【BTS妄想】誰が運命の人?〜韓国旅行編1〜 #27

スポンサーリンク

【BTS妄想】誰が運命の人?〜韓国旅行編1〜 #27

ピンポーン

ピンポン
ピンポン
ピンポン
ピンポン

〇〇:ちょっと!ジンでてよ!
ジン:今無理だよ!あ゛ー!ヤバい!

ピンポン
ピンポン
ピンポン
ピンポン

ジン:…あ゛ー…だめだわ…これ…
ドア開けてくるね
〇〇:うん!ありがとう!あ゛ー!私も駄目そう😭

GAME OVERの画面に白目を向いてのけ反ると、
テテが座っている私の後ろにいて、
見下ろしていた。

テテ:…
〇〇:お〜、テテ早かったね
テテ:ヒョンとゲームまたやってたの?
〇〇:うん!
テテ:いつ終わるの?
〇〇:今ゲームオーバーになっちゃった〜
テテ:じゃあ、終わりにして出かけるよ
ジン:何処か行くの?
テテ:漢江のラーメンに行きたいんですって。
ヒョンは夜ダンス練習ですよね?
ジン:そうなんだよ。でもまだ時間あるから、〇〇と住む予定のマンション周辺行こうかなって思ってたんだけど。
テテ:じゃあ、そこ寄ってから行こうか
〇〇:うん!

それから、テテの運転する車の後ろに
ジンと乗って、
ホビのマンションの周辺を周った。

〇〇:個性的でオシャレな街だね!
ジン:そうだね!この辺に僕もゆっくり来たことなかったから、楽しいな〜
テテ:これが、ホビヒョンのマンションね
〇〇:え!?す、すごいね!ちょっと想像してたよりも高級だったわ…。
テテ:そうなの?じゃあ、家に住む?
ジン:こっちの家でもいいよ?
〇〇:心細いから、ヒナと住みたいな。
多分だけど、ホビのマンションと変わらないでしょ?(笑)
テテ:想像してごらん?
〇〇:投資用だもんね。投資用じゃなくても、
芸能人だしね。セキュリティそれなりに気を使うもんね。
ジン:そうだね。どうしてもね。
でも、住みやすいよ、きっと。
〇〇:うん!そうだよね。
テテ:ここのマンションはマートも中にあるのかな?
ジン:あ〜、分からないな〜。〇〇、マートに行きたいって言ってたよね?
〇〇:うん。日本の食材がどのくらい置いてあるのとか把握したいな〜って。
ジン:コンシェルジュに頼んでも大丈夫かもよ?
〇〇:そっか〜。でもマートとか見るの好きだし、自分で行きたいな〜
テテ:ん〜、今行かせてあげたいけど、一緒には行けない気がするから、今度で大丈夫?
〇〇:うん!大丈夫だよ!雰囲気見れただけでも助かるよ!
テテ:じゃあ、そろそろ漢江向かうね。
途中でヒョン降ろしても?
ジン:うん、事務所の近くで降ろして。
〇〇、街中散歩できなくてゴメンね。
今度行こうね!
〇〇:うん!ありがとう。
練習だよね?頑張ってね!
ジン:ありがとう〜。ホビにも会うからマンションの設備詳しく聞いておくね!
〇〇:ありがとう。

暫く車内から街中を見て、
住みやすそうな所で安心した。

テテ:ここで大丈夫ですか?
ジン:うん、ありがとう。

そして、ジンとお別れして
漢江へ向かった。

辺りはすっかり暗くなっていた。
テテは車を止め、後ろの席の扉を開けた。

テテ:ここから歩こう。

そう言い、手を差し伸べられた。
嬉しそうにニヤけるテテを見ると、
自然に手が伸び、繋いだ。

テテ:寒くない?
〇〇:うん、大丈夫だよ。

暫く歩くとコンビニがあり、入った。

憧れのラーメンが売っている光景を見て
テンションが上がった。

そして、ラーメンを買い、外に出て
人気のない場所で食べた。

〇〇:これが、漢江ラーメンか!
美味しい!
テテ:美味しいね!そして、美味しそうに食べるね!
〇〇:あんまり、見ないで(笑)
テテ:可愛い(^^)
でも、〇〇少し太ったでしょ?
〇〇:…やっぱり、分かる?
テテ:俺は分かったよ!
〇〇:実家帰ったら、食べ物美味しくてさ😭
テテ:いいんじゃない?美味しく食べるのが1番だよ!
〇〇:いや、ダイエットするわ🙄
テテ:しなくていいよ!
〇〇:じゃあ、太ったとか言うな!
そう言い、テテの肩を軽く叩いた。

テテは嬉しそうに笑っていた笑顔を、
もっと笑顔にして笑った。

じゃれてくるテテをみると、
日本に来たときに見せた、消えそうな感じがしなくて安心した。

テテ:海いかない?
〇〇:え?今から?
テテ:うん
〇〇:どのくらいかかるの?
テテ:2時間くらい?
〇〇:戻るの深夜じゃん。明日の仕事は?
テテ:9時くらいに事務所だよ
〇〇:じゃあ、今度にしよう?
目の前に川あるよ!
テテ:海がいいな〜。
〇〇:少し休まなきゃ。最近忙しかったんでしょ?
テテ:行きたいな〜。
〇〇:次ね
テテ:今の気分
〇〇:じゃあ、もうテテとは、海行ったら遊ばないことにする。
テテ:なんで?
〇〇:なんでも。
テテ:…分かったよ。今度にするよ。
その変わり、ギューしよう?

そう言い、片眉を上げ、勝ち誇った顔で
両手を広げてきた。

〇〇:意味がわかりません。

と、言い返し、食べた物を片付け始めた。

すると、後ろから抱きしめられた。

〇〇:…おーい…
テテ:今日泊まっていい?
〇〇:だめー
テテ:ジンヒョンならいいの?
〇〇:なんで?そんなことないよ?
テテ:ヒョンのところに行かないで

テテの腕が次第に強くなった

〇〇:ちょっと、それ以上すると苦しくなる!

テテは何も言わず、強く抱きしめたままでいた。

〇〇:…わかったから!泊まってもいいから、離して?

抱きしめられていた腕の力が少し緩まり、
戻しかけたラーメンが下がっていくのを
感じた。

安堵していると、

耳元で

テテ:帰ったら、お風呂すぐ入らなきゃね。
ヒョンの匂いがする

〇〇:…
テテ:ヒョンとは付き合ってないんでしょ?
〇〇:うん…

テテ:前の事があるから言いにくいんだけど、
〇〇はもっと自分を大切にして?
〇〇:…え?

テテらしくない言葉に戸惑った。

テテ:この前は本当に衝動的でごめんなさい。
だけど、隙がありすぎるよ?
〇〇:そうだね…
テテ:寂しいの?俺は寂しくさせないよ。
ずっと一緒にいるよ?
〇〇:うん。ありがとう。
テテ:だから、俺だけでいいね?

〇〇:ごめんね…。ジンの匂いも…。
私、ハッキリしなきゃね?
テテには私じゃ、辛すぎるよ。
きっと。

テテ:辛くない…
〇〇:よく考えてみ?テテに辛いことしかしてないよ?
テテ:辛くないよ?だから、そんな事言わないで。。。

そして、気まずい雰囲気のまま、
ホテルへ戻った

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク