スポンサーリンク

#016 アルマの願い

スポンサーリンク




スポンサーリンク

#016 アルマの願い

 

アルマとマークトウェイン号へ乗り込んだ。
 
 

アルマ:わ〜!結構景色いいね!

〇〇:そうだね!

アルマ:タイタニックしよ〜(笑)!

〇〇:wwwww
 
 

そう言い、アルマは私の後へきて
抱きついた。
 
 

私はタイタニックポーズをした。
 
 

ところが、何故かアルマは静かだった。
 
 

〇〇:どうしたの?
 
 
 
アルマは抱きしめていた手を強めた。
 
 

アルマ:…今日も昨日も寂しく感じた。

〇〇:昨日はごめんね。
今日は今から楽しもっっ!

アルマ:昨日あれからどうだったの?

〇〇:……。
 
 
 

アルマは首の跡を撫でた。
 
 

アルマ:大体予想はつくけど。
結構辛いもんだね。。。

〇〇:……
私の事、軽蔑してくれていいよ。

アルマ:それはないよ。
僕にはなんの資格もないからね。
ただ、辛いだけ。
こう言っても、困らすだけなのは分かってるよ…。
 
 

アルマは早口でそのまま話す。
 
 

アルマ:でも、もし〇〇を否定したら、
ここでもう、〇〇とは終わってしまう気がする。
それは何よりも怖いことだよ。
だから、いいんだ。
受け入れるから。
だけど、僕の告白は考えてほしいんだ。
もちろん、すぐに答えなくていい。
今は〇〇と会えなくなったり、
連絡が取れなくなる事が1番怖い。。。
 
 

そう言うアルマは、
とても辛そうに見えた。
 
 

〇〇:ありがとう。ごめんね。
ちゃんと考えるから。
 
 

そう言ってアルマの手をギュっと握った。
 
 
 
少し沈黙した空気の後、
アルマは雰囲気を明るくしてくれようと、
妙なテンションで話し始めた。
 
 

アルマ:いや〜!この船は本当に気持ちいいな!
僕もたまに船に乗るんだけど、
その船とは安定感が大違いだよ!

〇〇:そりゃあ、釣りの船と比べちゃね(笑)

アルマ:やー!釣りの船だって結構いいの
乗ってるんだからね!

〇〇:分かってるよ〜(笑)
 
 
 
アルマ:お!そういえば、
今日夜ゲーム一緒にやる約束だよね!
覚えてる?

〇〇:もちろんだよ!PC持ってきてあるよ。

アルマ:楽しみだなー!

〇〇:期間限定のアイテム狩りやろ〜!

アルマ:いいね!今日は隣だから
タイムラグないし、作戦練りやすいね!
 
 

 
そして、マークトウェイン号が
終わりに近づいてきた。
 
 

降りるときに繋いだ手は、
少しだけ震えていた。
けれど、力強く握られた。
 
 

船から降りると、
スカイとラビが待っていた。
 
 

スカイ:〇〇!スペースマウンテン行こう!

ラビ:お土産買いに行くよ〜

スカイ:ヒョン!

ラビ:〇〇と約束してたもん。

〇〇:え?そうだっけ?

ラビ:うん!お礼それがいいな!
お揃いのお土産買おう(^^)

スカイ:なんですか?それ。お礼?

〇〇:あ〜、、、電話で話したね。
確かに、じゃあ、行こうか。

スカイ:僕も行きます。

アルマ:同じく。
 
 
 

そして、4人でお土産を買いに向かった。
 
 
つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!