スポンサーリンク

#046 また

スポンサーリンク




スポンサーリンク

#046 また


・下記の名前を好きな名前に変更できます🌟
・情報を登録で名前を変更してください🌟
・情報を削除で元に戻せます🌟
※ヒョンとの兼ね合いが難しい為、
表現がおかしくなる場合がありますm(__)m
 
 

名前変換

部屋に戻り、ヒナ達と会話をする。
 
 
 
〇〇:(先程のことは忘れ去ろう。)
 
 
 
 
ルカは私とヒナの前でも
変わらない態度が何となく好感がもてた。
 
 
 
そして、ユジ君もお酒が無くなったら、
すぐ気付いてくれたりと好感度が凄かった。
しかも、ヒナに映像を見せてもらったままの印象だったので、それにも驚いた。
 
 
ただ……
先程から隣で執拗に絡んでくるギユウが
少し気に入らない。
 
 
〇〇:(でもルカ達と同じグループだしな…;;;;;)
 
 
 
ギユウ:ねーねぇ?
 
〇〇:なに?
 
ギユウ:僕のこと嫌いでしょ(笑)
 
〇〇:うん(笑)苦手(笑)
 
ギユウ:さっきの事があったからだよねー!
ごめん!我慢できなかった!
本当に綺麗だからさ!
 
〇〇:もういいから、そういうの…。
 
 
さっきから、みんなとの会話に割って入ってきては、この会話の繰り返しなのだ…。
 
 
 
(ヒナには悪いけど、帰ろうかな…)
 
 
 
 
 
 
その時個室の扉がガラガラと開いた音が聞こえた。
 
 
 
そっちを見ると、入ってきたのはジョイだった。
 
 
 
〇〇:………え!?
 
ジョイ:やあ!ハハハ。
 
ルカ:やあ!ハハハ!
 
ジョイ:ルカ連絡ありがとう。
〇〇、帰ろう?
ヒナちゃん、いいかな?
 
ヒナ:う、うん!大丈夫だよ!
〇〇ありがとうね!
 
〇〇:う、うん!じゃあ、またね!
ヒナ!
 
 
 
ジョイが来たことに驚いたが、
ここから出たい一心だったので、
ジョイに付いて出ていった。
 
 
 
お店の外へ出て、暗い通りを
ジョイの後姿を見ながら歩く。
 
 
2人とも何も話さないけれど、
私は変な安心感に包まれていた。
 
 
そして、何てことない道なのに、
ジョイと歩いているのが少し嬉しく感じた。
 
 
(普段なら、すぐタクシーか車に乗るのにな。
こうやって、街中を歩くのいいなぁ〜✨)
 
 
 
すると、ジョイは立ち止まり
私の方を見た。
 
 
 
そして、いつもと変らない微笑みで
手を差し伸べてくれた。
 
 
 
ジョイ:夜のお散歩楽しそうだね?
好きでしょ、こういうの(^^)
 
〇〇:うん、好き。
 
 
 

あの日、私はジョイを怒らせてしまった。
だから、もう嫌われちゃったか呆れられてしまったと思った。
 
 
けれど、ジョイはまたこうして手を差し伸べてくれる。
 
 
 
嬉しい。
 
 
 
だけど、、、、、、
 
 
 
この感情は、好き?なの?
 
 
 
 
 
そう問いかけると、アルマ、ジョイ、スカイも
心に浮かんでくる私に笑った。
 
 
 
つづく

https://instagram.com/lunapiiiii
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!