スポンサーリンク

Popcorn♡8 愛

 

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク

Popcorn♡8 愛


・下記の名前を好きな名前に変更できます🌟

・情報を登録で名前を変更してください🌟

・情報を削除で元に戻せます🌟

※ヒョンとの兼ね合いが難しい為、表現がおかしくなる場合がありますm(__)m  

 

名前変換

 

迎えに来た車へ乗り込むと
すぐキラが話しかけてきた。
 
 
 
キラ:お?何処かに行ってたの?
 
ヒナ:うん!買い物したりネイル行ったりしてた〜
 
 
 
話しながらキラは隣に座りな〜、と
言うように手を引いてくれた。
 
 
自然な流れだが、妙に緊張した。
 
 
だがニコニコと楽しそうにしている
キラをみると私も嬉しくなった。
 
 
 
予約した場所へ到着すると、
キラとジョイは喜んでくれて良かったと、
〇〇と目配せをして安心した。

ヒナ:少しでもゆっくりしていこう〜

キラ:ありがとう〜!さすがだよ〜!
  
 
その後、〇〇と2人でBBQの準備をする予定だったが、
キラとジョイも手伝ってくれた。
 
 
というか、ほぼキラとジョイが準備した。
 
 
 
〇〇は戸惑ってしまっていて、
どうする?と焦っていた。
 
 
〇〇のそんな姿を見るのが珍しくて、
笑えたのと同時に、この人達女性慣れしてるのか?
とも感じた。
 
 
 
しかし、色々考えても仕方がないので
この場を楽しむことに決めた。
 
 
 
キラ:はい、ヒナ肉だよ〜!
 
ヒナ:ありがとう。キラも食べてる?
 
キラ:食べてるよ〜!
ん〜!美味しい〜!
このあとの温泉も楽しみだ〜!
 
ジョイ:なんか、ヒョンの言い方が
少し下心ある感じがする(笑)
 
キラ:ひどいな〜!ないって言ったら嘘になるけど(笑)!
お前もだろ!!
 
ジョイ:まぁ、そうですけど(笑)
 
ヒナ:私も〇〇の水着姿楽しみ〜(^^)
 
〇〇:え!?
 
キラ:ちょっと!?(笑)
 
ジョイ:ね〜(^^)
 
 

BBQは思っていたよりも
楽しく、またやりたいなと思った。
 
 

そして、私達は温泉へ向かった。
 
 

キラ:わぁ、この温泉肌がツルツルになる!
 
ヒナ:ね〜!嬉しいわ〜!
 
〇〇:本当だ〜!
 
ジョイ:癒やされる〜!

キラ:そういえばさ、ヒナには言ったんだけど韓国に住まない?
 
 
 
〇〇には事前に相談はしていたが、
キラからも言ってくれるとは思っていなかったので
少し驚いた。
 
 
キラとジョイで〇〇を説得する姿に
私も便乗した。
 
 
 
〇〇に前みたいに戻って欲しいとは
言わないから、せめて失恋後の何でも諦めちゃうような
考えを変えてほしいと思った。
 
 
 
韓国に行って、気晴らし程度でもいいから
何かが変わればと思う。
 
 
1番の理由は〇〇とルームシェア出来るのが、
楽しみなんだけどね。
 
 
そんな事を考えていたら、
突然〇〇が言った。
 
 
 
 
〇〇:ねぇ、キラとヒナは付き合わないの?  
 
キラ、ヒナ:!!////////
 
 
 
 
ビックリした。
 
正直、付き合ってるよとこの場で言いたかった。
 
 
チラッとキラをみるが、
こちらを見ないで〇〇に返事をしていた。
 
 
キラ:僕は付き合いたいって思ってるよ!
お〜!結婚したらおいで!
押し入れじゃなくても、専用の部屋を作るよ〜!
 
〇〇:え〜!やったー☆
 
 
 
〇〇と話しながらキラは私の腰に腕を回した。
 
 
温泉に入りながらだったので、
〇〇とジョイは気付いていなさそうだった。
 
 
少しずつ顔が火照っていくのを感じた。
 
 
キラ:どうしたの?顔赤いよ〜(笑)
 
ヒナ:キラだって!
 
キラ:僕はお酒が入ると顔赤くなるタイプだから!
 
ヒナ:もうっ!
(分かってるくせに!)
 
 
キラは耳元で小さい声で言った。
 
 
キラ:かわいい
 
 
全身が熱くなるのを感じたけれど、
キラが楽しそうにしているので、
私は満足感で満たされていた。
 
 

そんな感じで、温泉でお酒もたしなみながら、
ゆっくりした時間を過ごした私達はホテルへ
帰ることにした。

 
 
ホテルに着くと、
他のメンバーとジョイが〇〇を取り合っていた。
 
 
 
ジョイ頑張れ〜と心の中で応援したが、
スカイが無理矢理〇〇を連れ出していた。
 
 
 
そんな彼等を見て、本当に〇〇を預けて
大丈夫なのだろうか?と考えたが、
〇〇は本気で嫌だったら本当に断るだろうから、
見守ることにした。
 
 
 
キラ:僕達も部屋に行こう〜
 
ヒナ:うん。
 
 
 
キラの部屋に着くと、
すぐに抱き合った。
 
 
キラ:明日にならなければいいのに…
 
ヒナ:うん、そうだね。
 
キラ:最高に幸せ〜!
本当に好きだよ。離れたくない。
すぐ韓国に来てね?
 
ヒナ:うん。
 
 
 
長く深いキスをした。
 
キラは2人きりになると、
物凄い愛情表現をしてくれる人だなと感じる。
 
 
幸せで満たさる時間が流れた。
 
 
。゚゚・。・゚゚。
゚。🖤 。゚
 ゚・。・゚
。゚゚・。・゚゚。
゚。♥ 。゚
 ゚・。・゚
。゚゚・。・゚゚。
゚。🖤 。゚
 ゚・。・゚
 
 
 
〜真夜中〜
 
 
 
眠っているキラを確認し、そっとベッドから
出て椅子に座った。
 
そして、気になっていた推しのグループのカムバ映像を
後追いした。
 
 
 
うわぁ☆最高☆!
 
 
はぁ〜、、、愛おしい!
 
 
 
最高の曲で、最高のパフォーマンスだった。
 
 
 
彼氏ができたけれど、やっぱり推し活最高!
と思っていると、キラが起き出した。
 
 
 
キラ:さっきから、何見てるの?
 
ヒナ:へ!?
 
キラ:寝てると思った?
 
ヒナ:…。。。
 
キラ:何見てるの?
 
ヒナ:ちょっと…気になる動画があって…。
 
キラ:なに?どんなの?
 
 
 
キラはどんどん近づいてきて、
私のスマホを覗き込める位置まで来た。
 
 
キラ:…スンセ? 
 
 
 
終わった、と思った。
 
 
キラに何度か伝えようと考えたが、
そこで関係が壊れると思い、言えないでいた。
 
 
 
ヒナ:ごめん。。。
 
キラ:何で謝るの?
 
ヒナ:だって…。
 
キラ:スンセ好きなの?
 
ヒナ:うん。。。ファンなの。
言わないでいてごめんね。
 
キラ:今、話してくれたから
全然いいよ。謝ることじゃないよ!
スンセ良いグループだよね!
…………あ、でも繋がってたりしないよね?
 
ヒナ:そんな!全然普通のファンだよ。
だから〇〇とは違って、結構…何ていうか…、、、
色々知ってるかもしれない…。
 
キラ:(笑)。
出会った時にアイドル好きって言ってたから
何となく想像はしていたよ。
だけど、僕よりスンセ好き?
 
ヒナ:いやいや!彼氏と推しはまた違うって
さっき思ってたから!
 
キラ:さっき?
スンセの方がかっこよくみえた?(笑)
 
ヒナ:格好良さが違うよ!
 
キラ:(笑)。スンセ見ないで〜!って言いたいけど、
僕をもっっっと好きになってくれるなら、
一緒に見ようか!
 
ヒナ:え!?いいの?
 
キラ:もっっっと好きになる?
 
ヒナ:うん!
 
 
 
そして、2人でスンセのカムバショーを見た。
 
 
 
途中、キラはスンセのメンバーが格好良く映った瞬間に
私の目を塞いだり、ダンスの真似をしてくれたりした。
 
 
こんな風に過ごせるなら、早く言っておけば良かったと思ったけれど、
キラの優しさに惚れ直した。
 
 
 
カムバショーが終わる頃にキラは言った。
 
 
 
キラ:楽しかったね!
だけど、少し嫉妬しちゃったから少し付き合ってね。
 
 
 
そう告げ、私をベッドに運んだ。
 
 
。゚゚・。・゚゚。
゚。🖤 。゚
 ゚・。・゚
。゚゚・。・゚゚。
゚。♥ 。゚
 ゚・。・゚
。゚゚・。・゚゚。
゚。🖤 。゚
 ゚・。・゚
 
 

 
 
キラは何度も愛してる、好きだよと
言ってくれた。
 
 
 
きっと、少しじゃなく、
相当嫉妬したんだろうなと感じた。
 
 
 
そんな彼を再度、愛おしく思った。
 
 
 
そして、こんな私を責める事をしないで
受け入れてくれた事に感謝した。
 
 

 
もっともっとキラを知りたいと思った。
 
  
 
けれど、キラはもう韓国に明日帰ってしまう。
 
 
 
少しだけ不安で相当の迷いがあったけれど、
私は韓国に行こう!と、この時に決意をした。
 
 
 
つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!