スポンサーリンク

#024 公園デートとお見送り〜マスターとの出合い〜

スポンサーリンク

スカイと公園へ到着した。

幸いにも貸切状態だ。

スカイ:よしっ!まずはバトミントンしよう!


〇〇:負けないからね!

 

そして、バトミントン勝負をした。

スカイ:wwwww 弱すぎるよw


〇〇:ちょっとは手加減してよ!スマッシュ怖すぎるよ!


スカイ:やーだーよー!
えいっ!


〇〇:ヒィィイイイ!!!

〇〇:ちょっと!ゼェ休憩!ゼェゼェ


スカイ:体力ないな〜(笑)

そう言い、私の方へ近づいてきて、
水を差し出してくれた

〇〇:ありがとう〜。生き返る〜。


スカイ:弱すぎて、面白すぎるw


〇〇:失礼な!


スカイ:少し散歩しよ!


〇〇:そうだね!

散歩をしていると、丁度良い木陰を見つけたので
そこにシートを引いてお弁当を食べることにした。

スカイ:美味しい〜!


〇〇:ありがとう!


スカイ:なんか、こうゆうの経験ないから、青春って感じでいいなぁ!


〇〇:そうなの?


スカイ:うん、ずっと忙しかったから。今日は久々に休日してる!って感じる。


〇〇:そっか〜。よかった。
いつも、お疲れ様です。


スカイ:(笑)ありがとう〜。
なかなか、こうゆう休みなかったな〜。
だから、今嬉しい!
ねぇ、ここに横になっていい?


〇〇:ん?いいよ。

そして、私の膝枕に頭を置いて横になった。

スカイ:はぁ〜、癒やされる


〇〇:ゆっくり休めてる?


スカイ:うん!今幸せ〜。〇〇とずっとこうしていたい


〇〇:こうゆう休日、私も好き


スカイ:韓国でもこんな時間があればいいな〜。
難しいだろうけど。。。


〇〇:今楽しんでおこう!また、きっとあるよ。


スカイ:そうだね。〇〇が韓国来てくれるの信じて頑張ろう

そう言い、寝ながら私の顔を
自分の方に引き寄せた。
甘い空気が流れ、キスをしたくなった。

だが、

私の身体が固くてスカイの顔まで近づけなかった。

スカイ:ちょっwwwwww

スカイはその場で爆笑した。

〇〇:ちょっと〜////もぅ、恥ずかしすぎる////

スカイは笑いながら、体を起こして隣に座った。
そして、チュッとキスをした。

スカイ:韓国きたらジムでトレーニングだね!


〇〇:…行きたくない…


スカイ:こんなに、硬いのは体にもよくないよ!
一緒にジム行こう!


〇〇:…


スカイ:そんな子はこうしてやるっっ!

そして、スカイは私の背面に自分の体重を
かけて、座ったままの前屈をさせようとしてきた。

〇〇:いたいっ!ギブギブ!

スカイはすぐ体重をかけるのをやめて、
笑いながら、私を後ろから抱きしめた。

スカイ:柔らかくなりましょうね〜♪

抱きしめながら横にユラユラして、
機嫌が良さそうに鼻唄を歌っていた。

〇〇:流石に鼻唄も上手いね。


スカイ:そうでしょっ

耳元で言われた

〇〇:ちょっと!くすぐったい〜


スカイ:耳弱いもんね〜(笑)!


〇〇:もぅっ!


ところで、そろそろ時間だね?
マスターさんのところ向かおうか!
スカイ:早いな〜…。そうだね!行こう。

待ち合わせ場所に着くと、
マスターさんがもう来ていた。

スカイ:あかりさん!!お待たせっ!


あかり:うん!スカイ本当に、こっちにいたんだね!

そう言って、私を見たので目があった。
とても綺麗な人だったので、緊張した。

スカイ:この方は〇〇って言って、僕の彼女になって欲しい人!


あかり:そうなんだ!ってなって欲しい人?(笑)
〇〇さん、宜しくお願いします。
今日はお邪魔しちゃってごめんなさい。


〇〇:いいえ!こちらこそ、すみません!


スカイ:それで、今日は誕生日広告の確認だっけ?


あかり:うん。これでどうかな?って思ってマネージャーに連絡したの。それで、スカイが韓国の空港いなかったって聞いて、どうしたの?って聞いたら、まだ日本にいるって聞いたから、直接確認したかったんだ。これどう?

そう言って、誕生日の広告のサンプルと映像広告のサンプルを見せてくれた。

スカイ:うん!素敵だね!ありがとう(^^)


あかり:良かった〜!直接見てくれてありがとう!


スカイ:ううん!こちらこそ、ありがとう!
楽しみにしてるね!


あかり:うん。あ、これから空港移動だよね?
車で送ろうか?〇〇さんも一緒に!
送るだけするよ。邪魔はしないから。


スカイ:〇〇はどうしたい?


〇〇:じゃあ、お言葉に甘えて…。
宜しくお願いします。

そして、スカイと一緒に後ろの席へ
乗り込んだ。

スカイはずっと私の手を繋いでいた。
私とあかりさんは、車の中で話して
仲良くなった。

空港に着くと、あかりさんは車に乗ったまま、
私達を人気のない場所で降ろしてくれた。

あかり:あっちの方で待ってるから、スカイ送ったら〇〇さん家に送るから来てね!


〇〇:え!?悪いから、大丈夫だよ!


あかり:嫌じゃなかったら、送るよ! 


〇〇:ありがとう。じゃあ、またお言葉に甘えるね!


スカイ:いつも、ありがとうね。じゃあ、またね!


あかり:いえいえ。うん!頑張ってね!

そして、スカイと空港の中に入った。

空港に入ると、よく知らない所に入り、
ラウンジのような場所へ着いた。

スカイ:ここで時間までゆっくりしよう

そして、ソファに隣同士に座って、
時間までゆっくりと過ごした。

スカイ:ここ何日間か凄い楽しかったな


〇〇:私も


スカイ:帰りたくないな


〇〇:みんな待ってるよ。


スカイ:は〜い。
でも、〇〇も寂しいでしょ?
顔が寂しそうだよ

そう言い、私の頬に手を触れた

〇〇:…うん、少しね


スカイ:早く韓国来てね。


〇〇:うん…


スカイ:今から来る?


〇〇:それは、ないかな


スカイ:だよね(笑)


〇〇:でも、すぐ行くかな


スカイ:そうして

そして、長く優しいキスをした。

時間になり、スカイを見送った。
スカイは何度も後ろを振り向くので、
可愛かった。

見送りが終わり、あかりさんの車へ乗った。

あかり:お疲れ様〜!


〇〇:お疲れ様!お待たせしました!


あかり:全然いいよ〜!じゃあ、出発するね〜。


〇〇:お願いします!

あかり:今日は本当にごめんね!


〇〇:気にしないで!私こそ、マスターさんからしたら、嫌じゃないかな?


あかり:私はそうゆうの大丈夫!ってか私旦那いるし、スカイはそうゆうのじゃないから、安心してね!ただ、ずっとデビュー前から知ってて応援してるんだよね!ちなみに旦那もBTSのマスター!(笑)


〇〇:そうなの!?だから、スカイが大丈夫だよ〜って連呼してたんだ。


あかり:そうじゃないかな!まぁ、何かあったりしたら、気軽に相談してね!


〇〇:ありがとう!

それから、色々と親交を深め、家に着いた。

〇〇:ありがとうございました。


あかり:いえいえ。次は遊ぼうね!


〇〇:うん!

あかりさんとさよならをして
家に着くと、着信が鳴った

画面を見ると、
ジョイからだった

つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク