スポンサーリンク

#013 スカイの怒り

スポンサーリンク




スポンサーリンク

#013 スカイの怒り

バンに乗り込むと
勢いよく手をひっぱられ
スカイの隣に座らされた。
 
 
すかさず、ラビに立ち上がれさせられる。
 
 

スカイ:ヒョンばっかずるいですよ!
少しくらい〇〇と話しさせて下さい。

ラビ:…わかった
 
 

そう言ってラビは
空いてる席へ座った。
 
 

この車には来日の時と同じメンバーが
乗っていた。
 

スカイ ラビ ジョイ
 
 

スカイ:〇〇は相変わらず連絡してくれないね?

〇〇:ごめん、連絡する暇なくて。

スカイ:そんなに、ヒョン良かったですか?
 
 

ドキッとして、スカイを見ると
真顔だった。
 
 

〇〇:なんのことよ!(笑)
 
しどろもどろになりながら答えた。

スカイ:警告はしてあるからね。

〇〇:?警告ってなんなの?

スカイ:これ、凄いね
 
 
そう言って隠していた首の跡を撫でる。

慌てて隠すが、恥ずかしさで顔が赤くなる。
 

スカイ:ねぇ、どんな夜だったの?
 

頭をがっつり抑えられて
耳元で言われた。
 
 

どんどん顔が近づいてくる。
 

なんだか、その視線が
怖くなって話をそらす。
 
 
〇〇:ねぇ、今日ディズニーだよ!
絶対事務所NGだと思ってから、
行くの楽しみ!!!

スカイ:……そうだね

〇〇:スカイは何が1番楽しみ?

スカイ:…うーん、ホーンテッドマンションかな

〇〇:じゃあ、乗ろう!

スカイ:うん…。〇〇は?

〇〇:スペースマウンテンかな!

スカイ:じゃあ、一緒に乗ろう〜。

〇〇:うん!楽しみだね!
 
 

スカイは話題を変えられて、
納得いかないといったような
顔をしている。
 
 

困っていたらジョイが声をかけてくれた。
 

ジョイ:そういえばさ、
あんまり〇〇ちゃんと話してないから、
こっちこない?

スカイ:ヒョンそれは駄目です

ジョイ:そんなに必死にならなくても(笑)
全く可愛いな〜。
 
 
そう言って諦めて、元の席へ
戻った。
 

スカイ:〇〇が話し逸らすの本当にイラツク

〇〇:ごめん…
 
 
それから、暫く機嫌とりしていたら、
いつの間にか爆睡していた。
 
 
 
 
 
スカイ:おーい、起きて、着いたよ

〇〇:うわっ!?ごめん、寝ちゃってたー

スカイ:お疲れですね(真顔)
 
 

なんだか意味深に聞こえてしまって、
俯く。
 
 

スカイ:ほら、行くよ。

そう言って手を繋いでバンを降りた。
 
つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!