スポンサーリンク

気になるあの子5/5

スポンサーリンク




スポンサーリンク

気になるあの子5/5


・下記の名前を好きな名前に変更できます🌟
・情報を登録で名前を変更してください🌟
・情報を削除で元に戻せます🌟
※ヒョンとの兼ね合いが難しい為、
表現がおかしくなる場合がありますm(__)m
 
 

名前変換

(ゥッ……………どうして………)
 
 
 
舞台上のライトが、いつもより眩しく感じる。
 
 
 
いつもの発作は収まったはずだった。
 
 
 
今また出ないでよ…。。。
 
 
 
 
ただただ気力だけで、ステージを終え、
笑顔を絶やさないまま裏にはけていった。
 
 
 
その瞬間、フッと足に力が入らなくなる。
 
 
 
(あ、倒れる。)
 
 
 
(あれ?……………倒れない?)
 
 
 
 
意識が朦朧とする中、
私はスカイの腕の中にいた。
 
 

 
スカイ:大丈夫だから…
 
 
 

そこから記憶はない。
 
 
 
 
 
 

楽屋のソファーで起きてから、
状況をメンバーに聞いた。
 
 
 
それから、1日のスケジュールを終え、
帰宅した真夜中、彼はいた。
 
 
 
私の家の前に。
 
  
 
リュヲン:どうしたの?
 
スカイ:どうしたのって、体調大丈夫なの?
 
リュヲン:あぁ、初めてやらかしちゃった…。
もう、大丈夫だよ。あんな姿見せちゃって恥ずかしいな…。
 
スカイ:ねぇ?頑張りすぎじゃない?
少しは弱いところを見せてもいいんだよ?
良いチームじゃん、リュヲン達。
 
リュヲン:うん、そうだけど…。
私は私の価値を下げたくない。
全部を完璧にしたい。それがみんなへの恩返しだから。
 
スカイ:………じゃあ、僕の前だけでも少しは力抜きなよ?大丈夫だから。
僕もその気持ちは分かるから。
それは、分かるでしょ?
 
リュヲン:…………うん。
 
スカイ:僕の前でも完璧でいたい?(笑)
 
リュヲン:…好きな人の前なんだから当たり前でしょ。
 
スカイ:(笑)
 
 
 
 
彼は私が好きな、クシャクシャの笑顔で笑った。
 
 
 
 
(この笑顔が戻ったのも、彼女のお陰か…。)
 
 
 
 
(もう、私は本当に用済みだな。。。)
 
 
 
 
リュヲン:ありがとね。心配してくれて。
もう帰りな?彼女、悲しむよ。。。
 
スカイ:僕は、リュヲンに救われたんだ。
だから、次は僕が恩返しさせて?
 
リュヲン:………私は大丈夫。
発作は1人で直せるから。
 
スカイ:今日は?
 
リュヲン:それは…。もう、あんなミスはしないから。じゃあね。
 
 
 
そう言い、家の中へと入った。
 
 
 
私は大丈夫。
 
 
そう、奮い立たせてこれからのスケジュールをこなすはずだった。
 
 
 
 
だが、出来なかった。
 
 
無理だった。
 
 
 
どうしたら、この発作が収まるの?
苦しいよ。助けて。誰か…。
 
 
 
その度にスカイは現れた。
 
 
 
私達は、元の関係に戻りつつあった。
 
 
  
そうすると、発作が消えていた。
 
 
 
 
それを察した社長が、スカイにリュヲンを頼むとお願いをしていたのは、後から知った。
 
 

 
私は次第にスカイに依存するようになっていた。
 
 
 
ただ、彼には彼女がいる。。。
 
 
 
ある日、彼女は事務所前にいた。
 
 
 
 
以前見かけた時は、綺麗な人だったのに
何故か少し違っていた。
 
 
彼女に似合わない着飾り方をしていた。
まるで、私達アイドルのように…。
 
 
 
スカイは彼女に気付かず、私に向かってきたので、焦った。
 
 
 
だが、その心配も無用だった。
 
 
 
彼女はアルマとタクシーに乗り何処かへ行ってしまった。
 
 
 
スカイは見たこともない悲しい顔をしていた。
 
 
 
 
(やっぱり、彼女は彼を分かっていない。)
 
  
 
 
リュヲン:私はソムニョにもなれていないけど、スカイとは通じるものがあると思っているよ?彼女、あのままでいいの?
 
スカイ:……うん。僕の力不足だったんだ。。。
リュヲンごめん、家に帰るね。
 
リュヲン:うん、頑張ってね。
 
 
 
 
スカイはタクシーに乗りながら手を振り、
彼女の家へ帰っていった。
 
 
 
 
それからも、彼とは曖昧な関係が続いた。
 
 
 
 
私達はそれが1番心地よかった。
 
 
 
 
おわり…?
 
 
 
あとがき:元々は5話の短編で終わらせようと思っていましたが、段々とリュヲンが好きになり、後の方が長文になりましたm(__)m
そして突然の終わり方になってしまいました😂
まだ続編書きたい気持ちが…😱

ここまで読んで頂き、ありがとうございます🌟

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!