スポンサーリンク

#001 つづく物語1

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク

#001 つづく物語1

 

54話から最終回に繋がらない世界線になります。

 

 

 

ヒナに会いに韓国へ来た。
 
 
まずは、ヒナと事前に
リストを作った行きたい場所巡りをした。
 
 
そして、暗くなってきたので
ヒナの家(以前住んでいたマンション)に
お邪魔することにした。
 
 
 
〜移動中〜 
 
〇〇:ヒナはさ、キラと一緒に暮らさないの?

ヒナ:う〜ん、どうだろう?
とりあえず、今のままで落ち着いてるし、
私はまだ〇〇とルームシェアまたしたいって
気持ちがあるから。。。

〇〇:ヒナ………。

ヒナ:もうさ、戻ってこれないのかな?
あの日から私達何も変わってないよ。。
それって、成長してないって意味じゃなくて、
良い関係なんじゃないかな?
こんなにお互いずっと大切に想ってる
関係って、なかなか出来ないよ?
男女関係で難しい部分もあるし、
鈴木さん事件だって、またあるかもしれない。
だけど、今度は一緒に近くで乗り越えていこう?
それじゃあ、駄目かな?

〇〇:ヒナがそこまで考えてくれて、凄く嬉しい。
しかも、私とは全然違った視点で、凄く今揺れた。
そして、刺さったわ〜。。。

ヒナ:まじ!?じゃあさ、これからの事も多めに見てくれる?

〇〇:???

 
マンション内に着き、玄関前でヒナは
おもむろに聞いてきた。
 
 
 
そして、鍵をあけ、
リビングへ向かった。
 
 
 
 
 
 

🎉🎉🎉パーーーーンッッッッ🎉🎉🎉
 
 
クラッカーが私を襲った。
 
 
 
〇〇:きゃあああああ!
 
 
 

ビックリしながら怯える格好の私を
何人かが取り囲んだ。
 
 
すぐにヒナの言っていた事を理解した。
 
 
 
 
アルマ:お〜、〇〇大丈夫?

ジョイ:ごめんね、ビックリさせちゃって

ラビ:僕だよ?大丈夫だよ。

スカイ:久しぶり。会いたかった。
 
 
 
顔をあげると、みんながいた。
 
 
 
すぐに涙が頬をつたった。
 
 
つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!