄いよ!
リールも上手だったよ!
 
 
 

それから、調子に乗り、
アジを何匹か釣った。
 
 
 
スカイはヒラメを釣って、
アルマと船長が驚いていた。
 
 

アルマは大きな魚を釣っていて、
流石だった。
 
 
 
そうして、釣りを楽しんだ後は、
アルマの行きつけのレストランへ
釣った魚を持ち込んだ。
 
 
 
釣った魚が絶品料理になり、
感動した。
みんなで美味しく完食した。
 
 
 
 
 

それから、アルマは行きつけの美容室へ
連れて行ってくれた。
 
 
  
(昨日の会話覚えていてくれたんだ。)
 
 
 

スカイとアルマもついでに、
髪をやってもらうようだった。
 
 

席につくと、この前ラビの家で会った
女性アイドルの1人がいた。
  
  
  
 
  
女性アイドル:あ、やほー✨
ねぇ、最近ラビ元気?

スカイ:元気だよ〜?

女性アイドル:連絡しても、遅い返事か
返ってこないんだけど。。。彼女できたの?

スカイ:分からないな〜

女性アイドル:そっか〜…。
てか、その方は彼女?

スカイ:違うよ。仲良いスタッフだよ。

女性アイドル:そうなんだ?
この前もラビの家にいたよね?

スカイ:うん。それがどうしたの?

女性アイドル:ラビも仲良いの?

スカイ:仲良いよ?

女性アイドル:そっか〜。こんにちは〜(^^)

〇〇:こんにちは(^^)

それから、女性アイドルと度々目が合ったりと、
少しだけ気まずい雰囲気が流れたが、
髪が綺麗に仕上がった事にテンションがあがった。
 
  
  
  
 
  
美容室を後にし、そのままアルマの家へ行き
またお酒を飲み始めた。
 
 
 

アルマ:今日の美容室の子、少しだけ気をつけてね。

〇〇:うん。多分ラビの事好きなんだよね?

スカイ:そうだね〜。
実際、付き合ってると思ってたんだよね、僕達。

〇〇:ラビからは何も聞いてないの?

スカイ:うん。

〇〇:そうなんだ。

スカイ:それにしても、髪色よくなったね。
可愛い。
 
 

スカイは私の髪を触りながら言った。
 
 

〇〇:ありがとう。
 
 
 

そして、アルマは私の頭を撫でながら、

アルマ:今日は楽しかった?

と、聞いた。
 
 
 
アルマの方を向き、私は
お礼を言った。
 
 
 
 
〇〇:ありがとう。今日凄く楽しかった!
釣りも楽しかったし、料理も美味しかったし、
髪も素敵になったし、充実感が凄いよ!

アルマ:そっか!ならよかった(^^)
また、行こう!

〇〇:うん!

スカイ:アルマヒョン本当に凄いよ。
〇〇がずっと楽しそうだった。

アルマ:ヒョンに任せなさい。

スカイ:(笑)
あ〜、いい気分だな〜。
 
  
  
  
  
  
 
そう言うと、スカイは私にキスをした。
  
  
  
  
  
 
あまりに、自然に不意をつかれたので、
避けれなく、言葉も出なかった。
 
 
 
 
〇〇:……

スカイ:あれ、今日は大人しい(笑)

アルマ:お〜、どれどれ?
 
 
 

アルマも近づきキスをされた。
 
 
 
スカイの不意打ちに、固まっていた私は
何も出来ないまま、アルマを受け入れた。
 
 
 

アルマ:〇〇、どうしたの?
 
 
 

この雰囲気に以前は、
戸惑ったり、
困ったりしてたけど、
嫌じゃない自分がいた。
  
  
 

そんな自分に私が
ついていけなくて、
混乱した。
 
 
 

〇〇:……え?私、酔ってるのかな?

スカイ:何それ(笑)

アルマ:誘ってるの?(笑)

〇〇:違くて…。。。
多分、今日が楽しすぎて、
このまま、こんな日が続けばいいなって。

アルマ:そうだね。続くよ。きっと。
 
 
 

アルマはゆっくりと、さっきとは
違う、ねっとりとしたキスをした。
 
 
 

〇〇:んっっ…///

スカイ:ヒョン、ずるい。
 
 
 

スカイは私を引き離し、
耳を甘噛みし、首を舐めた。
 
 
 

ビクッッ
  
  
 
 
疲れもあり、お酒が良くまわっているからだろうか。
 
  
 
  
それともこの関係を
私は受け入れつつ
あるのだろうか。
 
  
 
  
分からないけど、
今日の優しさと、
今の雰囲気のギャップに
ドキドキしている。
 
  
  
  
  
そして、甘えたくなる。
 
  
 

  
 
 
それを、受け入れてくれるから。
  
 
  
 
  

 
なんにも考えずに、
欲のままに…。
  
 
 
 
 
♡・。・。・。・。・。・。・。・。♡
 
 
 
♡・・・・・・♡・・・・・・♡・・・・・・♡・・・・・・♡
 
  
 
 

♡・・・・♡・・・・♡・・・・♡・・・・♡・・*
 
  
 

♥・:.。 。.:・゚♡・:.。 。.:・゚♥・:.。 。.:・゚
 
  
 

✰⋆。:゚・☽:゚・⋆。✰⋆。:゚・☽:゚・⋆。✰⋆。:゚・*☽
 
 
  
 
 

—–コーヒーの良い香りで目が覚めた。
 
 
 
 

リビングに行くと、
アルマがキッチンに立っていた。
 
 
 
 
アルマ:おはよう(^^)
はい、これ。
 
 
 
渡されたカップを見ると、
可愛いハートが描かれたラテだった。
 
 
 
 
 
〇〇:可愛い。凄い。
 
  
  
  
ゆっくりとラテを飲み干し、
アルマと一緒に朝食を作った。
  
 
 
 
スカイをお越しに行き、
みんなでご飯を食べた。
 
 
 
それから、2人は仕事へ向かった。
  
  
  
  
  
私は今日からしばらく在宅で
仕事をする予定なので、
そのまま帰宅した。
  
  
 
  
 
 
良い休日を過ごしたからか、
仕事がはかどった。
 
  
 
   
そして、忙しい日々が続いた。 
 
 
 
  
なので、大切な連絡以外は
返信出来ないでいた。
 
  
 
 
それが、原因だろうか。
  
  
  
  
また、ラビから頻繁に
電話が来るようになっていった。
 
 
  
 
 
 
 
♪〜着信-ラビ
 
 
 
 

〇〇:『もしもし?』

ラビ:『仕事終わった?』

〇〇:『うん、やっと終わったよ』

ラビ:『ほんと!じゃあ、今日家に来る!?』

〇〇:『…うん、行くね』

ラビ:『じゃあ、またね!』

〇〇:『は〜い』

 
 
 
つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!