【BTS妄想】誰が運命の人? 〜韓国旅行編3〜 #29

ジミンから送られて来た場所に着き、
電話をかけた。

ジミン:もしもし?ついた?
〇〇:うん、着いたよ〜
ジミン:じゃあ、2005号の部屋のインターホン押してくれる?
〇〇:はーい

ピンポーン
ガチャ

インターホンの音と同時に
マンションのオートロック自動ドアの
カギが解除された

ジミン:そのまま部屋まで来れそう?
〇〇:うん、行くね〜

 

ジミンから送られてきた場所は
素敵な高層マンションで、
自動ドアを入るとそこはホテルみたいだった。

エレベーターに乗り、部屋の階を降りると、廊下の床がフワフワしたカーペットで、少し感動した。

〇〇:(ここも随分と高そうなマンションだな)

2005号室の前に付き再びインターホンを押した。

ガチャ

ジミン:〇〇〜!韓国は楽しんでる?中にどうぞ〜

そう言って、私の手を取ってリビングへ連れて行ってくれた。

リビングに着くとそこには、沢山の洋服やバッグやアクセサリーが並び、スーツ姿の男女が挨拶をしてくれた。

 

〇〇:…何?これ?
ジミン:欲しいものあったら、どうぞ!
〇〇:え!?
ジミン:何かプレゼントしたかったんだけど、欲しいものが分からなかったし、いらないって言いそうだから、呼んだんだ!
こちらの方々は商社の人だよ。商品を持ってきてくれたの。

ニコッとしながらジミンはどれがいい?と、
キラキラした目で見てきた。

〇〇:嬉しいんだけど、本当にいいの?
ジミン:うん!喜んで貰えるなら嬉しい!
僕も買い物するから、楽しもう(^^)
〇〇:うん、ありがとう!

そして、商社の人とも話しながら色々と商品を見た。

〇〇:どーしよ…ほとんど可愛い…
ジミン:好きなだけ買っていいよ。
買ったもの多かったら、こっちに引っ越ししてきた時に持っていってあげるよ。
〇〇:いやいや、そんなに買わないよ!
ジミン:いいよ(^^)遠慮しないで。
ほら、これとか可愛いじゃん。
〇〇:うん、それ可愛いと思った。

ジミンは私が可愛いと思ったバッグを選んだり、
普段着ないようなスタイルの洋服を提案してくれたり、それに合うアクセを一緒に選んだりしてくれた。

お姫様になった気分で、凄く楽しくてワクワクする時間だ。

商品を選び終え、商社の人も帰った後も、買った物で部屋はキラキラしていた。

〇〇:こんなに買ってもらっちゃって…。本当にありがとう!ございます!
ジミン:(笑)。楽しんでくれて嬉しいよ。
〇〇:お姫様になったみたい
ジミン:〇〇はお姫様でしょ。僕やメンバーから愛されてるもんね(笑)
〇〇:(笑)
ジミン:さぁ、ご飯食べに行こう〜!

 

マンションを後にすると、タクシーに乗って、
高級感の溢れるレストランに着いた。

〇〇:ねぇ、ここも凄く高そうだけど、ジミンどうしちゃったの?なんか、悪くなってきたよ。
ジミン:気にしないで。どうもしないよ(笑)
ただ、韓国に住みたいな〜っ!て
気持ちにさせたいだけだから。
〇〇:私、チョロいからこんな事されたら住みたくなっちゃうよ(笑)って言っても、ほぼ住むつもりで、旅行に来てるけどね。
ジミン:(笑)。それなら良かったよ(^^)

そして、コース料理を堪能しながら
楽しい時間を過ごした。

〇〇:そういえば、仕事なんだけど、日本語翻訳と日本語の先生?やってみたいなって思ってるんだけど大丈夫かな?
ジミン:うん!じゃあ、伝えておくね(^^)
〇〇:ありがとう!
ジミン:2つも出来そうかな?先生の方は僕の知り合いだから、そんなにかしこまらなくていいからね(^^)
〇〇:うん。ありがとう。やってみたいと思ったから頑張るよ!
ジミン:凄いね!もし辛かったりしたら教えてね。
〇〇:うん!

 

ブーブー(着信)

 

ジミン:でなよ?
〇〇:ごめんね!じゃあ、ちょっと外にいってくるね!
ジミン:はーい。

着信画面を見ると
グクからの電話だった。

〇〇:もしもし?
グク:今どこにいるの?
〇〇:ジミンにご飯連れてきてもらってるよ。
グク:ふ〜ん、そうなんだ。
泊まってるホテル向かっていい?
〇〇:うん、大丈夫だけど、何時に行けるか分からないよ?
グク:なんで?まだ食べてないの?
〇〇:食べてる途中だよ?
グク:じゃあ、そんなに待たないでしょ
〇〇:…
グク:……いつでもいいからとりあえず、待ってるよ
〇〇:わかった〜。部屋〇〇〇号室だからフロントに言って先に入ってていいよ?私もホテルに連絡しておくね。
グク:うん、わかった〜。早く来てね〜。
〇〇:は〜い。またね。
グク:ばいばい〜

電話を切り
ホテルへ連絡して、
ジミンの元へ戻った。

ジミン:電話大丈夫だった?
デザート持ってきてもらうね!
〇〇:グクからだったよ。
ありがとう!
ジミン:お?そうだったんだ。
なんだって?
〇〇:今から泊まってるホテルに来るって
ジミン:そうなんだ!(笑)
じゃあ、僕も一緒に行こうかな。
〇〇:え!?
ジミン:駄目かな?
〇〇:ううん、全然いいんだけど、珍しいなって思って。
ジミン:そうかな?
〇〇:うん。
ジミン:グク怒るかな。
〇〇:大丈夫じゃないかな!

そして、私達はデザートを堪能して
タクシーでホテルへ向かった。

つづく

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク