#9.5 アルマとの夜❤の物語

#9.5 アルマとの夜❤の物語

〇〇:…出会ってから思っていたけど、
アルマはさ、周りに凄く気を使えるよね。尊敬するよ。
きっと汚くないよ。
だから素直になれる場所を作って?
あるならいいんだけど。何となく

アルマ:今、それを言うのは反則だよ。
 
 

そう言い、アルマは優しくベッドへ押し倒してきた。
 
 

逃げられない雰囲気にのまれて、
そのままアルマとキスをする。
 

優しキスに戸惑いがこみ上げる。
 
 
 
 

アルマは私の頭を撫で、
ゆっくりと私の服に手をかけた。
 
 

アルマ:ここからは自分の心に従うよ
 
 

ジョイにつけられたキスマークに
キスをし胸を揉みしだかれる
 
 

〇〇:ぁっ…///

アルマ:可愛い…
 
 
 
キスをされながら
服を脱がされ、
胸の突起を吸われた。
 

〇〇:ぁっ…んっっ
 
 

そのまま、舐められながら下へいき
固く閉ざしていた私の足を
少し強引に開き
下の部分を舐める。
 

〇〇:ぁっ…いやっ…シャワー浴びてない

アルマ:いいんだよ。何も気にしないで。
全部可愛いよ
 
 

舐めながら、指を優しく入れてきた
 
 

〇〇:あぁっ…
 

激しく指が動き、身悶える
 
 

〇〇:あっ…だめ…イクッッ 
んぁっ…ハァ〜…
 

アルマが自分のものを押しあて
入れてきた

ぁっ…んふっ…はぁ…はぁ…
 

ベッドが揺れる
時々キスをされながら
突かれる
 

アルマ:イくっっ
  
 

激しく動かれ、アルマは私に覆いかぶさり
2人でイッた…
 
 

そのままアルマは優しく頭を撫でてくれて、
暫く無言で抱きしめあった。
 
 

そして、そのまま朝になった。
 

本編へ🖤

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする