スポンサーリンク

Popcorn♡1 プロローグ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Popcorn♡1 プロローグ

 

 

 
あの日、彼に出会わなかったら
私の人生はどんなだったのだろう。
 
 
 
そう考えてしまうほど、
彼と私の物語は、
濃密で輝かしいものだ。
 
 
 



 
 
 
あんなにラブだった
恋人と別れた。
と、言って親友の〇〇から
連絡をもらった。
 
 

正直、結婚すると思っていた。
 
 
 
衝撃だった。
 
 
 
あんなに相思相愛に
見える恋人同士でも、
別れを選ぶ時があるんだな。
 
 
そう思った。
 
 
 
それと、やっぱり
彼氏出来なくて平気かも。
 
気持ちの浮き沈みないし、
気楽だし。
 
 
そう思いながら、
推しのプレイリストを
聴く。
 
 
 
耳から脳内に響く
その世界は私を自由にしたり、
悲しくしたり、様々な感情にしてくれる。
 
 
 
うん。
私はこれで充分。
 
 
 
 
〇〇を励ますのを兼ねて
韓国旅行に誘った。
 
 
 
いつもはインドアな〇〇が、
珍しく一緒に行ってくれることになった。
 
 
 
そこで、私達は出会ったよね。
 
 
 
推しに会えるかも♡と思い、
下心全開で向かったクラブ。
 
 
 
〇〇が怪しい人に話しかけられて
いるのをみて、助けに行ったら、
推しグループではなかったが、
アイドルだった。
 
 
 
lunaというアイドルグループの
スカイだった。
 
 
 
スカイは私達を打ち上げ会場に
案内してくれた。
 
 
 
そこで、アルマとキラとラビ
(スカイと同じアイドルグループlunaの
メンバー)と挨拶して会話をした。
 
 
私はキラと好きな音楽のジャンルが
一緒で盛り上がった。
 
 
ねぇ、このときから
私達は始まっていたのかな?
 
 
 
 
日本に帰国してからも、
キラは頻繁に連絡をくれた。 
 
 
 

私は元々クラブが好きだから、
旅行に行ったら本国のクラブに行くし、
日本でも友達(韓国好き)とクラブに行く。


 
 
(電話での会話)
  
キラ:またクラブにいるの?

ヒナ:うん。
 
 
キラは私がクラブに行くことを
嫌う。
 
 
ヒナ:そっちだって、クラブ行ってるじゃん。
目撃情報あるんだから。

キラ:またそれ?いい加減、そうゆう友達と
付き合うの辞めなよ。

ヒナ:なんで?嫌だけど。
 
 
そして、私の友達関係まで口出しをする。
 
 
付き合ってるわけじゃないのに、
突っ込んでくる態度にムカつく。
 
 
 
毎回、この話題で喧嘩をしてしまう。
 
 
 
私は何を求めているんだろう。
 
 
 
口出ししてほしくないのか、
それとも、このモヤモヤする関係を
ハッキリさせたいのか……。
 
 
 
 
 

数日後には彼等が日本公演に来る。
 
 
キラからは日本の担当マネージャーが
いる待ち合わせ場所までに来てほしいと
連絡があった。
 
 
 
少しだけ浮き足立つ気持ちに、
無理矢理重りをつける。
 
 
(ただ、アイドルに呼ばれて
嬉しいだけ。それだけだよ。)

 
(推しだったら、もっと最高なはず!!)
 
 
 
 
そうして待ち合わせ場所に
来た車に乗り込み、
来日したキラを迎えに行く。
 
 

久しぶりに会えた
キラの笑顔に
先程の感情が見事に粉砕された。
 
 
 
つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク