スポンサーリンク

#018 date

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク

#018 date

 

 

 

運転席から手を降る
彼の元へ駆けつける。
 
 
 
スカイ:待った?

〇〇:ううん。さっき準備できたところ

スカイ:じゃあ、行こうか。

〇〇:うん♪
 
 
 
付き合ってから初めての
外デート。
 
 
 
運転する彼の横顔は
特別に感じる。
 
 
いつもと違う、少し
空白のある距離感も
ドキドキを倍増させる。
 
 
 
 
思わず、じっと見入ってしまう。
 
 
 
 
スカイ:ははっ(笑)見すぎじゃない?

〇〇:あ、うん。ごめん。

スカイ:いいよ。見てて。

〇〇:うん(照)
 
 
 
 
スカイの好きな音楽が爆音で
かかる中、熱唱しながら運転する
姿はとても可愛かった。
 
 
 
 
スカイ:着いたよ。ここに少し寄ろう?
 
 
 
その場所は、水族館だった。
 
 
 
久しぶりのデートらしいデートに
嬉しさが込み上げた。
 
 
 
手を繋いで神秘的な空間を歩く。
 
 
 
変な生き物を見て、不思議がる瞬間、
可愛い生き物を見て、ふにゃる瞬間、
美味しそうな生き物を見て、笑い合う瞬間、
 
その1つ1つをスカイは
カメラに収めていっていた。
 
 
 
シャッターを押されるたびに
少し恥ずかしくなる感覚がするが、
この時間を大切にしてくれていると感じた。
 
 
 
売店で買った軽食の
うずまきフランクや
ポップコーンも半分ずつが
(ほとんど彼が食べたけど(笑))
なんだか、とても『外デート』感が
増してテンションが上がった。
 
 
 
いつもは、テンションが上がっても
そこまで表には出せない自分だったけど、
自然とニヤけてしまう。
 
 
 
 
 
水族館を出ると、
もう暗くなっていた。
 
 
 
私達は近くの夜景が見えるバーに
入った。
 
 
 
〇〇:こんな素敵な場所よく知ってたね。

スカイ:調べたんだよ。

〇〇:ありがとう。
 
 
 
お酒を飲みながら、キラキラとした
夜景を見下ろす。
 
 
 
モヤモヤした気持ちが
晴れやかになっているのを感じた。
 
 
 
スカイ:今日は楽しかった?

〇〇:うん、凄く。ありがとう。

スカイ:よかった。
実はさ、、、やっと僕達付き合えるように
なったのに、僕は何もやってあげられることがなくて。。。
いつもはヒョン達が〇〇に何かしてあげてた
ことに気付いて。。。
だから、ごめんね?

〇〇:ううん。そんな事思ってないよ。

スカイ:そっか。

〇〇:ただね、スカイとは何となく前から
付き合ってるみたいだったって言ったら、
気分悪くさせるかもだけど……

スカイ:ううん。なに?

〇〇:付き合うってなっても、
私も実際どうすればいいか
少し戸惑ったの。

スカイ:うん。

〇〇:もちろん、みんなとは
連絡はとってないんだけど、
普通に気になることがあったら
聞いてもいいかな?
ほら、編集してると面白い場面とかあって、
そのことを話題にしてもいいのかな?って
思って。

スカイ:(笑)。そんなこと?(笑)
別にいいけど。

〇〇:そっか(^^)
あとさ、みんなは元気にしてるの?
…聞いても…いい?

スカイ:うん。ヒョン達は元気だよ。
ただ、誰一人〇〇に連絡入れてないのは
正直ビックリしてる。

〇〇:うん。

スカイ:寂しい?(笑)

〇〇:ううん。スカイいるから、寂しくないよ。
薄情にみえる?

スカイ:見えないよ。でも、僕が彼氏じゃなかったらと考えると複雑(笑)

〇〇:そうだよね。。。
 
 
 
スカイは私の手を取り
優しく言った。
 
 
 
スカイ:少しずつ、ヒョン達とも話せるようにしていくから。。。

〇〇:別にいいよ?

スカイ:そう?(笑)なら、会わせない(笑)

〇〇:うん。いいよ。
あ〜、でも私は嫉妬しちゃうな、
最近。

スカイ:何が?

〇〇:音楽番組とかで、女性アイドルとか
近くにいたり、You Tubeでヨントンの動画とかおすすめに出てきちゃうと、
なんか、こう、、、、、
良く分からない感情になる。

スカイ:大丈夫だよ。気にしないで。
僕は〇〇の元にどうせ帰ってくるでしょ?
 
 
 
そう言い、頭を撫でてくれた。
 
 
 
〇〇:うん。だけど、、、
もっとスカイの好きになりたい。

スカイ:そのままでいて。

〇〇:うん……。
 
 
 
 
(本当はリュヲンちゃんとの事を聞きたかった。)
 
 
 
けれど、変なプライドが邪魔をする。
 
 
 
動画サイトで流れてくる、
リュヲンちゃんとスカイのloveサインや
お揃いと思われるアクセとか、
色々見てしまってる自分がいる。
 
 
 
そんなもの、今まで目に入らなかったのに。。。
 
 
 
(本当なの?)
 
 
 
でも、きっと
目の前のスカイが本当なんだよね?
 
 
 
 
(あ〜、私、
凄く彼のこと好きだ。)
 
 
 
私の困った顔に、
満面の笑みで返すその瞳に
また何度も恋をするのだろう。
 
 
つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!