スポンサーリンク

#049 ゆうこさん

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク

#049 ゆうこさん

 

 

 

ひまり:じゃあ、俺はここで待ってるから

〇〇:うん。
 
  
 

ゆうこさんの待つ車の後部座席を
ノックし、ドアを開けた。
 
ゆうこ:お久しぶりです。
 
 

スラリとした足を組み、
こちらを見ながら言った。
 
 
 
〇〇:お久しぶりです…。
 
ゆうこ:大変みたいですね?
とりあえず、嫌だろうけど、
私の隣へ座ってもらえますか?

〇〇:はい。失礼します。

ゆうこ:そんなにかしこまらなくていいですよ。
〇〇さんが嫌じゃなければ…。

〇〇:はい…

ゆうこ:提案のこと、ひまりから聞いてますよね?

〇〇:はい。考えてくれてありがとうございます。

ゆうこ:違うの。
お礼を言われる事なんてしてないんです。

〇〇:え?

ゆうこ:ただ、ひまりに頼まれただけなの。
そうしてくれないか?って。
だから、考えたのもほとんどひまりなんですよ。
 
〇〇:そうなんですか…

ゆうこ:ひまりから頼まれごとされるのなんて初めてだったから…。
よりによって、あなた絡みなんだもん。
 
 
 

ゆうこさんは、切なく笑った。
 
 
 

ゆうこ:〇〇さんにも、謝りたいと
思っていたんです。
そんな資格ないのは、分かっているけど…。
 
〇〇:…
 
ゆうこ:だからって訳じゃないけど…。
良かったら、今回協力させていただきたいです。
 
〇〇:謝る必要はないですけど、そう思っていただき、ありがとうございます。

ゆうこ:〇〇さんは、変わらないですね。
良い意味で。
 
 
 

ゆうこさんはまた、切なく笑って私を見た。

 
 
ゆうこ:ひまりは自分の夢の為に、
私の支援が欲しくて、私をあの時選んだけれど、
心の中はずっと、あなたと別れたの後悔してます。
 
〇〇:…
 
ゆうこ:他にも支援する女性は沢山いたけれど、
ひまりはもう支援が必要じゃなくなるくらいに、
自分の音楽を世間に浸透させたから、
全て切ったの。
私も、もう大丈夫って言われました。
随分前に。
だけど、私はこうしてひまりとまだ一緒にいさせてもらってるの。
 
〇〇:…どうして、今それを私に?
 
ゆうこ:多分、ひまりはあなたを迎えに行きたいんだと思う。
夢は叶ったけど、でもやっぱり〇〇さんがいなくちゃ、その先には行けないんだと思うの。
 
〇〇:でも…
 
ゆうこ:うん。そうだよね。。。
今回の話を聞いて、きっともう〇〇さんは、
ひまりの事はもう好きじゃないのかな?って、
思ったの。
 
〇〇:はい…もう過去の事と割り切っていますから。。。
 
ゆうこ:…そうだよね。
それをね思って、安心した感情以上に
胸がギューっとごめんなさいって思ったんです。。。
 
〇〇:…

ゆうこ:今更ですよね…。
ひまりを1番大切な人の側から離したのは
私なのに…。
 
 
 
 

〇〇:……。
ゆうこさんの気持ち今は何となくですが、
理解できました。
 
 
 
ゆうこさんは、ビックリした表情をした後に
俯いてしまった。
 
 
 

〇〇:ゆうこさんは、それでもひまりが
好きなんですね。。。
 
ゆうこ:はい…。ごめんなさい。

〇〇:いえ、凄い事だと思います。
 
ゆうこ:!?

〇〇:私はずっとひまりだけを想い続ける事が出来ませんでした。
忘れようとしました。
その程度の気持ちだったんです。

ゆうこ:……
 
〇〇:そして、今も…人を想う気持が
分かりません…。
だから、ゆうこさんみたいに想い続けられる
事が今は羨ましいです。
 
ゆうこ:あ、ありがとうございます…。

〇〇:私もそうゆう相手を見つけます(^^)
 
ゆうこ:私みたいな恋愛は辞めたほうが…
 
〇〇:ん〜……確かにそうですね(笑)
大切にしてくれそうな相手を選びます(笑)
 
ゆうこ:!!(笑)
ひまりに失礼じゃないですか!(笑)
 
〇〇:(笑)
 
 
 

いつの間にか、2人で笑い合った。 
  
 

ゆうこさんと、こんな風に話す事が不思議だったけど、
なんだか少し胸がスーッとした。
これは、本当に私が元彼の事を吹っ切れている
ことなんだろうと、確証した。
 
 
 
 
 
 
 
 
トントン
 
 
 
後部座席の窓をひまりが叩いた。
 
窓を開け、話が終わった事を伝えた。 
 

ひまりは私達が仲良く話している事に、
驚いている様子だった。
 
 
 
ひまり:〇〇はこのまま家に送って大丈夫?
 
〇〇:うん、お願いします。
 
ひまり:了解〜
 
〇〇:そして、ゆうこさんとひまり、
これから色々とご迷惑おかけしますが、
宜しくお願い致します。
 
ひまり:了解〜
 
ゆうこ:うん!任せて!
 
 
そして車が家に向かって出発した。
 
 
事務所の駐車場を出るときに、
車は色々な人達に囲まれ、写真を撮られた。
 
 
そして、尾行してきた車を撒いた頃、
電話がかかってきた。
 
 
スカイからだった。
 
 
それを、出ないでいた。
 
 
 
その後すぐに、
アルマ、ラビ、ジョイからも電話がきたが

それも、とらないでいた。
 
 
 
 
家に着き、再び2人に挨拶をして、
帰宅をした。
 
 
 
 
 
玄関を開けるとヒナが飛び込んできた。
 
 
 
ヒナ:こんなことになって、ごめんね。。。
 
 

私をギューっと抱きしめて、言った。 
 
 
 
〇〇:ヒナが謝る事なんて何一つないよ?
 
ヒナ:ううん。。。私が韓国に誘わなかったら、
こんなことになってなかったかもしれないのに。。。

〇〇:そんな風に考えないで?
私はヒナにすっっごく感謝してるんだよ?
 
ヒナ:〇〇…
 
 

ヒナはウルウルと可愛い瞳に涙を溜めながら
私を見た。
 
 
 
 
 
ガタンッッッ

リビングから物音が聞こえた。
 

〇〇:…誰かいるの?

ヒナ:うん…

〇〇:もしかして?

ヒナ:うん…

〇〇:全員?

ヒナ:うん…
 
 
私は深いため息をつきながら、
リビングへ向かった。
 
 

 
なるべくもう、みんなとは関わらない方がいい。
 
 
 
 
そう思うのに…。。。
 
 
 
つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!