スポンサーリンク

続・韓国アイドルとの恋〜逆ハーレムの行方〜 #074 寂しくなるね/sideのはじまり

スポンサーリンク
スポンサーリンク

続・韓国アイドルとの恋〜逆ハーレムの行方〜 #074 寂しくなるね/sideのはじまり

 


・下記の名前を好きな名前に変更できます🌟
・情報を登録で名前を変更してください🌟
・情報を削除で元に戻せます🌟
※ヒョンとの兼ね合いが難しい為、
表現がおかしくなる場合がありますm(__)m

名前変換

 

 

ジョイ:やっと、〇〇と話せるね。
 
〇〇:うん、お酒ありがとう。
 
ジョイ:もう、僕の家にも来れないの?
 
〇〇:うん。
 
ジョイ:そうだよね…。
いきなりで、寂しくなるな〜。
 
〇〇:うん、本当に。
 
ジョイ:本当に思ってる(笑)?
 
〇〇:そこ突っ込むとまた、変になるから!
 
  
 
 
クイッとお酒を口に含んで、胸にある突っかかりを流した。
 
 
 
ジョイ:でも、何かあったら気軽に相談して。仕事の事でも。
 
〇〇:うん。
 
 
 
この気軽な優しさが心地よかった。
だから、今まで側にいても大丈夫だったのだろう。
 
 
 
スカイ:ジョイヒョンといい雰囲気に見えるけど、本当にラビヒョンと付き合うの?
 
〇〇:うん、だから会えなくなるねって話てたの。
 
スカイ:そうなんだ〜。
僕は会いに行くけどね。
 
〇〇:そういうのが、もう迷惑なの。
 
スカイ:うん、分かってる。
だから、諦めるけど会えなくなるとは思ってないから。
 
ジョイ:え、何(笑)!?
もう、〇〇困らせるのは辞めよう?
はいはい、飲んで〜。
 
 
 
スカイはお酒をイッキ飲みし、言った。
 
 
 
スカイ:ラビヒョンと付き合ったて、どうせ…………、
 
 
 
急に言葉をつまらせたスカイを、私とジョイは心配した。
 
 
 
〇〇:大丈夫?
 
スカイ:……………その言葉も嬉しくないよ。もう、僕はどうすればいいか分からない感情だよ。
 
ジョイ:分かるよ。
 
〇〇:ごめん。。。
 
スカイ:それが聞きたいんじゃないんだよ。
 
 
 
 
深刻そうな雰囲気を、察してヒナがやってきた。
 
 
 
 
ヒナ:もう!!ラビ〜!
 
ラビ:はいはい〜✾料理できましたよ🍗
〇〇、僕達は向こうに行こう。
 
 
 
 
ラビが私を引っ張って、2人から遠い位置へ置いた。 
そして、持ってきた料理を私に差し出した。
 
 
 
ラビ:はい、あ〜ん。
 
〇〇:ぇえ!?(^_^;)///////
 
ラビ:あ〜ん。???
 
〇〇:あ、あ〜ん/////
 
ラビ:今更恥ずかしいがらないでよ〜(笑)
 
〇〇:いやだって皆いるし。
友達の前は流石に気まずいよ。
 
ラビ:そう?
でも僕達こうしてないと、駄目だよ。
 
 
 
そう言い放つ彼の視線と自信ありげな表情は、私の恥ずかしい感情にドキドキをプラスした。
 
 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 

スカイside 
 
 
あの時にこうしていれば…なんて想いはもう捨てた方がいいのだろうか。
 
 
自分の不器用さを、今になって悔いている。
 

 
つづく

 

☆現在キャンペーン中☆

みんなで推し活資金もらっちゃいましょう♪

TikTok Liteにログインをしてお友達と一緒に報酬をGETしよう!

TikTok Liteにログインをして お友達と一緒に報酬をGETしよう!

🌙インスタ🌙

@lunapiiiii

@kms_novel_loon

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
error: Content is protected !!