スポンサーリンク

#019 疑

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク

#019 疑

 

 

 

水族館デート以降、
スカイは忙しくなり、
会えない日もあった。
 
 
 
それまでは毎日のように、
無理矢理にでも会っていたからか、
少しだけ寂しく思う日があった。
 
 
 
そんな日々を過ごす中、
珍しい事が起きた。
 
 
 
 
 
 
ヒナ:◎△$♪×¥●&%#?!!!!
 
 
 
ヒナが大声を出して、家を出ていく
のが聞こえた。
 
  
  
 
キラも何か怒っている声が
聞こえてくる。
 
 
 
 
2人がこんな激しい喧嘩をするなんて、
初めてだ。
 
 
 
私は部屋に閉じ籠もったまま、
何も触れないでおこうと思った。
 
 

 
数分後、キラが家を出ていくのを感じた。
 
 
 
 
きっと、ヒナを迎えに行ったのだろう。
 
 
 
 
 
 
 
けれど、また数分後、
私の携帯にヒナから連絡が入った。
 
 
 
電話越しの声は、震えていた。
 
 
 
ヒナ:『〇〇?ごめんね、うるさくして。。。今からここにこれる?』

〇〇:『うん!いけるよ!キラもさっき家を出た気がしたけど会ってない?』

ヒナ:『いいの。もう…。とりあえず、△△△にいるから。』
 
〇〇:『わかった!』
 
 
 
先程の様子からして、
凄く心配になったので、
急いでヒナの場所へ向かった。
 
 
 
呼ばれた場所は
繁華街にある、カフェだった。
 
 
 
〇〇:ヒナ!

ヒナ:急にごめんね。。。

〇〇:ううん。気にしないで。
何があったの?

ヒナ:…………。
 
 
ヒナは俯いて、暫く考えた後に、
また震えた声で話しはじめた。
 
 
ヒナ:……あのね、これから一緒に
クラブに行ってほしいの。。。

〇〇:え?何で?どうしたの?

ヒナ:私はね、〇〇に幸せになってほしいの。
本当の幸せに。

〇〇:???

ヒナ:もしかしたら、私の事、嫌いになるかもしれない。でも…それでもいいの。

〇〇:ぇえ!?ちょっと、待って!?
大丈夫?私はヒナの事嫌いにならないよ?
何があったの?

ヒナ:……言ってることめちゃくちゃだよね。。。分かってる。
だけど、私から話すんじゃなくて、
直接見てほしいの。

〇〇:???
…………わかった。ヒナの好きなようにして?
私は嫌いにならないから。
あ、でもクラブに行くことスカイに伝えておくね。
 
ヒナ:言わないで!連絡しないで!

〇〇:!!!!

ヒナ:ごめん。。。
大声だして。。。スカイに言わないで。
今から会いに行くから。

〇〇:ん???益々わからなくなってきたよ?
スカイを呼ぶの?

ヒナ:……………。
………リュヲン。。。
 
 
 
それだけ言って、ヒナは泣き始めた。
 
 
 
私は自分の心臓が早くなるのを感じた。
 
 
もしかして…、、、。
 
 
 
疑い始めた黒いモヤモヤは
私の心を不安にさせた。
 
 
 
ヒナに案内され、
クラブの中に入る。
 
 
 
ヒナはVIP席出入口が遠くから
見える位置に、私を連れて行く。
 
 
 
しばらく、そこで出入口を見ながら
ボーッとしていた。
 
 
周りはまるで世界が違うように、
楽しそうだ。
 
 
すると、スカイとリュヲンが
周りに溶け込むように
2人でクラブホールに現れた。
 
 
すぐ分かった。
 
 
 
周りは同じような背格好の
男の子は沢山いた。
けれど、分かる。
あれは、スカイだ。
 
 
 
そして、あの子は、
遊園地で見た子だ。
 
 
 
 
(これは、現実なんだよね?)
 
 
 
遊園地でも思ったが、
やっぱり2人はお似合いだ。
 
 
 
(やばい、泣きそう)
 
 
 
すると視界がいきなり
暗くなった。
 
 
 
左耳から:あんまり、見ない方がいいんじゃない?
 
 
 
(ジョイの声?)
 
 
 
右耳から:あ〜あ、気づくの早いね?
もう少し遅ければもっと良かったのに。
 
 
(ラビ?)
 
 
 
ヒナ:…2人とも、どうして分かったの?
 
ジョイ:ヒナちゃん、キラヒョンが
心配してたよ。
 
ヒナ:あぁ〜。。。
 
 
 
〇〇:どうして、ここにいるの?
とりあえず、手をどけてもらえる?
 
 
 
思いもよらなかった2人の登場に、
先程の悲壮感がスッと消えていた。
 
 
 
つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!