スポンサーリンク

Popcorn♡6 私達の関係2/2

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク

Popcorn♡6 私達の関係2/2

 

 

 
 
シンデレラ城に着き、キラを
見つけ側に駆け寄る。
 
 
 
それに気付いたキラは
何かを取り出しながら、
王子様みたいにひざまずいた。
 
 
 
ヒナ:え!?(笑)
 
 
 
キラの満面の笑みに
思わず爆笑してしまった。
 
 
 
キラ:お〜い、そこは、
感動して泣いてほしかったよ〜(泣笑)

ヒナ:ごめん、ごめん。
あまりにベタすぎてwww
何してるの?w

キラはまた典型的なコケ方をして、
言った。
 
 
 
キラ:これが何だか分からないの!?
うわ〜、ショックだよ(泣)
はい、これ。
 
 
キラはショックそうにしながら、
私の首にガラスでできた可愛いネックレスを
着けた。
 
 
 
ヒナ:わぁ!可愛い。
これ、買ってくれたの?

キラ:うん、気に入ってくれた?

ヒナ:うん!ありがとう!
本当にキラは普段も思うけど、
センスあるよね!

キラ:言ってくれるね〜!
ありがとう!
で、改めて言うけど…、僕と付き合ってくれませんか?

ヒナ:うん、宜しくお願いします(^^*)

キラ:やったぁー!!!

ヒナ:あ、でも本当に〇〇にも秘密にしなきゃ
駄目?

キラ:う〜ん、、なるべくは…。
やっぱ今日もみんなを見てると、何か不安で。

ヒナ:そっか…。
できれば、韓国に住むのは〇〇も
誘いたいんだけど…駄目かな?

キラ:あ〜、そういうことか…。
う〜ん、韓国に誘うのはいいと思うよ。
ヒナも寂しくないだろうし…。
でも、〇〇ちゃんの意見をまず聞いてから
にしよう?
それから、僕らの事を話そう?

ヒナ:う〜ん、そうだね。
 
 
 
パチパチパチ
 
 

ヒナ&キラ:!?!?!?
 
 
 
拍手のするほうを振り向くと
ジョイがいた。
 
 
 
キラ:ッッビックリした!

ヒナ:いつからいたの!?
 
 
 
ジョイ:はじめからいました。
何だか、いつ出たらいいか分からなくて…。
…とりあえず、、、
おめでとうございます(^^)

ヒナ:あ、ありがとう…

キラ:聞かれちゃったか〜…

ジョイ:大丈夫です。
みんなには、内緒にします。
その変わり………、〇〇ちゃんが
韓国行くってなったら、協力させてくれませんか?

ヒナ:え?

キラ:なんで!?

ジョイ:好きになりました。多分。

ヒナ:多分?

キラ:まじか〜

ジョイ:はい、だからお願いします。
それと…ヒナちゃん少しお借りして
良いですか?
〇〇ちゃんのプレゼント選んでほしくて。
 
ヒナ:え゛!?

キラ:僕はいいけど、、、。
ヒナはどうしたい?

ヒナ:別にいいけど…。
 
 
 
正直、ジョイを避けていた。
だって、私達は話したことがあったから。
 
 
 
韓国のクラブで何回か会話をした事があった。
 
 
 
きっと、ジョイは忘れているだろうと
思ってはいるけど…。
何だか不安だった。
 
 
 
キラ:じゃあ、僕はジュンスマネに
少し挨拶してくるね!ヒナよろしく!

ヒナ:え!?う、うん!
 
 
キラは手を振りながら、行ってしまった…。
 
 
ジョイを見ると意味深な笑顔をして
こちらを見ていた。
 
 
 
ジョイ:ヒナちゃん?だよね?
よろしくね(^^)

ヒナ:はい…。

ジョイ:それと…、前に僕達、
話した事あるよね?

ヒナ:!?
(うわ〜、覚えてた〜)
はい…。

ジョイ:(笑)。大丈夫だよ、
ヒナちゃんがクラブでどうしてたとかは
言わないよ(笑)

ヒナ:お願いします!

ジョイ:そんなに念をおさなくても(笑)
特に変な事はしてないように見えたけど…。
そんなにバレたくないの(笑)?

ヒナ:いや…クラブに行ってるのは
キラも知ってるけど…。

ジョイ:そうだよね?
逆にヒョンと話した事なかったの?

ヒナ:うん。私はキラがいたことは
知ってるけど、キラは知らないみたいだった。

ジョイ:そうなんだ?
じゃあ、ヒナちゃんが誰を推してるとかは
僕の心の中にしまっておくね!

ヒナ:はい、お願いします。

ジョイ:それと、キラヒョンのこと宜しくね。

ヒナ:うん。

ジョイ:じゃあ、〇〇ちゃんの好きそうな
ものアドバイスよろしくね?

ヒナ:もちろん!〇〇ビックリするんじゃない?(笑)

ジョイ:そうだったらいいけどな〜。

ヒナ:でも、遊びだったらやめてね?
ジョイの噂は私にまで届いてるからね?(笑)

ジョイ:噂って?
僕、何もしてないけど?
もう、クラブにも行く必要もないし、心配しないで。
 
 
 
そう言ったジョイからは、
何故か信頼を感じた。
 
 
 
それから、私達は〇〇が好きそうな
ガラスでできたピアス2つを選んだ。
 
 
1つは、ガラスの靴のピアス。

 
 
1つは、薔薇のピアス。
これはお揃いで、お互い1つずつ着けたいなと
ジョイは話していた。
 
 
 
 
 
 
 
ジョイ:良いのが見つかって良かった!
協力してくれて、ありがとう。

ヒナ:うん。〇〇が好みそうなものがあってよかった!
頑張って渡してね!

ジョイ:うん、ありがとう!
じゃあ、僕もジュンスマネに挨拶しに行くね!
ヒナちゃんもキラ迎えに行く?

ヒナ:うん!そうしようかな。
 
 
 
そして、ジュンスさんの所へ着くと、
キラは私をアトラクションに行こうと誘ってくれ、
2人でディズニーを遊び尽くした。
 
 
 
 
キラと私はお互いビックリするくらい
お腹空くタイミングも座りたいタイミングも
同じで笑ってしまった。
 
 
そして、前から距離は近いなと思ってはいたが、
待ち時間の手の位置や、ふとしたタイミングで
キスをしてくる仕草に付き合ってるんだと実感した。
 
 
 
約束の時間になり、
後髪を引かれながら車に戻った。
 
 
 
少し経ってから、〇〇達も戻ってきたので、
ホテルへ帰った。
 
 
 
帰りの車からみる景色が
何もかも輝いて見えた。
 
 
 
あの景色は今でも忘れない。
 
 
 
つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!