【BTS妄想】誰が運命の人? 〜韓国旅行編4〜 #30


ホテルに着きドアを開けると

グクとテテがいた。

〇〇:テテもきたんだね!
テテ:うん!電話をたまたま聞いて一緒にきたよ!
グク:全くですよ…。それより、ジミニヒョンもきたんですね。
ジミン:うん、こっちもグク来るって聞いて一緒に来た。
〇〇:あ、ジミン荷物ありがとう!ここに置いて下さい。そして本当にありがとう✨
ジミン:そんなに、喜んでくれるならいつでも何でも言って。お姫様(^^)
〇〇:もぉ〜(笑)でも、ありがとう。
グク:それ、どうしたの?ヒョンに買ってもらったの?
〇〇:うん!
グク:それで?ヒョン大好きになっちゃった?

グクは呆れたようにこちらを
見ている。

ジミン:やめなよ。僕がやりたくてやったことなんだ。
グク:ヒョンとは付き合わない方がいいよ。女沢山いるもん。
ジミン:ちょっと!!ひどいな〜!(笑)

ジミンは場を和ますように、
笑いながら言った。

〇〇:女沢山いるんだ(笑)
ジミン:ちょっと〜(笑)!もういないよ。
テテよりは経験少ないし。
テテ:!!!

テテは急に話を振られてビックリしていた。

〇〇:そうなんだ(笑)
テテ:いやいや、ないない。

そう言い、ジミンを静かに睨んだ。

場の空気が少し重く感じたので、
話をそらすことにした。

〇〇:そうだ!さっきお酒買ってきたんだ!
今グラス準備するから飲もう?
グク:手伝うよ〜

 

そして、お酒を飲み始めた。

 

グク:そうだ!今日コレ持ってきたよ!

グクはカバンからSwitchを取り出した。

グク:みんなでマリオやろ〜!!
〇〇:わぁ!最高!楽しそう(^^)

グク:嬉しい?
グクはSwitchから顔を覗かせて
微笑んでいた。

〇〇:うん!ありがとう。

そして、ゲームで盛り上がっていた頃、

 

ピンポーン

部屋のチャイムが鳴った。

除き穴から覗くとジンが立っていた。

扉を開き招き入れる。

〇〇:どうしたの!?なんか疲れてない?
ジン:やぁ、来ちゃった。

そう言い、私の頭を撫でながら部屋に入って来た。

ジンは頭がビショビショで、全体的にダルそうな感じに見えた。

グク:ジンヒョン!?今日ダンス練習じゃなかったんですか!?
ジン:終わらせてきたよ〜。その後すぐ来た。
グク:シャワーも浴びないで来たんですか(笑)
ジン:やー!お前が勝手にホテルチェックアウトの手続きするからだろ!
グク:だって、もったいないじゃないですか!

〇〇:え?そうなの?
ジン:聞いてないの?
グク:明日から僕の家おいで。
〇〇:え?荷物も沢山ここに持ってきたのに?
ジン:勝手にそういうのやらないの〜。
せっかくホテルで明日ゆっくりしようと思ったのに。
〇〇:どうしよう。。。
ジン:〇〇は心配しないで大丈夫だよ。
僕の家においで。それにしても、荷物増えたね(笑)
〇〇:うん(笑)
ジミン:それだったら、僕の家にもう少し置いておくんだったね(笑)僕の家にくる?
〇〇:ははは(笑)本当にそうだね。
テテ:僕の家においで。

〇〇:……どうすれば?

 
グク:とりあえず、明日は僕の家ね。
荷物は全部持っていくよ。
ジン:じゃあ、次の日からおいで。
ジミン:じゃあ、次の日(笑)
テテ:じゃ、次の日から僕の家だね。

〇〇:え?荷物移動辛くない?(笑)
グク:なんでこんなに買ったの?
〇〇:だって…。
ジミン:いいんだよ。どうせこっちに住んだら必要でしょ?買ったらすぐ使いたいよね。
テテ:僕が移動手伝うよ。
〇〇:ありがとう。
グク:いいですよ。僕が勝手にしたんで、
僕がやります。

ジン:それにしても、荷物どうしてこんなに増えたんだ?
グク:ジミニヒョンが買い与えたんですよ。
ジン:お?そうなの?や〜、俺のも買ってくれよ〜
ジミン:いやですよ(笑)
ジン:おっ!マリオパーティじゃん!
〇〇:みんなでやってたんだよー✨
一緒にやろう!
ジン:いいね!

 

そして、またゲームで盛り上がった。
お酒も飲みながらだったので、
みんな程よく酔ってきた。

 

ジン:ちょっと、シャワー借りるね!
〇〇:うん!行ってらっしゃい。

グク:はぁ〜、疲れてきた。このまま寝ようかな。
〇〇:明日はお休みなの?
グク:9時から少し事務所で仕事ある〜。
午前中だけだからすぐ終わるから、
終わったら迎えに来るね。
〇〇:みんな同じ?
グク:うん。
テテ:起こしてくれる?
〇〇:分かった〜。
ジミン:僕はそろそろ帰るよ。
〇〇:うん、送るね。
ジミン:ここで、大丈夫だよ。人目もあるから。
ありがとう(^^)

部屋の玄関まで一緒に行き

〇〇:今日は本当に沢山買ってもらって、ありがとう。
ジミン:うん。また必要なものあったら言ってね。
〇〇:ありがとう。

ジミンは暫く私の目を見つめた後、

ジミン:…ポッポしてくれる?(笑)

照れ隠しなのか、笑いながら、ホッペを
差し出してきた。

〇〇:(笑)   チュッ

ジミン:ありがとう(笑)じゃあね(^^)
〇〇:うん(笑)気をつけてね!

手を振りながら扉を閉めて、ジミンは帰った。

 

部屋へ戻ると
グクとテテは細目をしてジト〜っとこちらを
見ていた。

グク:物でつられる女だったとは(ーー)

テテ:本当に(ーー)

〇〇:(ー_ー)

グク:明日何したい?
テテ:海いかない?
グク:ヒョンも来るんですか!?
ジン:それ、いいね〜!行こうよ!

ジンはお風呂上がりの髪を拭きながら
部屋に来た

グク:ジンヒョンも!?
〇〇:この前海行けなかったし、
行こうか。
グク:はぁ〜、行きますけど、帰りは僕の家にヒョン達は入れないですよ。

 

そして、またお酒をみんなで飲み始めた。

 

韓国の素敵な夜景を眺めていると
これからの事が少し不安になった。

ジン:綺麗な夜景だね。明日は夜景みながらゆっくり過ごしたかったな。

後ろから抱きしめながら、ジンは言った。

〇〇:そうだね。でも海も楽しみだよ。
ジン:そうだね。
〇〇:ジン、酔ってるの?(笑)
ジン:少しだけね。体力がないところにお酒入れたからかな。
でも、今は凄く落ち着く。

そう言って、ジンは暫く私を抱きしめたまま、
無言で夜景を眺めた。

だんだんとジンは私に体重をかけてきて、
ガクンっとなった。

〇〇:ジン!?大丈夫?

テテが急いでジンを支えてベッドへ
持っていった。

テテ:ヒョン寝てる(笑)
〇〇:倒れたんじゃなくて?大丈夫かな!?
テテ:うん、大丈夫だと思う。
ダンス練習の後、急いできて疲れたんだと思うよ。
〇〇:そっか。良かった。

ジンの頭を優しく撫でた。

隣をみるとグクも寝ていた。

〇〇:グクも寝ちゃったんだね。
テテ:うん。〇〇もそろそろ寝な?
〇〇:テテは?
テテ:僕も寝るよ。場所ないからソファー行くね。
〇〇:私がソファーで寝るからベッド使って。
明日仕事の人が優先です!
テテ:じゃあ、みんなの隣で寝かせるの嫌だから、
僕がベッドで寝るね。
〇〇:うん(^^)

テテは私の腕をひっぱり、近づいてキスをした。

テテ:おやすみ。
〇〇:おやすみ。

私は足早にソファーに行き横になった。

よく寝れなかったので、余っていたお酒を
がぶ飲みして眠りについた。

 

〜朝〜

 

グク:くくくく(笑)
テテ:ははは(笑)
ジン:静かに(笑)

くすくすと笑う声に目を覚ました。

〇〇:あ、おはよ〜。
グク:めちゃくちゃな寝顔だったよ(笑)
〇〇:え!?ほんと!?てか、1番起きるの遅かった〜。時間大丈夫!?ごめん、起こせなかった〜。
テテ:まだ大丈夫だよ。(笑)
ジン:はい、ヨダレこれで拭きな〜(笑)

タオルを差し出されてヨダレだらけな
自分に気付いた。

〇〇:はずかしい〜(笑)ありがとう。

グク:はいコレ。ルームサービスのスープ。
良く飲んで酔いを醒ましてね!
〇〇:ありがとう〜。

そして、3人は仕事へ向かった。

 

シャワーを浴び、午後からの準備をしてる
最中に、昨日ジミンに買ってもらった
お気に入りのバックを見つめながら
考えを巡らせた。

〇〇:(いつか、誰かを好きになるんだろうか。)

失恋の痛みがまだ消えていない。

まだ、元カレを思い出す。
あの幸せと今の幸せを比べられる?

ただ、みんなの好意は本気だと思ってきた。

最初はただ、寂しさが埋まればいいと思っていた。

向こうもただ、遊びたいだけで、丁度いい女がいた程度のものだと思っていた。

こうやって時間が過ぎれば分かるのかな。

お互い傷つけるだけなのかな。

やっぱり分からないから、ただ流れに任せよう。

水が流れるように。

ただ、そこに身をまかせよう。

そして、いつか答えが見つかりますように。

つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク