スポンサーリンク

#016 ♡I

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク

#016 ♡I

 

 

 

求めてほしい。。。
 
 
 
そう思っていても、
待っていてくれる
優しさに、答えるべき?
 
 
 
いや、、、
 
 
 
今までスカイがしてくれてた
愛情表現をしなくちゃ、
きっと伝えられない。
 
 
 
伝わらない。
 
 
 
そう思った。
 
 
 
そして、隣で私の肩に
もたれかかりながら
テレビにツッコミを入れている
スカイを見る。
 
 
 
スカイ:ん?どうしたの?
 
 
 
ゴクンと生唾をのんだ。
 
 
(こんなに緊張する!?)
と、少し動揺した。
 
 

深呼吸をして、、、。
 
 
 
スカイ:ぇえ!?何!?(笑)
 
 
 
 
〇〇:スカイ、好きだよ!

 
 
めっちゃ引きつった笑顔で、
言ってるのを感じた。
 
 
 
 
スカイ:ハッwwwwww
 
 
スカイはその顔をみて、吹き出し、
私の顔に食べていたスナック菓子の
カスが飛んできた。
 
 
 
〇〇:ぅわぁっっ!きたなっ!
 
スカイ:ごめんwwwゴメン🙏www
 
 
 
スカイは笑いながらも
慌ててティッシュで
私の顔を拭いてくれた。
 
 
 
〇〇:も〜……せっかく、
勇気だしたのに。。。
 
 
 
決心して告白したのに、こんな雰囲気に
なってしまって、残念な気がした。。。
 
 
 
スカイはまた小さく笑って
話しだした。
 
 
 
スカイ:どーせ、ヒョン達にも言ってるんでしょ?(笑)もう、いいって(笑)
 
〇〇:これからはスカイ以外言わないよ。
スカイが好き。
みんなにも会ってほしくないなら、
会わない。
 
スカイ:…………え?

〇〇:本当だよ?

スカイ:本当に?

〇〇:本当に。
 
 
 
真剣にスカイを見た。
 
 
 
(お願い、伝わって)
 
 
 
その瞬間、
 
 
スカイが強く私を抱きしめてくれた。
 
 
 
スカイ:……本当にいいの?

〇〇:私こそ、いいの?

スカイ:うん。もちろん。。。
 
 
そう答えるスカイの声は少し震えていて、
鼻をすすっていた。
 
 
 
表情を見ようとしたが、
強く抱きしめられ、顔を埋めて見えなかった。
 
 
 
益々、愛おしく感じた。
 
 
 
暫くお互いの温もりを感じながら、
無言で、
身体を揺らし合ったりした。
 
 
 
 

今までとは違う、
安心感をお互い確認したようだった。
 
 
 
 
 

スカイ:ヒョン達にどうやって知らせよう?

〇〇:スカイはどうしたい?

スカイ:僕から明日にでも話そうかな。
怖いから帰り際にサラッと(笑)

〇〇:うん。じゃあ、そうして。

スカイ:わかった。
 
 
 
そして、自然にキスをしあった。
 
 
 
短いキスの後、スカイは言う。
 
 
スカイ:もしかして、嫉妬してくれたの?

〇〇:うん。

スカイ:かわいい〜(笑)

〇〇:からかわないでよ。
 
 
 
照れ隠しで、
スカイから顔をそらすと、
片手でスカイの方を見るように修整された。
 
 
彼と半強制的に目が合う。
 
 
 
今までとは違う
その微笑み方に、ドキッとしてしまう。
 
 
 
それと同時に、
私の心の中で小さい自分が
パニック状態になった。
 
(彼はこんなに格好良かったけ!?)
 
 
 
それに気付いたのか、
それともこれからの雰囲気に
ニヤついただけなのか、
分からなかったが、
もっと目が笑った。
 
 
目尻に出来た笑い皺さえも、可愛く見えた。
 
 
 
(一気に重症化したな…。)
 
そう思いながら、自分の心の病気を
諦めたように目を瞑った。
 
 
 
長い口づけをしたあと、
スカイは簡単に私を持ち上げた。
 
 
 
そして、私の部屋へ移動する。
 
 
 
その間も色んな場所に、
キスをするスカイは
私の反応を楽しんでいるようだった。
 
 
 
。゚゚・。・゚゚。
゚。🖤 。゚
 ゚・。・゚
。゚゚・。・゚゚。
゚。♥ 。゚
 ゚・。・゚
。゚゚・。・゚゚。
゚。🖤 。゚
 ゚・。・゚
 
 
 
 
 
꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖°⌖꙳✧˖° 
 

カーテンから漏れる朝日に
照らされた、彼の顔があまりに
綺麗だったので、写真を撮った。
 
 
 
そして、それを見てニヤニヤしていると
メッセージが届いた。
 
 
ヒナからだった。
 
 
 
ヒナ:『昨日めちゃ酔ったみたいです。
そのまま部屋で潰れてました。。。
ごめんなさい(_ _;)
スープ作ったけど飲む?
キラとこれから朝ごはんなんだけど、
〇〇とアルマとスカイはどうする?』
 
 
 
 
(ヒナにはスカイと付き合うことに
なったって、今すぐ伝えたいけど、
キラもいるしどうしようか。)
 
 
と、少し考えていたら、
珍しくスカイが起きそうな寝返りを
したので、軽く肩を叩いてみた。
 
 
 
眠たそうに、すこーしだけ目を開けた
彼にヒナからのメッセージを見せ、
どうするか聞いた。
 
 
 
スカイ:スープ飲む〜。。
あと、2人には今一緒に行って伝えよ〜。。。
 
 
 
それだけ言い、また眠りについた。
 
 
 
10分だけ寝かそうと思い、
そのままにし、ヒナに返信をした。
 
 
 
つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!