スポンサーリンク

続・韓国アイドルとの恋〜逆ハーレムの行方〜 #053 sweet heart

スポンサーリンク
スポンサーリンク

#053 sweet heart


・下記の名前を好きな名前に変更できます🌟
・情報を登録で名前を変更してください🌟
・情報を削除で元に戻せます🌟
※ヒョンとの兼ね合いが難しい為、
表現がおかしくなる場合がありますm(__)m
 
 

名前変換

家に着くと、ラビは沢山のお酒とグラスを出してきた。
 
  
いつもの事だけど、、、気になるのは…。
 
 
 
さっきから、なんだろう?
この雰囲気。
 
 

ラビ:どれ飲みたい?
 
〇〇:じゃあ…これ飲もうかな。
 
 
 
ラビは私が指したお酒をグラスに注ぎ渡してくれた。
 
 
 
それを受け取ろうとしたときに、
グラスを持っていない方のラビの手が絡んできた。
 
 
〇〇:…………え?
 
 
 
受け取ろうとしていた自分の手が、思わず恋人繋ぎになった。
この現象に頭が追い付かず、不思議に感じる。
 
 
 
ラビ:(笑)
 
 
ラビはそんな私を見て、呼吸が苦しくなりそうなくらい笑っていた。
 
  
 
〇〇:なんで、急に手繋いだ!?
驚いたよ。
 
ラビ:ごめん、ごめん(笑)
久しぶりにビックリ顔みたら、可愛くて…
 
〇〇:そんな笑い方じゃないじゃん!
 
ラビ:怒らないで?
あのさ……お酒飲む前にやっぱり話そうと思って。
 
 
 
そう言いながら、手は繋いだままグラスを置き、私の前にピッタリとくっついてきた。

 
 
〇〇:………近いよ?
 
ラビ:いいじゃん、久しぶりに。
ほら、ね?
 
 
ラビは私の腰に両手を回し、見下し微笑む。
 
 
(あ、駄目だ。)
 
 
このままラビを見る事が出来なくなり、目を逸らす。
 
 
 
ラビ:こっち見て?
この前は邪魔が入っちゃったけど、
今日は誰も来れないね?
今日、ラン達と話せてよかったよ。
僕は決心がついた。
 
 
 
 
(何を言われるのか、もう分かる)  
 
 
 
(その準備はしてきたから。)
 
 
 

(でもラビが1番最初だとは思ってなかったな。。。)
 
 
 
(最近は静観してくれていた気がするから。)
 
 
 
(私を想って、きっとこれから言ってくれる。)
 
 
 
(だから、はじめようね。『終わりのはじまり』を。)
 
 
 
私はラビを真っ直ぐ見る。
 

こっちに戻ってからは、少しラビとは壁を感じていた。
 
何故なら、凄く大人になっていたから。
中身も外見も。
 
 

だから、こんなに近くで見つめられると、何だかその纏っているオーラに潰されてしまいそうで見れなくなってしまう。
 
 
 
遠くからラビの視線を感じると、昔は心配していたのに、今は格好良くなったな〜って思ったりしていた。

目線はすぐバレて、目を逸らしてしまう事があった。
 
 
きっと、それも見抜かれている。
 
  
 
 
ラビ:おいで?
〇〇から僕を抱いてごらん?
 
 
 
 
 
誰かと付き合ったら、またみんなと連絡とれなくなってしまう。
 
 
だから、避けていた。
 
 
 
だけど、いつまでもずっと一途なこの目線に、
もう逃げ切れない。
 
 
あんなに、怖くて困っていたのに、こんな風に優しく甘く変わっていく彼を嬉しいと感じる。
 
 
この手をとったら、ラビをまた傷つけるだろう。
だって、同じくらい彼等も好きだから。
 
 
そして、私は誰と付き合っても、もう信じられないと思う。
きっと、他の女性にいってしまうんでしょ?
そう感じてしまう、私がいる。
 
 
 
だから、友達でいたかった。
それなら彼女が出来ても祝福できるし、
ずっと一緒に歩めるじゃない。
 
 
スカイの時に心底思ったの。
あの時に、嫉妬なんてするんじゃなかったって…。
だって、そうしたら今のスカイは苦しまなかったかもしれないから。

 

だけど、もう疲れちゃった。
拒むほど私は純粋でもないし、素直に嬉しいしドキドキする気持ちに嘘はない。
 
 
 
 
 
ラビに寄りかかり、抱きつく。
温もりが熱く、鼓動が随分早いことに気付く。
こんな私に大切な言葉をいう為に、これほど緊張している事を知る。
見上げると、今までにない笑顔で言った。
 
 
 
ラビ:やっとだね…。
愛してる。付き合おう、僕達。
全てから守ってあげる。
 
〇〇:うん、ありがとう…。
 
 

どうしてなの?
どうして、いつも優しくするの?

 
 
 
私は選べないんだよ?
出来れば、ほっといてほしかった。
寂しい時だけ私を利用してくれればいいと思っていた。
それで、満足していたから。
 
 

こんな風にこられたら、もうその蜜に絡まるしかないと思う、軽い自分がいる。
 
 

どうせこの甘い蜜を舐めたって、
状況はきっと変らないと思う最悪な自分が顔をだす。
 
 
これから付き合って彼が連絡とるなって言っても、みんなから連絡くるよ。
ずっと、そうだった…。
 
 
 
でも、私はこの嬉しそうな彼の笑顔に、
とても幸せを感じる。
 
 
このまま彼と付き合ってしまうことに、
後ろめたさを感じながら…。
 
 
だから、お願い。
この私をよく見て、嫌いになって。
あなただけを愛することが、出来ないから。 
そうしないと、私はみんなから離れられないの。大好きだから。
 
 
 
ラビ:ねぇ?何を思ってるの?
嬉しくないの?
 
〇〇:嬉しいよ?どうして?
 
ラビ:そう?まぁ…飲もうか。
今日は記念日だよ、ハニー。
 
〇〇:うん、よろしくね。
 
ラビ:ダーリン。
 
〇〇:ダ、ダーリン/////
 
ラビ:ししし(笑)
わぁ、本当に幸せだな。
じゃぁ…スマホだして?
 
〇〇:…………え?
 
 
 
その言葉に戸惑いながらも、
差し出した。
 
 
つづく

 

☆現在キャンペーン中☆

みんなで推し活資金もらっちゃいましょう♪

TikTok Liteにログインをしてお友達と一緒に報酬をGETしよう!

TikTok Liteにログインをして お友達と一緒に報酬をGETしよう!

🌙インスタ🌙

@lunapiiiii

@kms_novel_loon

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
error: Content is protected !!