スポンサーリンク

#007 ロッテワールド1/3

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク

#007 ロッテワールド1/3

 

 

 

??:起きないと、このまま、
抱いちゃうよ?
 
 
 
耳元で囁かれて飛び起きた。
 
  
ゲーム机でそのまま寝ていたので、
体中に痛みを感じた。
 
 
 
スカイ:やっと起きたね〜

〇〇:……やば。スカイよりも寝てたってこと?

スカイ:そうだよ〜。てか、早く準備しないとじゃん?

〇〇:もう出るの?

スカイ:うん。7時には出るってよ。

〇〇:はやっ(笑)てか、あと30分しかないじゃん〜。

スカイ:はい、水。とりあえず、シャワー浴びてきなよ?ご飯食べる?何がいい?

〇〇:そうだね〜。ご飯はいらな〜い。
みんな食べたの?
ごめんね、作れなくて。

スカイ:気にしないで。早く準備しな〜。
 
〇〇:は〜い。
 
 
 
久しぶりに、夜通し遊んで、
フワフワした感覚になった。
 
 
 
私は化粧をするのを諦めて、
ゆっくりとシャワーを浴びた。
 
 
そして、ジュンスさんが迎えに来てくれた
車にみんなと一緒に乗り込んだ。
 
 
すると、ヒナとキラは先に乗っていた。
 
 
 
  
ヒナ:〇〇!ごめん、昨日伝えわすれててさ〜m(_ _)m

〇〇:ビックリした(笑)でも大丈夫だよ〜。

ヒナ:本当に?スッピンなのに?(笑)

〇〇:昨日ゲームオールしたら、何もかも面倒くさくなっちゃって…(笑)

アルマ:分かる〜。

〇〇:ねぇ〜(ー_ー)

ヒナ:え〜(笑)でも楽しもうよぉ〜!!!
みんなで遊園地とか超久しぶりじゃ〜ん!

〇〇:そうだねぇ| ͡ᵔ ﹏ ͡ᵔ |

ヒナ:もぉ〜(笑)

ジョイ:〇〇大丈夫?マッサージしてあげるからね〜。
 
 
 
そう言って、すぐ後ろの席に座っていた
ジョイはマッサージをしてくれた。
 
 
 
〇〇:ありがと〜。
 
 
そして、私はそのまま寝落ちした。
 
 
 
 
 
 
 
〜ロッテワールド到着〜
 
 
 
 
 
眠気がすっきり醒めていた。

 
  
〇〇:ジョイ、本当にありがとう!

ジョイ:いいえ〜(笑)後で何かしてもらおう♪

〇〇:え〜(笑)
あ、ジュンスさん、この度は色々と
ありがとうございます。

ジュンス:いいんですよ。
いつかはこうなると思っていましたから。

〇〇:ジュンスさんは、何でもお見通しですね。

ジュンス:そんな事はありません。
ただ、〇〇さんがいたほうが、メンバーの管理が
楽な事に気づいた2年間でした(笑)

〇〇:そんな〜。(笑)

ジュンス:そういえば、今日同じ事務所のグループも何名か来ます。向こうは仕事ですけど。
それで、貸し切りに出来たんです。

〇〇:あ〜、そうゆう感じだったんですね!
 
 
 
遠くから私の名前を呼ぶ声が聞こえた。

 
 
ルカ:せんせ〜い!久しぶり〜!

〇〇:お〜、ルカ!元気だった?

ルカ:元気だよ〜!

ヒナ:え〜!?ルカじゃん!!
やば!握手してください!

ルカ:わぁ!ヒナさん?
先生から話しは聞いてるよ〜!よろしく〜。
じゃあ、僕仕事だから、またね!
合間に遊ぼう〜!

〇〇:うん〜。頑張ってね〜。
 
 

そう言って、バイバイしあっていると、その手を掴まれた。
 
 
 
ラビ:ルカと遊んでる暇なんて
与えないけど?

〇〇:え?

スカイ:じゃあ、まずは、アレだね。

ラビ:うん。アレだね。
 
 
2人が見ていたのは、
巨大なバイキングだった。
 
 
〇〇:いきなりこれ!?

スカイ:行こうー♪
 
 
2人の間に挟まれ、腕を掴まれながら、
ほぼ強引にバイキングに乗せられた。
 
 
1番後ろの席に…(TдT)
 
 
スカイ:今日、ずっと一緒に周ろうよ!

ラビ:はぁ!?俺と周る約束してるよ?

〇〇:え!?いつ約束した!?
みんなで楽しもうよ!
 
 
そうしているうちに、バイキングが動き出し、
私は手すりにしっかりつかまった。
 
 
スカイ:こわ〜い。
 
そう言い、私に抱きつく。
 
ラビ:高くなってきたぁぁあああ
 
と、言いながら、スカイの腕を払い、
私に抱きつく。
 
 
  
私を挟みながら、
お互い睨みあっているのが、
なんとなく分かったが、
振り幅が大きくなるにつれて、
胃が浮く感じに耐えるので、
精一杯になった。

1回目が終わると、
他のみんなも乗り込んできて、
その後、連続3回乗った。
 
 
完全にノリノリになった全員で、
回る系の絶叫に乗りまくった。
 
 
アルマ:ヒャァア!ヒャッヒャッ!!!!!

〇〇:www。ちょっと絶叫の仕方、面白すぎ(笑)
ぎぃ゛ゃ゛ゃ゛ゃ゛や゛や゛や゛!!!!!!!!!!!!!!
 
アルマ:や〜、人のこと言えないんじゃないか!?
 
〇〇:だしがに゛ぃ゛ぃ゛い゛い゛い゛!!!!!!!!

アルマ:ひゃぁあああああッッッッッ!!!!!!!!!
 
 
 
流石に連続乗りすぎて、
疲れてきたので、ベンチに座った。
 
 
 
スカイ:大丈夫?ねぇ、次シンドバッド行こうよ!

ラビ:〇〇はどこ行きたい?
3Dの乗り物もあるってよ〜!
 
 
相変わらず、2人は両端にピッタリとくっついている。。。
 
 
 
 

(すごくデジャヴュ感……)
 
 
 
 
(しかし、この人達の体力半端ないな………)
 
 
 
 
(ちょっと、しばらく放っといてくれないかな…)
 
 
 
(白目…ರ_ರ)
 
 
 
アルマ:〇〇〜。大丈夫?
はい、コレ。水とアイス🍨
冷たいものでも食べて
少しスッキリなればいいけど。
 
〇〇:うわ〜。ありがとう。
 
 
スカイ:ヒョン、僕のは?

ラビ:〇〇のだけ?

アルマ:そんなに持てるわけないだろ〜!
今キラが買ってるから、もしかしたら、
一緒に買ってもらえるかもよ!
行ってみたら?
 
 
スカイとラビはそれを聞くと、
2人で楽しそうに、キラの元へ向かった。
 
 
アルマ:今立てそう?

〇〇:え?

アルマ:みんながいない間に、あっちに船のアトラクションあるから、移動しよ〜?
少しゆっくりしようよ。

〇〇:うん。
 
 
そして、アルマとアイスを食べながら、
移動した。
 
 

つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!