スポンサーリンク

#026 好き

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク

#026 好き

 

リュヲンを見たときの〇〇の心情に合った歌を

置いておきます。⬇

 

 

——–ここから本編です↓ 

 

 

ぇえー!?
 
 
 
驚いているスカイの顔が遠くになる。
何処かでも見た光景だ。
 
 
 
 
タクシーの中でアルマと2人きりになった。
 
 
 
アルマ:久しぶり。元気だった?
急にごめんね。

〇〇:久しぶり。元気だよ。
うん、大丈夫。だけど、スカイに連絡するね。
 
 
 
携帯を取り出すと、
既にスカイから着信がきていた。
 
 
 
 
電話に出る。
 
 
 
〇〇:あの…ごめんね。

スカイ:何に謝ってるの?

〇〇:………。
スカイは今日リュヲンちゃんと会う予定だったの?
話してほしかったな。そういうの。

スカイ:うん、分かった。
だから、戻っておいで?
一緒に帰ろう?

〇〇:…………。
ううん。アルマと少しゲームしてから帰るね。
スカイはリュヲンちゃんと遊んで来なよ。

スカイ:なにそれ?

〇〇:……本当だね。。。
 
 
 
自分で言った意味不明な言葉に、
電話をしながら涙が流れた。
 
 
スカイには分からないように、
震える声を普通に話すのが精一杯だ。
 
 
 
〇〇:じゃあ、また後でね。

スカイ:ちょっと!!
 
 
 
電話を切ってから、
アルマの前なのに泣いてしまう。
 
 
こんな姿を見られたくないのに。
 
 
 
幸せな姿を見てほしかったのに。
 
 
 
 
アルマ:あの…さ、、、。

〇〇:急に泣いて、ごめんね…。

アルマ:いやいや、泣いたっていいんだよ?
僕は気にしないで。
理由は大体分かってるから…。

〇〇:ありがとう…。

アルマ:じゃあさ、マリカーでぶっ放そうよ!!!

〇〇:…………。プッッッ(笑)
うん!久しぶりに、やりますか!!!
 
 
 
 
 
 
アルマの家に入るときに、少しだけ躊躇した。
 
 
スカイの真っ直ぐな瞳を思い出したから。
 
 
 
だけど、もうきっと私達は、、、、、
私は、あの子に敵わない。
 
 
 
会って自信を無くした。
そして、確信もした。
 
 
 
今はもう考えたくない、スカイのこと。
そう思い、アルマの家に入った。
 
 
 
そして、アルマと本気でゲームでバトルをした。
 
 
 
アルマは何も聞かずに、
ただ単に前みたいに、ゲームをするだけだった。
 
 
 
その優しさを懐かしくも感じ、
有り難かった。
 
 
 
 
 
 
久しぶりに幸福感を感じた。
 
 
 
 
 
そして、
スカイともこんな時間があったはずだったことを思い出した。
 
 
 
スカイもゲームは上手いから、
前はよく夜中にゲームをした。
 
 
 
最近は、
スカイに質問責めしたり、
変に恋愛ドラマ一緒に観ようとしたり。
…………今考えれば空回りしてたな。
勝手に1人で。

 
 
なんで、こんな風になってしまったのだろうか……。
 
 
 
全部、私が自信が持てないからだ。
スカイは全部くれてるのに…。
 
 
 
 
 
アルマ:……大丈夫?
 
 
 
ゲームのキャラクターが動いていないことに気づき、アルマが話しかけた。
 
 
 
〇〇:うん、大丈夫だよ。
そろそろスカイも心配するかなって
思って考えてただけ。

アルマ:そっか。
じゃあ、そろそろ帰ろうか。

〇〇:うん。誘ってくれて、ありがとう。

アルマ:またやろうよ!スカイには言っておくから!

〇〇:うん。
 
 
 
 
アルマの運転する車で家に着く。
 
 
 
〇〇:送ってくれて、ありがとう。

アルマ:うん、楽しかった。またね。
それと……僕で良かったら、
色々話し聞くからね。
気軽に相談して。

〇〇:うん、ありがとう。
 
 
 
アルマの車を見送った後、
何だか家に帰りたくなくて、
コンビニに寄った。
 
 
 
煙草ではなく、
アイスを外で頬張る。
 
 
 
冷たい感覚が、私を落ち着かせる。
 
 
 
スカイはきっと怒っているだろう。
 
 
だけど、私も怒っているの。
 
 
今日、スカイは私よりもリュヲンちゃんを
優先したように感じたから。
 
 
 
けれど、スカイにとっては
『そんな事』
なんだろう。
 
 
 
そうだよね、スカイは
ずっと我慢してたんだもんね。
 
 
 
だけど、辛いよ。
 
こんなに辛いと思うなら、
付き合わなければ良かった。
 
 
 
そしたら、スカイは不安にならなかった?
私もリュヲンちゃんに嫉妬しなかった?
 
 
 
(あぁ、またこんな考え事…。)
 
 
 
『好きなら、それだけ。』
(ゆうこさんに教わったじゃないか…。)
 
 
 
 
さて、、、帰るか…と溜息交じりで、歩きだす。
 
 
 
 
 
 
家に帰り、部屋を開ける。
 
 
 
 
 

スカイは静かにこちらを見た。
 
 
  
 
 
 

その瞳で、これから何を言われるのかが
分かった。
 
 
  
 
 

これで、良かったんだ。
 
 
  
 

お互い、きっともう限界だったのだろう。
 
 
  
 

『好き。
だけど、信じられない。』
 
 
 
それが、答えだ。
 
 
 
 
スカイ:分かるんだね…。

〇〇:分かるよ、好きだから。

スカイ:僕も。

〇〇:ごめんね。

スカイ:僕のほうこそ。

〇〇:ありがとう。

スカイ:うん、ありがとう。
本当に幸せにしたかった。
だけど、僕の運命の人は
〇〇じゃなかったのかもしれない…。
自信がないんだ。

〇〇:うん。ありがとう。
幸せだったよ。
ごめんね、不安ばかり抱かせて。

スカイ:僕も幸せだった。
 
 
 
…………
 
 
 
…………
 
 
 
 
…………
 
 
 
…………
 
 
 
 
スカイ:じゃあ、行くね。

〇〇:うん。
 
 
 
静かに、スカイは部屋から出て行った。
 
 
 
その姿は見れずに、
いつもスカイが私物を置いていた棚を、
何も無くなった棚を、
力無く見つめるだけだった。
 
 
 
つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!