スポンサーリンク

【短編小説】アイドル彼氏との別れ1

スポンサーリンク




スポンサーリンク

【短編小説】アイドル彼氏との別れ

 

 

彼『別れよう』

私『うん』

分かっていた

ついにこの日が来てしまった

現実にすると思っていたよりも
辛い

知ってるよ

彼が有名になるほど

周りが華やかになるのを

知ってるよ

その度に私を負担に感じることを

知ってるよ

価値観が変わっていったのを

知ってるよ

綺麗なあの子といい感じなのを

目の前の彼は

辛いとか、悲しいとかじゃなく

困った顔をしていた

それが、なんだか悔しくて

すがることなく、話し合いをするでもなく

潔く、私からその場を去った

私『じゃあね、今までありがとう』

彼なんて

うまくいかなくなればいい

彼なんて

不幸になればいい

彼なんて…

……

♪〜
帰る途中にある大画面から
彼の音楽が流れる

それをみて

嬉しくなる

……こんなんじゃ、忘れられないね

大好きだよ。。。

 

つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!