【BTS妄想】誰が運命の人? 〜韓国旅行編5〜 #31


  

みんなと約束の時間まで
ホビのマンション周辺を散策していた。

丁度良いマートや気になったカフェが何件か
あったので、楽しそうに生活が出来そうで
安心した。

 

プルルルルル

グクから電話がはいった

〇〇:もしもし?
グク:終わったよ〜。今何処にいる?
〇〇:ホビのマンション周辺
グク:分かった〜。マネージャーも来るらしいんだけど、ついでに〇〇と話ししたいって。
翻訳の仕事の件でだって。
〇〇:うん、わかった。

 

それから、しばらくして迎えに来てくれた
グク運転の車へ乗り込んだ。

話したいからと、マネージャーさんに隣に
乗るように促され乗った。
車内をみると、ジンとテテ、ジミンも
来ていた。
みんなと挨拶をして、マネージャーさんと
話をした。

〇〇:はじめまして。〇〇です。
マネージャー:はじめまして、マネージャーのキム・ナムジュンです。みんなからはナムさんと呼ばれています。今後、宜しくお願いします。
〇〇:宜しくお願いします。

ナム:ところで、メンバーとは結構仲良いんですね?

ナムマネージャーは何とも言えないような
微笑みで
質問してきた。

〇〇:はい…。
ナム:いや、怖がらなくて大丈夫ですよ。
ただ、色々気をつけて下さいとだけ言っておきます。
〇〇:はい…。
ナム:でも、〇〇さんと知り合ってからメンバーも良い方向に向っていたりするんです。遅刻がなくなったり、雰囲気が活気付きました。ありがとうございます。
〇〇:いえ。私は何も…。
ナム:翻訳の事なんですが、後で資料を渡しますので簡単に目を通して、サインしてメンバーに渡して下さい。
〇〇:わかりました。
ナム:それくらい話せれば、大丈夫そうですね(^^)
〇〇:ありがとうございます。

 

 

〜海に到着〜

 

 

テテ:〇〇!みてー!波だー!
〇〇:わー!凄いね!
グク:向こうまで競争しよう!
ジミン:ヨーイ
ジン:ドン!

全員、全力で走って波までいき、
すぐに海の水をかけあったりした。

グク:ボール持ってきたんです。
バレーやりましょう!
〇〇:私、得意だよ!
テテ:じゃあ、同じチームになろう!(笑)
ジミン:ずるいな〜(笑)
ジン:僕は審判やるね!
〇〇:え(笑)!?
ジン:連日疲れてて(笑)
〇〇:大丈夫?
ジン:大丈夫だよ(^^)ただ体力を温存しておかなきゃだから!
〇〇:じゃあ、これ被っててね(^^)

少しでも涼しくなればと思い、
日焼け対策で持ってきた
つばの広い帽子をジンに被せた。

ジン:ありがとう。

ジンは少し照れくさそうに、頬を赤くしていた。

〇〇:カワ(・∀・)イイ
ジミン:ヒョン耳まで赤い(笑)
テテ:〇〇〜!ストレッチするよ〜
グク:本気(笑)!

そして、試合を開始した。

 

接戦の末、〇〇チームが勝った。

〇〇:テテ大丈夫だった?(笑)

グクとジミンは強いスパイクは
全部テテに打っていた。

テテ:勝てたー!やったー!
全然、大丈夫だよー!

 

それから、グクとジミン、テテが
休憩している間
ジンと周辺を散歩することにした。

ジン:海久しぶりだな〜
〇〇:私も〜
ジン:前も言ったけど、今度は釣りに行こうね
〇〇:うん。
ジン:今度、船買う予定なんだ!
〇〇:え!?凄いね。
ジン:一緒に乗ろうね!
〇〇:うん!楽しみにしてるね。

 

テテ:〇〇〜!

テテが遠くからこちらへ
走って向かってきた。

手には白い花束を抱えていた。

〇〇:それ、どうしたの!?
テテ:近くの花屋さんで買ったの!
はい!どうぞ💐
〇〇:?ありがとう?
急にどうしたの??
テテ:本当はね、そばの花が良かったんだけど、無かったんだ。
だからその辺の白い花探してたんだけど、
ジミンとグクが花屋近くにあるからって
教えてくれたの。
〇〇:うん……?
ジン:その花束何処に置いておくんだ?
テテ:!?   そっか〜…。
〇〇:(笑)。でも、ありがとう(^^)
グクの部屋に飾っていいかな?
テテ:いや、僕の部屋に飾っておくよ!
〇〇:ありがとう。
〇〇:かすみ草だね。可愛い。
それにしても、なんで、そばの花…?
あ〜…!トッケビだ!
テテ:よく分かったね!!!
〇〇:うん。なるほどね〜、ありがとう(^^)
テテ:うん(^^)

 

それから暫く遊んだり、貝を拾ったりして
帰宅することにした。

 

 

帰りの車も
ナムさんの隣へ乗った。

ナム:お疲れ様でした。
〇〇:こちらこそです。
車でお仕事されていたんですか?
ナム:はい。いつもの事です。
何か今後困ったことあったら、
こちらへ連絡下さい。

名刺を差し出され、受け取った。

〇〇:わかりました。

ナム:芸能関係者と
お付き合いされたことありますね?
〇〇:!?
ナム:なんとなくですが…。
気分を害されたらすみません。
〇〇:いえ、大丈夫です。

 

〜帰宅中〜

 

ジンとナムさんは、事務所前で降りた。

ジンが降りるとすぐ女の人の声がした。

鈴木:ジンオッパ〜!待ってましたよ!
早く行きましょう♪

聞いたことのある声に、外を見ると、
以前グクの部屋の前で
見かけた、鈴木さんだった。

ジンはこちらの視線に気づき、
微笑んで手を降っていた。

それを見て、鈴木さんもこちらを向いた。

鈴木:オッパ、あの人は誰なの?
ジン:ん?秘密〜
鈴木:ひど〜い(笑)

2人がじゃれ合っているのを
見ながら車が出発した。

少し心がモヤッとした感じがした。
でも、直ぐにそんな資格ないなと思い
忘れようとした。

トントン

誰かに肩を叩かれ、後ろを向いた。

ジミン:鈴木さんは日本人練習生で、韓国に
最近来たんだよ。
〇〇:そうなんだ。
ジミン:ジンヒョンはダンスの練習を
たまたま一緒に受けてるだけだよ。
〇〇:うん。

ジミンはそれ以上は
何も言わず、頭を撫でて
席へ戻った。

次にホテルに行き荷物を乗せて、
テテの家へ寄り、2人とバイバイした。

〇〇:テテお花宜しくね。
テテ:うん!
ジミン:またね〜(^^)

 

 

グクの家へ着き、
中に入った。

グクは全部荷物を持って
部屋まで案内してくれた。

グク:どうぞ、入って!
〇〇:お邪魔します〜。

グク:荷物とりあえずここに置いておくね!
〇〇:うん!ありがとう。

グク:そこに座ってて!
〇〇:うん。

 

そして、グクはお酒とグラスを持ってきた。
どこからか、音楽も流れてきた。

乾杯をしてお酒を飲みながら、
グクおすすめのドラマを見始めた。

グクは横に座り
私に寄りかかっていた。

そして、たまに視線を感じて
グクを見ると、
チュッと唇にキスをして、
またドラマを見始めた。

それが何回か続いた後、
グクは私の頭と腰に手をまわし
長いキスをした。

キスをした後グクは絶対に
目を合わせる。

この視線に逆らえない。

そのまま、グクの腕に抱かれた。

つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク