スポンサーリンク

Popcorn♡7 幸せな時

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク

Popcorn♡7 幸せな時

 

 

 

ホテルに到着すると、
アルマはすぐ〇〇を連れて中へ入ってしまった。
 
 
 
それを見て、アルマの事を考えが読めない人だなと思った。
 
 
 
ラビとスカイも、アルマ達についていくように
去っていってしまった。
 
 
 
残されたキラとジョイと私で飲む事にした。
 
 

ジョイ:ヒナちゃん、ありがとう!
〇〇にプレゼント渡したら喜んでくれたよ!
 
ヒナ:よかった〜!
  
キラ:〇〇ちゃんと、話す暇なかったね〜。
韓国に一緒に住もうって連絡しておいたほうがいいんじゃない?
 
ヒナ:うん。でも直接言いたいから、
明日話す。アポの連絡はしておこう〜。
 
ジョイ:明日僕達仕事終わったら、何処か行こうよ?
時間ありましたよね?
 
キラ:うん、あったと思うよ〜!
僕もヒナと何処か行こうと思ってたから、
丁度いいね!
 
ヒナ:じゃあ、伝えておくね!
 
キラ:場所も2人で決めてくれるかな?
日本の場所あまり分からなくて…。
ごめんね。
 
ヒナ:全然!そのつもりだったよ!
うん!良い場所見つけておくね!
 
ジョイ:〇〇韓国来てくれるといいな〜。
もっと知りたい。
 
ヒナ:私もそう思う。
 
ジョイ:うん。
〇〇って、何であんなに、こう、
ちょっかい出したくなる感じなの?
 
キラ:そうかな?
 
ヒナ:それは、ジョイが〇〇に片想いしてるからでしょ(笑)
 
ジョイ:そうなのかな(笑)
なんか、不思議で。
こっちに来る前は、話には聞いてたけど、
実際会ったら、いつの間にか好きになってたことに。
 
ヒナ:遊びの気持ちじゃなさそう?
 
ジョイ:うん。僕は違う人が好きだったと思うんだけど、
それとは違う。もっとこう、、、好きって言うより
一緒にいたいなって思うんだよね。
まだ知り合ったばっかりだからかもしれないけど(笑)
 
ヒナ:あ〜、なんかあっっつい(笑)
 
キラ:ほんと、ほんと〜(笑)
 
ジョイ:わ〜、酷いな〜(笑)
さて、僕は良い感じに酔ってきたから部屋に戻るね!
 
キラ:お?もう?早くない?
遠慮しなくていいのに〜。
 
ヒナ:そうだよ〜!
 
ジョイ:してませんよ(笑)
ただ、今日は色々と疲れて、
今良い感じに酔ってるのでこのまま寝ます。
おやすみなさい(^^)
 
 
 
そう言い、ジョイは部屋を去って行った。
 
 
 
 
キラと2人きりになった。
 
 
キラもお酒がまわってきているのか、
顔が赤くなり、目もトロンとしてきていた。
 
 
 
ヒナ:今日は疲れたし、私達もそろそろ寝ようか。
部屋戻るね!
 
キラ:なんで?一緒にいようよ?
 
ヒナ:でも疲れとらないと!
 
キラ:今が、疲れとれんじゃ〜ん!
 
 
 
キラは私を抱き、ベッドに横にした。
 
そして隣に横になった。
 
 
 
キラ:はぁ〜、癒やされる〜。
ずっとこうしたかった。
やっと、隣にいれるね(^^)
 
ヒナ:ここ数日いるけどね(笑)
 
キラ:たしかに(笑)。
でも、ずっっっと会いたかった。
電話とじゃ、やっぱ違うね。
  
 
 
キラの方を見ると、こちらを見ていて
目が合う。
 
 
 
その優しい眼差しと笑顔が全て私に
向けられていることに、今までにない幸福感を感じた。
 
 
 
キラは私を愛おしそうに見る、
そして優しく頬を撫でる。
 
 
その仕草に嬉しさがこみ上げた。
 
 
 
キラと唇を交わす。
 
 
 
お酒の味と共に、深い息づかいが
私の心拍数をあげた。
 
 
 
キラと目が合い、また更に深い口付けをする。
 
 
 
キラ:ヒナ、好きだよ。
 
ヒナ:うん、私も。
 
 
 

。゚゚・。・゚゚。
゚。🖤 。゚
 ゚・。・゚
。゚゚・。・゚゚。
゚。♥ 。゚
 ゚・。・゚
。゚゚・。・゚゚。
゚。🖤 。゚
 ゚・。・゚

 
 
キラはずっと私とくっついている。
こんなに甘い人だとは思っていなかったので、
ギャップにまた惚れ直してしまう。
 
 
 
キラ:ヒナが日程調整できたら、
すぐ韓国来てね?
僕はもう離れたくない。
 
ヒナ:うん。
 
キラ:ヒナはもうメンバーとも話してほしくない。
 
ヒナ:え!?どうして(笑)
 
キラ:嫉妬するから。
 
ヒナ:(笑)
 
キラ:正直、〇〇ちゃんにも嫉妬してる(笑)
 
ヒナ:なにそれ(笑)
 
キラ:も〜、その顔だよ〜。
本当に可愛いよ〜。
 
ヒナ:((((照*

 
 
 
それから、とても幸せな時間を過ごし、
朝になった。
 
 
 
キラは名残惜しそうに仕事に行った。
 
 
そんなキラを凄く愛おしく思った。
 
 
 
 
スタッフが全員出た頃を見計らって、
自分の部屋に移動した。
 
 
 
しばらくすると、〇〇が私の部屋に来たので、
女子トークをした。
 
 
 
まだ付き合っている事を言えないでいる事に
少し罪悪感を感じた。
 
 
 
そして、〇〇の話を聞いていると、
アルマ、ラビ、スカイに疑問符が浮かんだ。
 
 
 
ヒナ:(あいつら、こっちに来て〇〇を遊びで色々と
ちょっかいだしてそうな感じがする…。)
 
 
 
でも、少しだけ〇〇の表情が明るくなってきたので、感謝をした。

 
 
それから、私達はこのあと行く場所を探しはじめた。
 
 
 
なるべくゆっくりして
ほしかったので、個室で温泉とBBQが
できる場所があったのでそこを予約した。
 
  
 
そして時間があったので、
買い物やネイルに行った💅
 
 
 
〇〇が失恋する前までは
よく一緒に行っていたが、
最近はこういうことを〇〇としていなかったので、
テンションがあがった。
 
 
 
そうこうしていると、
キラから仕事が終わったとの連絡が入った。
 
 
 
どうやら、事務所の人が車を出してくれるとの話で、
2人の迎えを待った。
 
 
 
つづく


 
 
 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!