スポンサーリンク

#046 流出

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク

#046 流出

 

 

 

スカイは今日はやたら、
 
これも食べな、あれも食べな
これも飲みなと、すすめてくる。
 
 
 
きっと、ひまりと何かがあったのだと
思ってるんだろうな。。。
 
 
 

スカイは気にしてる様だけど、、、
聞いてこない。
 
 
あったにはあったけど、、、。
 
 
 
スカイのそんな態度が珍しく、しばらく
様子を見ていた。
 
 
 

 
〇〇:プッッ
 
 
 
 
 

チラチラと、こちらの顔色を伺う
その目線に思わず吹き出してしまった。
 
 
 
 
スカイ:なに?大丈夫?
 
 
 
私がついにおかしくなったのかと、
真顔で心配している。
 
 
 
 
〇〇:(笑)
大丈夫だよ。ありがとね。
  
スカイ:なに?なんで笑ってるの?
 
〇〇:スカイが可愛いからだよ
 
スカイ:???
 
〇〇:…あのね、明日ひまりと別れた原因の
女性がひまりのメイクとして来る予定なの。
それを今日聞いて、
明日私は来なくていいってなったの。
 
スカイ:なにそれ…
〇〇はそれでいいの?
 
〇〇:うん。ひまりが2人を会わせたくないんだと思う。
ゆうこさんには逆らえないだろうし。
 
スカイ:ゆうこさん?って言うのかな?
その人。

〇〇:うん。日本の芸能界で
結構権力あるみたいで…。

スカイ:あ〜…そうゆう感じか。。。
 
〇〇:うん。
でもね、もう大丈夫なんだ。
 
スカイ:???

〇〇:私は今、韓国で幸せだから(^^)

スカイ:本当にぃ(笑)?

〇〇:うん!だってさ、
ひまりとこんなに普通に話せるなんて
吹っきれてる証拠だし、
今は正直……沢山かっこいい人に
囲まれてるから(笑)
ヒナも前より近くにいるし!

スカイ:言ってくれるね〜(笑)
何をあげようかな(笑)

〇〇:ははは〜(笑)
でも、本当に本心だよ。
ひまりから最初に明日の事聞いた時は
動悸がしたけど、頭冷やしに行ったら、
すぐ大丈夫になったし!

スカイ:そっか。
なんか、最近ひまりさんには敵わないな〜って
思ってた。

〇〇:なんで?(笑)

スカイ:お似合いに見えたから(笑)

〇〇:え〜、そうかな?

スカイ:じゃあ、僕とお似合いになる?
 
 
 
 
部屋のライトに照らされたスカイの
キラースマイルは美しいが、
面白かった。
 
 
 
 
〇〇:ㅋㅋㅋ
 
スカイ:なんだよ〜!も〜!
こっちは真剣なのに!

〇〇:ごめん、ごめん!
本当に今ちゃんと考えてるから!

スカイ:本当に?

〇〇:うん。

スカイ:…まぁ、いいや。
ほら、食べな〜。

〇〇:ありがとう。
 
 
 
  
そして、ゆっくりと
いつも通り映画を観ながら
まったりとしていた。
 
 
 
 
 
♪〜携帯着信〜♪
 
 
 
 
 
 
画面を見ると、ヒナからだった。
 
 
  
 
 

 
〇〇:『ヒナどうしたの?』
 
ヒナ:『ちょっと!今からURL送るから見て!』

〇〇:『?わかった〜』

ヒナ:『通話はこのままで、見て!はやく!』
 
 
  
ヒナに促されながら、
URLをみると、
アルマとスカイとの2ショットの
それぞれの写真が流出していた。。。
 
 
 
 
〇〇:『……なにこれ…』

ヒナ:『いつ撮られたか分かる?』

〇〇:『うん。最近だよ。』
 
スカイ:どうしたの?
 
ヒナ:『スカイといるの?
ちょっと!これ、見てよ!どうすんの?』

スカイ:……

〇〇:……

スカイの方も着信が鳴った。
 
 
 

スカイ:ジュンスさんからだ。
はい…。
 
 
 
 
スカイはそのまま相槌を打ちながら、
電話を切った。

 
 
スカイ:今から事務所に行くことになった。
〇〇も一緒に行こう。

ヒナ:『私も向うわ!また後でね!』

〇〇:うん…。またね。。。
 
 
 
スカイと私は急いで準備して、
事務所へ向かった。
 
 

途中、アルマからラインがきていた。
 
 
 
アルマ:’’ごめんね…‘‘
 
〇〇:‘‘こちらこそm(__)m今事務所向かってる’’
 
アルマ:‘‘僕も。後でね。’’

 
 
 
事務所に着くと、
外に数人のファンが集まっていた。
 
 
 
スカイの運転する車の
後ろの席に乗っていた私は
体制を低くして見えないように
地下駐車場へ行き、事務所へ入った。
 
 
 
会議室へ入ると、みんな揃っていた。
 
 
つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!