スポンサーリンク

#023 事情1

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク

#023 事情1

 

 

 

部屋に入ると、すぐスカイは私を抱きしめた。
 
 
 
スカイ:どうして、僕が連れてくる前にヒョン達と会っちゃうの?
 
 
 
抱きしめている腕に、グッと力が込められた。
 
 
 
その行動からは嫉妬しているとしか感じられなくて、さっき見てきたものも嘘なんじゃないかなって思った。
 
 
 
何も答えられずにいると、
スカイはジッと私の目を見た。
 
 
数秒スカイと目があった後、
いつも通りアクセや鞄をしまう彼の
後姿を見て思う。
 
 
 
(いつ話を切り出そうか……)
 
 
 
(どんな風に聞こうか……)
 
 

☁☁☁☁

クラブで見たことを責めればいい?

言い訳してきたら、口ピを引きちぎればいい?

☁☁☁☁
 
 

私の中の恐ろしい感情を押し殺した。
 
 
 
そして、問いかける。
 
 
 
〇〇:今日の仕事って何処でやったの?
 
スカイ:ん?普通に事務所だよ?

〇〇:ずっと?

スカイ:うん。

〇〇:そうなんだ。。。
 
スカイ:?。なんか言い方変じゃない?
やっぱりヒョン達に何か言われたんでしょ!?

〇〇:スカイは私に言われちゃいけないことあるの?

スカイ:ないけど?
てか、いい加減、僕だけを見ていればいいんだよ。

〇〇:見てるよ?だけど、嘘をつくじゃん。

スカイ:嘘?

〇〇:今日私はジョイとラビとは、
クラブで会ったよ。

スカイ:なに?クラブ行ったの?どうして?

〇〇:スカイがいるって、聞いて。
いたよね?仕事?事務所?

スカイ:………。

〇〇:……嘘、ついたよね?

スカイ:…うん。いた。

〇〇:どうして?

スカイ:…リュヲンと会ってた。

〇〇:なんで?
 
 
 
だんだんと、身体の奥から
震えていく感じがした。
 
 
これは、怒りなのか、悲しみなのか、
理解できないまま、
涙だけが目に溜まっていった。
 
 
 
スカイ:会いたいって言われたから…。

〇〇:それで、スカイは会いに行くの?
私に嘘をついてまで…。

スカイ:それでも、今こうして〇〇の所に帰ってきてるじゃん。1番大切なのは〇〇なんだよ?

〇〇:1番?なにそれ。。。
じゃあ、リュヲンちゃんは?どんな関係なの?

スカイ:リュヲンは、、、リュヲンも大切だけど、〇〇がいてこそなんだ。
何ていうか……、精神的に安定できるんだ、
お互い。

〇〇:はぁ!?意味わからない!
 
 
 
スカイのその言葉を聞いた瞬間、
大声が出た。
 
 
 
久しぶりに、こんな声をはった。
 
 
 
だから、
 
少し裏返った自分の声と、
 
大きく揺れた感情と、
 
まだ期待してしまう私と、
 
 
ごちゃごちゃな気持ちが、溢れた。
 
 
 
子供のように泣いてしまう。
 
 
 
スカイは急いでまた私を強く抱きしめに来る。
 
 
 
その声を聞いたのか、
ヒナ達が勢いよく部屋に入ってきた。
 
 

 
ヒナ:〇〇!どうしたの!?
 
 
私はスカイから離れて、ヒナに身を委ねた。
 
 
こんな姿を見せるのは、今回が初めてだ。
 
 
ひまりの時ですら、こんなに惨めな泣き方を見せた事は無かった。
 
 
 
恥ずかしい。とかは考えられなかった。
 
 
 
ヒナは優しくゆっくりと、私に聞いた。
 
 
 
ヒナ:さっきのこと、聞いたの?
 
 
涙が止まらず、ヒクつきながら、
首を縦に振る。
 
 
 
ヒナ:スカイは?何て言ったの?
 
 
 
また、涙が溢れた。
感情が高ぶってしまい、何も話せそうにない。
 
 
だから、みんなから離れるように
リビングに向かおうとした。
 
 
けれど、スカイが私の腕を引っ張り、
自分の方へ抱き戻す。
 
 
力の出ない私は、簡単に負けてしまう。
 
 
 
スカイ:まだ、話し終わってないから…。
ねぇ?ごめんね。。。
大好きだから。それだけは信じて?
お願い。

私に顔を埋めて、震えるスカイを
どうすることも出来ない。
 
 
 
(どうすれば、いいの?)
 
 
 
ヒナ:とりあえず、向こうで落ち…………
 
 
ヒナが言いかけた瞬間、
ジョイはスカイを私から引き剥がし、
胸ぐらをつかんだ。
 
 
スカイとジョイが無言で、睨み合う。
 
 
 
そこに、ラビが冷静にゆっくりと言う。
 
 
 
ラビ:あのさ……、一回落ち着こう?
〇〇は大丈夫?リビングまで移動できる?
 
 
 
その低くも囁くような、声に促されるまま、
その手をとり、リビングに移動した。
 
 
 
 
ヒナはパタパタと駆け足でドリンクを
取りに行き、私に差し出した。
 
 
少しずつ私は落ち着いて、
シャックリも止まっていた。
 
 
 
キラ:〇〇ちゃん、大丈夫?
僕達はここにいて平気?
 
〇〇:うん、ありがとう。
大丈夫だよ。うん、スカイがいいなら。
 
 
 
ラビはずっと俯いているスカイに
聞いた。
 
 
ラビ:ヒョン達もどうしたか気になるから、
一緒に話そう?
最近のお前の行動も聞きたい事があるし。
 
スカイ:…………はい。お話しします。。。
 
ジョイ:さっきは、〇〇と何て話してたの?
あんなに泣かせて。彼氏がすること?

スカイ:はい。。。すいません。
リュヲンとの事を〇〇に話しました。
 
 
 
『リュヲン』と話すスカイの声を聞き、
ドクンと胸が強く脈を打つ。
 
 
聞きたくない気持ちとは裏腹に、
言葉が出た。
 

〇〇:…………リュヲンちゃんとは、、、
どういう関係なの?さっき言ってた
精神的な安定って何?
 
 
 
さっき聞いた言葉を言っただけなのに、
また涙が溢れ出す。
 
 
ヒナは私に寄り添い、
背中をさすってくれた。
 
 
 
スカイ:リュヲンは僕しかいないんです。。。

ヒナ:は?

ラビ:うん。それで?

スカイ:僕もリュヲンがいると、
何か………安心するんです。。。

ヒナ:はぁ!?

ラビ:それって、どういう事なの?
リュヲンといると落ち着くの?

スカイ:はい。。。
僕しかいないって言うリュヲンといると
落ち着く感じがしました。

ヒナ:〇〇の気持ちは!?考えたの!?

ラビ:それは、どうして?

スカイ:〇〇といると、幸せだけど、
また何処かに行ってしまいそうで…。
僕だけを信じてほしいのに、こうして
ヒョン達と会ってるじゃないですか。。。

ヒナ:それはお前がリュヲンと会ってるからだろ〜〜〜

ラビ:いつからなの?

スカイ:最近です。
〇〇と付き合ってからは、
事情を説明して連絡は断っていました。
けれど、スカイしかいないって
この前リュヲンに言われて。
断れませんでした。。。

ヒナ:最低。

ラビ:僕達も何回か見たよ。
一緒に退勤しているところ。
仲よさげだから、〇〇とどうしたのかなって
思ってた。

スカイ:そうやって、〇〇にはヒョン達がいるんですよ。。。

ラビ:じゃあ、ヒョン達にくれる?

スカイ:嫌ですよ。

ラビ:どうして?こんなに悲しませたのに?

スカイ:〇〇は渡しません。
リュヲンはただ、僕がいなかったら、
駄目なんです。
だから、呼ばれた時だけ少し
会ってるだけなんです。
それだけです。

ジョイ:それを、〇〇がどう思うか考えた事はあったの?

スカイ:ありました。だから、言えませんでした。

ヒナ:それって、『浮気』って言うんだよ?
分かる!?

スカイ:だけど、僕が1番愛してるのは〇〇です。
 
 
 
スカイは真っ直ぐに私を見る。
 
付き合う前から変わらない、その瞳は
今の私にはズルさしか感じなかった。
 
 
 

みんなが居てくれて良かった。
 
 
私1人だったら、こんなに冷静に
なれなかっただろう。
 
 
 
 
スカイから目をそらし、
床を見ながら話す。
 
 

〇〇:1回外に出ていい?

ヒナ:私も行く!

〇〇:ありがとう。でも1人で行ってくるね。
そこのコンビニまでだから。
携帯もちゃんと持っていく。

ヒナ:大丈夫?
 
〇〇:大丈夫だよ。少し頭を冷やしてくる。
スカイとその後話すから、みんなはその間、
話しててもらっていい?

スカイ:僕も行くよ。危ないよ?

〇〇:大丈夫。リュヲンちゃんみたいに
弱くないから、私。
 
 
 
空気が凍りつく言葉を放って、
家を出た。
 
 
 
夢中でコンビニまで走った。
 
 
 
そして、数年ぶりに煙草を買った。
 
 
 
顔を上に向け、夜空に向かいながら、
煙をはいた。
 
 
ゆっくりと頬に涙がつたっていく。
 
 
何してんだろう、私…。
 
 
 
つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!