【BTS妄想】誰が運命の人?〜グクと電話〜ジンのお迎え〜 #26

スポンサーリンク

【BTS妄想】誰が運命の人?〜グクと電話〜ジンのお迎え〜 #26

朝起きて、空港に行く為に
準備をした。

ジンからは夜中に飛行機と、ホテルの場所
の情報が送られてきていた。

空港に早めに着き、出国の手続きをした。

それから、グクを空港まで送った日を思い出していた。

そしたら、グクから電話がきた。

〇〇:もしもし?
グク:もう空港いるの?
〇〇:なんで分かったの?
グク:後ろの音が空港っぽかったから。
〇〇:凄いね(笑)
グク:まぁね(笑)てか、今日会いに行けそうにないんだけど(泣)
〇〇:お〜、そっかそっか。仕事かな?頑張ってね!
グク:寂しくないの?
〇〇:ん?寂しい?今から韓国行くんだよ?
グク:もう、いいよ。。。今日ジンヒョンが迎えに行くんでしょ?
〇〇:うん。来てくれるって。
グク:次からは自分が行くね
〇〇:ありがとう。でも、たまたまジンが日程空いてたからお願いしただけで、無理はしないでよ。
グク:しないよ。今日だって、仕事ちゃんと行くじゃん。
〇〇:そうだね。
グク:泊まる場所、みんな知ってるの?
〇〇:うん。
グク:はぁ〜(ため息)
〇〇:どうしたの?
グク:なんでもないよ〜。
滞在はいつまでの予定なの?
〇〇:まだ、決めてないんだよね〜。
グク:そうなの?じゃあ、ホテル泊まるのもったいないじゃん。家来なよ?
〇〇:大丈夫だよ。ジンがやってくれるみたいだから。
グク:ヒョンに頼りすぎ〜
〇〇:迷惑かな?(汗)
グク:違うよ。自分に言ってよ。そうゆうの。
〇〇:分かった〜。タイミングがね、あったらね。
グク:まぁ、気をつけて来なね
〇〇:うん、ありがとう。
グク:楽しみにしてるね
〇〇:うん!またね!
グク:は〜い。またね〜。

電話を切ってから、少しお店を周り、
それからはカフェでゆっくりと時間を過ごした。

そして、時間になり飛行機に乗り込むと、
何となく予想はついたが、とても良い席だった。

韓国の空港に着くと、事前にジンから案内されていた道を辿った。

ジン:〇〇!ここだよ〜!
ジンはニコニコと手を振りこっちへ
向かって来た。

〇〇:…は?
ジン:…え?

ジンは普段と違う雰囲気の格好で、黒いアイマスクを目だけ見えるようにした変な姿をしていた。
かと言う私は、ビシッとした新卒みたいなスーツを着ていた。

〇〇:…あ、今日はありがとう!飛行機も大分居心地よかった。
ジン:それは、良かった!じゃあ、中へどうぞ!

そう言いながら、助手席を空け、
私の荷物を預かった。

ジン:てかさ、その服どうしたの!?(笑)
〇〇:何かあった時にスタッフって言えるかなと思って(笑)

ジン:流石だな〜!そんなセンスあるとは!
でも、気にしなくて大丈夫だよ。ありがとう。
着たい服きなね。スーツも綺麗だけどね!
〇〇:うん。ありがとう!
…てか、ジンもそれは…変装なんだよね…?
ジン:当たり前だよ!これが変装じゃなかったら、
どうだっていうんだ!でもイケメンが隠しきれなくて悩んだんだ。
〇〇:…そうなんだ。。。…爆笑!😂
ジン:だから、あんまり見ないでよ(笑)
〇〇:はーい(笑)
ジン:まずは、ホテルで大丈夫かな?
〇〇:うん、宜しくお願いします。
ジン:分かった!

車を運転するジンは、いつもより凄く大人びて見えて、かっこよかった。

ジン:そんなに見ないでよ(笑)
〇〇:あ、ごめん。
ジン:しょうがないよね。わかるよ。イケメンだもんね。
〇〇:(笑)
ジン:ホテルの次に行きたい場所ある?
〇〇:特にないよ。
ジン:そうなの?
〇〇:うん。何処に行きたいかな?って色々考えたんだけど、住むってなったら、今回行かなくてもいいかな〜って。それより、マーケットとかコンビニとか普通の街をぶらぶら歩きしようかなって。
ジン:そうなんだ。じゃあ、ホビのマンションの周辺を周ったりしようよ。
〇〇:うん。ありがとう。

それから、ホテルにつき
部屋に入った。
ジンはすぐアイマスクを外していた。
その姿をみて、爆笑したが、
部屋を見てビックリした。

〇〇:うわ〜!凄く良い部屋!いいの?
ジン:気に入ってくれて良かった!
〇〇:こんなに良い部屋あんまり長居できないな(汗)
ジン:そんなの、気にしないで!
〇〇:今日グクに家に泊まる?って提案あったんだけど、何日かしたらそうしようかな。
ジン:え!?じゃあ、僕の家に来なよ!
家じゃ嫌かなって思って遠慮してたんだけど?
〇〇:全然、むしろ迷惑じゃなかったら家でいいよ。
ジン:そっか!でもこの部屋も満喫してね!
〇〇:もちろんだよ!こんなに素敵な部屋ありがとう!
ジン:〇〇、会いたかったよ。凄く。

そう言って、抱きしめられた。

〇〇:…うん。
ジン:キスしていい?
〇〇:それは…。
ジン:駄目は言わないで。

そう言い、キスをしてきた。

次第に激しくなってきた。

〇〇:…ん…ふぅ、、ジン?
ジン:ごめん、止まらなくて。
本当に、好きだよ。

そして、優しく持ち上げられた。

〇〇:え!?重いよ、降ろして?
ジン:重くないよ?

それからベッドにキスをしながら
寝かせられた。

ジン:ごめん、本当に止まらない。
〇〇:…

それから、こちらを伺うように
優しいキスをして、そのまま…。

ジンはずっと優しい。

雲にいるみたいな感じだった。

ジンは私に腕枕をしながら
片方の手を、恋人繋ぎをしたり遊びながら、
ジン:ごめんね。。〇〇が色々悩んでるのに、止められなくて。
〇〇:ううん。私もごめんね。
ジン:謝らないで。それよりさ、少しこうしたら、ゲーム久しぶりにしようよ!!
〇〇:うん!私もそう思って、ゲーム機材はきちんと持ってきたよ!!

そして、ゲームをし始めた。

ジン:〇〇!今イケる!
〇〇:分かった!

白熱するゲームの最中、

ピンポーン
ピンポン
ピンポン
ピンポン
ピンポーン

部屋のチャイムが鳴った。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク