スポンサーリンク

#020 ふたり

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク

#020 ふたり

 

 

 

ラビとジョイは私の目を
塞いでいた手を離した。
 
 
 
そこに、もうスカイの姿は無かった…。
 
 
 
2人の方を振り向く。
 
 
 
〇〇:…………どうしたの?

ジョイ:…強がらないで…泣きたい?
僕のここあいてるよ。
 
 
 
ジョイは冗談交じりに話し、
優しく微笑んで言った。
 
 
 
久しぶりに会うのに、
何も変らない視線に
罪悪感を覚えた。
 
 
 
すると、フワッと後から頭を撫でられた。
 
 
ラビだった。
 
 

ラビ:久しぶりだね。
元気だった?凄く会いたかったよ。
 
 

(なんで?どうして?)
 
 
 
なんで、2人は今だに
優しくしてくれるのだろうか。
 
 
 
何故、普通に話しかけて
くれるのだろうか。
 
 
 
今、どうして現れたのだろうか。
 
 
 
そんな事が、頭の中をグルグルと
駆け巡った。
 
 
ジョイ:キラヒョンから連絡もらって、
急いで来たよ。
久しぶりだね。

ラビ:会いたかった〜。 
 
ヒナ:へ〜。まぁ、とりあえず……
場所移動しよ?
あなた達ならVIP席いけるよね?

ラビ:〇〇達の家いこうよ?

ヒナ:いやいや、目的果たしてないから…

〇〇:目的?
 
ヒナ:見たでしょ?スカイとリュヲン。

〇〇:うん…。

ヒナ:リュヲンとまだ会ってるんだよ?あいつ…

〇〇:うん…。

ジョイ:……その話はさ、僕達も話したいから、、、一旦、ここを出ない?

ヒナ:え?スカイに会わないまま出るの?

ジョイ:〇〇はどうしたい?

〇〇:………。

ヒナ:ねぇ、ちゃんとスカイに説明してもらおう?
 
 
 
今から、スカイとリュヲンちゃんの元へ行くのが凄く怖い……。
 
 
だけど、ここでジョイとラビと家に帰って
2人から聞いたら、自分もスカイと同じことをしてしまう気がした。
 
 
だから、スカイから直接聞こう。
まだ、何も分からないから…。
そう思った。
 
 
 

〇〇:そうだね。ヒナの言うとおり、スカイに聞きに行く。
2人はさ、帰って大丈夫だよ。
ありがとう。久しぶりに会えて良かった。
 
ジョイ:いやいや、それは出来ないよ!

ラビ:うん。僕達、我慢してたんだよ?

ヒナ:あんた達の話はいいから!
今は〇〇とスカイをどうするかでしょ!

〇〇:う〜〜〜ん、、、と、、、
もしかして………
もしかしてだけど……………………
みんなスカイとリュヲンちゃんの関係
知っていた…?

ヒナ:………………うん。ごめんね。
本当に。ずっと、悩んでた。
伝えるか…。
 
 
 
ヒナはそう言い、
私をジッと見ながら、
目に涙を溜めていた。
 
 
 
〇〇:ヒナ〜。あぁ、泣かないで。
ごめんね。ずっと辛かったでしょう。
ありがとうね。
 
 
ティッシュを取り出し、
ヒナの涙を拭う。
 
 
ヒナはポロポロと涙を流しはじめた。
 
 
 
ヒナ:本当にごめん。
〇〇が本当は、泣きたいよね。。。
 
〇〇:ううん。大丈夫だよ。
ありがとう。

ジョイ:ほら、ここで泣いてると、
注目されちゃうよ?帰ろう?

ラビ:キラヒョン家で待ってるってよ?

〇〇:でも………。やっぱり行ってくるね!
ヒナと先に帰ってて。

ヒナ:私も行く!

ラビ:行かせないよ?
 
 
 
ラビは私の手を強く掴んだ。
 
 
 
〇〇:ねぇ、痛い。。。

ラビ:帰ろう?

〇〇:スカイのところに行ってから、
帰るね。

ラビ:行かせないってば。

〇〇:離して。

ラビ:離さない。

〇〇:痛い。。。

ラビ:帰ろう?

〇〇:スカイのところに行かせて…。

ラビ:駄目だって。

〇〇:お願い……。
 
 
なるべく目立つ行動はしないように。
と、思った。
 
 

けれど、言い合いを繰り返すうちに
声は大きくなり、泣きながら訴えた。
 
 
 
〇〇:離してって!!!
 
 
 
周りがザワザワとしてきてしまった。
 
 
 
ヒナと私は仕方なく外へ出ることにした。。。
 
 
 
その間も、ラビはずっと私の手を
握ったままだった。
 
 
 
タクシーへ流れるように、
乗せられ、私達の家へ向かった。
 
 
 
もう、こうなったら、
みんなから話を聞こうと思った。
 
 
 
ほら、私は前からそうだったじゃん。
 
 
ひまりの時も、本人より先に、
周りから聞いて、女性が沢山いること知ったじゃん。
 
 
いつもそう。。。
 
 
 
気付けない。。。
 
 
 
自分の鈍感っぷりが情けなくて、
タクシーの中で泣いてしまう。
 
 
 
ラビ:泣かないで?僕がいるから…。
 
 
ラビは握っていた手をギューッと
優しく力を込めた。
 
 
 
それを、邪険に振りほどく。
 
 
 

ほとんど、八つ当たりだ。
 
 
 
ラビはそれでも、また手を繋いでくる。
 
 
 
ヒナ:もう!やめてあげて!!!
〇〇はあんたのじゃないんだから!
 
 

ヒナは私をラビから離して、
ギュッと抱きしめてくれた。
 
 
それを見て、助手席に座っているジョイは
こちらに振り向きながら言った。
 
  
ジョイ:ラビ、少しは加減しよ?
気持ちは分かるけど、僕達は何も説明してないよ。〇〇が混乱するだけだよ?
 
 
 
 
 
冷静なジョイの態度と声に、
私も少しずつ、正気を取り戻した。
 
 
 
つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!